香典返しはいつ渡す?お返しするタイミングや品物・料金相場を解説

香典返しに送る品物・金額相場

香典返しとは、通夜や葬儀・告別式に参列した人からいただいた香典に対してお礼の品物をお返しすることや、その品物自体を意味します。

では、その香典返しをいつお返しすれば良いのでしょうか。そのタイミングや、品物を選ぶ際の金額の相場・目安についてご説明します。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

香典返しを渡す・送るタイミング

香典返しを渡す・送るタイミングを示した図。香典返しは四十九日法要から1ヵ月後に渡すのが一般的

香典返しは、四十九日の忌明け法要終了後の翌日から遅くとも1ヵ月以内にお返しをするのが一般的とされています。

というのも、そもそも香典というものが「大切な家族を失った遺族の悲しみを慰め、励ます」という意味が込められたものであり、それに対し「無事に四十九日の法要が済みました」という報告の意味でお返しするのが香典返し、だから。

香典返しは本来、喪主が相手方を訪問して持参するのが通例でしたが、核家族化が進み、訪問先が遠方になるケースが増えるにつれて形骸化してきた、というのが現状。昨今では挨拶状やお礼状を添えて郵送するのが一般的で、さらには通夜や葬儀の時など香典をいただいたその日に香典返しを渡すケースも多いようです。

香典返しの金額の相場

香典返しの金額・料金相場

香典返しの相場は、いただいた香典の額によって異なります。一般的には半額、または3分の1などの目安があります。

半返し(半分返し)

香典返しの金額の相場は、受け取った香典の半分程度を返す「半返し(半分返し)」が一般的です。例えば、受け取った香典が1万円だった場合は5,000円相当の商品を、香典返しとしてお返しすれば良いということになります。

半返しの由来については諸説あります。

葬儀は、葬儀を終えた後にその費用を支払います。昔は、参列者から受け取った香典の半分程度の金額が、手元に残ったそうです。その残った分を、お世話になった人にお返ししたり、菩提寺に寄進したりする人が増えたため、半返しが定着したという説もあります。

3分の1返し

地域によっては3分の1返しが一般的なところもあります。

故人がその一家の働き手だった場合や、故人の家族に未成年の子どもがいる場合など、家族を失うことで喪家の生活が経済的に困窮する場合もあります。こうした遺族への配慮から「香典を今後の生活に役立ててください」ということもあったようです。

葬儀にはそれぞれの地域に特有の慣習やしきたりが今なお大切にされていることも多々あります。迷ったときは菩提寺や葬儀社、また地域の高齢者に相談してみましょう。

香典が高額な場合

一方、親族や故人と近しい人から高額の香典をいただくことがあります。この場合は、必ずしも「半返し(半分返し)」にこだわる必要はありません。

特に、親族からの香典には、葬儀費用の一部に充ててほしいという意味が込められている場合もあります。故人との関係や日ごろの付き合いなども考えたうえで、お返しをしましょう。

香典はもともと、「大切な家族が亡くなって、急な葬儀で大変でしょうから、少しでもお力になれれば」という相互扶助の考え方によって生まれた慣習です。

香典返しで重要なのは、香典をいただいた相手に、無事葬儀を終えられた報告や、参列してくれたことへの感謝の気持ちを伝えることです。

そのため、親族や故人と近しい人から高額の香典をいただいた場合は、無理をせず、3分の1~4分の1程度のお返しでも、失礼には当たらないとされています。

当日返しの場合の、香典返しの相場

香典返しは本来、四十九日法要を終えてから行うものでしたが、近年では、通夜や葬儀・告別式当日、また初七日法要の際に「当日返し」する場合も増えています。

ただし、当日返しを行う場合は、いただく香典の金額がわからないので、香典の金額に関わらず、一律の品物をお返しすることになります。

当日返しの金額は、2,000円~3,000円程度の品物を用意しておけば、5,000円の香典をいただいた場合、半返しをしたことになります。

しかし、1万円以上の香典をいただいた場合などは、四十九日法要後に改めて香典返しの品を送り、半返し程度の金額に調整するのが一般的です。

香典返しでよく贈られる品物

香典返しでよく贈られる品物には、どのようなものがあるでしょうか。

お葬式はおめでたいものではないので、相手に不幸が及ぶことがないように後に残らない「消え物」や、白装束で仏の世界に旅立つということから「白い物」が好ましいとされてきました。

そのため、香典返しの定番の品物には、お茶やコーヒー、紅茶などの飲み物、菓子や砂糖、乾物などの食べ物、タオルやシーツ、毛布などの衣類が選ばれます。そのほかにも石鹸や洗剤、陶器なども贈られることがあります。

これらの香典返しの品にはそれぞれ意味があり、例えばお茶を贈るのは故人を偲びながら飲むことからきています。石鹸は不幸を洗い流すという意味がありますし、白いタオルやシーツなどは現世から白装束で旅立つためにさらしが使われた名残とされています。砂糖も白装束での旅立ちと相手への不幸を消滅させるという意味があります。

同じ香典返しでも、より高級感があるものや有名ブランド品であれば、相手からもより喜ばれます。しかし、このような定番の品物が現在も人気があるかと言うと、必ずしもそうとは言えないようです。

カタログギフトが葬儀で活用されるわけは?

