はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

四十九日法要について

四十九日(しじゅうくにち)法要とは、人が亡くなってから49日目に行う法要です。
仏教では、人が亡くなってから49日までの間は、死者の魂は成仏せずにさまよっていると考えられています。遺族は故人が極楽浄土へ行けるよう読経をし、また日常生活での飲食や行動を慎んで追善供養をして過ごします。

四十九日とは、故人が亡くなってから49日までの間のことです。
死後の世界では亡くなってから7日ごとに7回、あの世で生前の罪状などを裁く審判が行われると考えられており、それがすべて終わるのが49日目とされています。この間を中有(ちゅうう)または、中陰(ちゅういん)ともいいます。

49日目は中陰が満ちる日、すなわち満中陰といい、すべての審判を終えた魂は家を離れて極楽へと旅立つと考えられています。
遺族にとっても49日は、この日を境に日常生活に戻る「忌明け(きあけ)」の日です。親せきや生前故人が親しかった友人や知人を招いて法要を営みます。これが四十九日法要です。

四十九日法要以外にも、初七日(しょなのか)の法要や三十五日法要など法要を営む機会はありますが、近年では葬儀当日後に初七日の法要まで済ませることも増えている中、四十九日法要が、葬儀の後に行う最初の大きな法要という場合も多くなっています。
なお、法要に対する考え方は宗派によってもその解釈は異なります。
例えば浄土真宗では、臨終と同時に仏になると考えているため、追善供養ではなく、阿弥陀如来のお心に触れ、仏恩報謝の懇念を深めるために行います。

>>葬儀日程について。お通夜・お葬式・法事法要のスケジュールはどうやって決めるの?

四十九日法要の準備

四十九日に行うことは大きく分けると「法要」「納骨」「香典返し」の3つです。
地域によって違いもありますが、四十九日の法要に合わせてお墓への納骨を行うことも多いようです。また、お香典をいただいた場合、香典返しの品を贈るのは忌明けのタイミングが一般的です。

案内の出し方

四十九日法要を行う際、親しい家族・親せきだけで行う場合は電話連絡でも大丈夫ですが、案内状を出すのが丁寧で間違いがありません。

案内状の送付は1ヵ月前までに

四十九日法要に故人の親せきや友人を招く場合、先方の都合も考えて1ヵ月前までには到着するように案内状を送ります。

返信用ハガキを同封するか往復ハガキで送る

法要を行う際、施主は引き出物や会食の準備が必要です。出欠を確認するために、案内状に切手を貼った返信用ハガキを添えるか往復ハガキを利用する場合があります。

返信の締め切りは法要の2週間前頃にすれば準備の上で安心です。

案内状には句読点を使わない

結婚式など慶事の案内同様、四十九日の案内状にも「。」「、」などの句読点を使わないのが一般的です。句読点の代わりに一文字あけ、行頭を揃えた縦書きで書きます。

案内状の内容

時候の挨拶の後、故人の氏名を明記し、誰の四十九日法要なのかを最初に書きます。
法要出席のお願いを添え、日時と場所、連絡先の電話番号を記載しましょう。
法要後に会食の席を設ける場合は、その旨を記載し、出欠の連絡をいつまでに欲しいかも明記します。
最後に施主の氏名・住所・電話番号を記載します。

宗教者の手配

日時の調整と会場の手配と同時に、僧侶にお勤めのお願いをします。
僧侶の予定によっては、法要自体を別の日に調整しなければいけない場合もあるので、できるだけ早く依頼しましょう。
お墓や納骨堂の準備ができている場合は、四十九日法要と同時に納骨法要も併せて相談します。
いつもお世話になっている菩提寺がない場合でも、希望の日時と場所に僧侶を手配してもらえるサービスもあります。

会場の選び方

会場を選ぶ際も住職や僧侶に相談します。
自宅か、菩提寺や霊園などの施設で行うのが一般的です。

四十九日法要当日の流れ

四十九日法要の当日は、喪服を着用します。
四十九日法要を行った後、納骨を行う場合は、墓地や納骨堂に移動します。
墓前でお経をあげてもらい、お参りをすれば法要は終了です。
会食場所に移動したら、まずは施主が挨拶をし、親せきの中で一番目上に当たる方に「献杯(けんぱい)」をお願いします。
会食が終わったら、施主が閉式の挨拶をして、お返しをお渡しして解散です。

四十九日法要の挨拶の仕方・文例

挨拶は長くなりすぎないように、簡潔に済ませるように心がけます。
大切なのは、参列者への感謝の気持ちを伝え、故人について触れることです。

はじめの挨拶(会場が自宅の場合)

本日は、お忙しい中お集まりいただきまして誠にありがとうございます。
これより「亡き夫・〇〇」の四十九日の法要を執り行いたいと存じます。
ご住職、お願いします。

法要後の挨拶(会食がある時)

心ばかりではございますが、別室(または別の場所)で、ささやかな席を設けております。お時間が許す限り、ごゆっくりとおくつろぎください。
本日はまことにありがとうございました。

法要後の挨拶(会食がない時)

本来なら皆様と一緒に亡き夫を偲びたいところではございますが、遠方よりお越しの方も
いらっしゃいますので、本日はこれにてお開きとさせていただきます。
お荷物になるとは存じますが、心ばかりの品を用意させていただきました。
本日はまことにありがとうございました。

四十九日法要のお礼・返礼品

法要後に準備する会食の費用にもよりますが、親族の場合、お供えの3分の1から半額程度、それ以外の場合は半額程度の品を準備することが多いようです。
地域によって異なる場合があるので、あらかじめ親族や詳しい方に引き出物の定番や、お返しについて相談できると安心です。

仏壇、墓石について

仏壇や暮石を四十九日法要までに準備しなければいけないのでは、とお悩みの方も多いかもしれませんが、必ずしもこの日までにすべてを用意しなければならないわけではありません。
ただし、位牌や仏壇選び、魂入れなどの法要を考えると時期を同じに行うことで遺族の負担が多少なりとも軽減できるといったメリットはあります。

四十九日法要と仏壇について

仏壇については、四十九日までに準備をするのが一般的です。
特にこの日までに仏壇を用意しなければならないという決まりがあるわけではありませんが、今日までに準備する方が、何度も仏壇仏具店に足を運んだりといった負担が少ないという点があります。

通常、葬儀の際に使用した白木の位牌(仮位牌)は、四十九日法要とあわせて、塗位牌(本位牌)にします。仏壇がない家庭では、この本位牌を購入する際に、位牌に合わせて仏壇も決めるケースが多い様です。最近では、小型の仏壇や、ミニ仏壇、モダンなインテリアにも合う仏壇などもありますので、住宅環境や好みにあわせて選びましょう。
仏壇が間に合わない場合は、故人の写真を飾りお供えをしてお参りをすることでも供養になります。

四十九日法要とお墓について

すでに墓地がある場合は四十九日法要に合わせて納骨も行いますが、新たにお墓を建立する場合には四十九日法要に間に合わない場合もあります。
この場合は、四十九日法要は四十九日法要で、納骨法要はまた改めて、お墓を建立した後に行います。
近年では、納骨堂や樹木葬など墓石を建立しないお墓もあります。このようなお墓の場合は四十九日法要に合わせて納骨を行うことも可能です。

終わりに

ただし、仏壇もお墓も何度も買い替えができるようなものではありません。末永く手を合わせることができるようなものを選ぶ必要があります。また、菩提寺との関係などもありますので、親せきと相談して供養の方法や方針を決めることをおすすめします。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.9/5 (29)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す