葬儀の香典返しにカタログギフトを利用するのもおすすめ

一昔前までは、お葬式の返礼品と言えば、食べ物ではお茶や海苔などが、またモノでいえばタオルなどが一般的でした。

もちろん、こうした返礼品は今も根強い人気がありますが、その一方で、お香典を出した参列者が、自分の好きなモノを選べるカタログギフトの返礼品も登場。利用数も年々増加傾向にあるそうです。

「その人らしさ」は故人だけではない

カタログギフトでは遺族が好きなものを選べるため、より遺族に喜んでもらうことができます。

もう一つの理由が、お葬式に対する意識も少し前までのそれとは変化して、「参列者へのおもてなしが重視されるようになった」という点です。

従来のしきたりに則ったお葬式というよりは、その人らしさを大切にしたお葬式をしたいという人もいます。例えば「人を喜ばせるのが好きだった」「人への気遣いを忘れなかった」といった故人らしさが、好きなモノを選べるという、カタログギフトに表れるのかもしれません。

もちろん参列者にも「その人らしさ」はありますので、喪主が一方的に選ぶより、自分で選んでもらった方が、より満足してもらえるというわけです。

香典返し・返礼品の購入先

香典返しをどこに依頼するかということは重要なポイントです。まず思い浮かぶのが葬儀社、デパートではないでしょうか。

葬儀社

葬儀の準備で忙しい方でも葬儀社であれば準備の合間に相談もできます。品数に限りがあることや、香典返しを専門としていない場合は割高になることがあります。

後日、自宅への弔問客のために余裕を持って返礼品を預かり、使用した分だけ清算できるといった対応をしてくれる葬儀社もあります。葬儀後のことも併せて相談する場合、葬儀社に依頼する方が間違いはないかもしれません。

デパート

デパートの場合は、一般的に品質がよい、高級感がある、ブランド力があるなどの点で喜ばれます。包装紙だけでも安心感がありますし、品数が豊富なので有名店の品物や珍しい品物を選ぶことも可能です。

最近は、ほとんどのデパートもネットサービスを充実させていて、パソコンでも香典返しの依頼ができます。

ギフト専門店

また、ネット上のギフト専門店、仏事専門店、カタログギフト専門店などに依頼することもできます。パソコン上で好きな値段、好きな分野の品物などを見て選べる上に、のしやお礼状などのサービスが無料で受けられる場所もあります。

送付先が複数になるのであれば、メールで送れば済むというところが多いようです。決済もクレジットカード払いなどで簡単に処理できます。自宅にパソコンがあれば、すべてネットで処理でき、品物を見に出かける必要もありません。

香典返しをしないケース

香典の辞退

遺族から香典を辞退される場合があります。その場合香典返しもしません。

近年、葬儀にかける金銭的な負担や心理的な負担を減らすために、家族やごく限られた親族、近しい関係者だけで葬儀を行う人が増えています。そういった流れから、葬儀形式に関わらず、香典返しを手配する負担や、会葬者の負担を減らすため、香典の受け取りを辞退する人が増えています。

ただ、香典を辞退することはまだまだ一般的ではないので、当日受付で香典を断られると、戸惑う人もいるかもしれません。

スムーズな受付のためにも、香典辞退をする場合は、その旨を通夜、葬儀・告別式の連絡をする際に伝えておきましょう。また、当日の受付に「香典辞退」と掲示しておくのもひとつの方法です。

香典返しの辞退

反対に近年では、香典返しを辞退する人もいます。「大切な家族を亡くして大変なときに余計な気遣いをさせたくない」「葬儀費用や今後の生活に役立ててほしい」という理由から辞退されるようです。

また、故人や喪主の勤務先や友人たちが連名で香典を渡した場合、「1人が支払ったのは少額なので」という理由で、香典返しを辞退されることもあります。また企業や組織などによっては、香典返しの受け取りを禁止しているところもあります。

香典返しの辞退の仕方

近年では、当日返しをすることが増えているため、当日受付で香典返しを渡される場合も少なくありません。その場合は、口頭で辞退する旨を伝えましょう。

ただし、当日口頭で伝えるだけでは、喪主や遺族に伝わらず、後日香典返しが送られて来ることもあります。喪主や遺族の手間を省くためにも、不祝儀袋の裏面や中の住所氏名欄の横に、辞退する旨を書き記しておくと良いでしょう。

また、特別な理由もなくかたくなに香典返しを辞退すると、かえって失礼に感じられる可能性もあります。「少しでもご遺族のお役に立ててください」と書き添えるなど、辞退する理由や気持ちが伝わると、喪主や遺族も安心されるでしょう。

なお、会葬御礼品は、葬儀に参列していただいたことへのお礼の品です。香典返しとは別のものなので、いただいても問題ありません。

香典返しのよくある質問

香典返しはいつ渡せば良いものですか?

一般的には、四十九日法要の翌日から1ヵ月以内をメドに渡したり郵送したりすると良いとされています。ただし昨今では、香典をいただいたその場でお返しする「当日返し」も一般的です。

香典返しの相場を教えてください。

いただいた香典の額によって異なりますが、一般的には半額、または3分の1などの目安があります。

香典返しにはどんな品物を用意すれば良いですか?

香典返しの定番の品物には、お茶やコーヒー、紅茶などの飲み物、菓子や砂糖、乾物などの食べ物、タオルやシーツ、毛布などの衣類が選ばれます。そのほかにも石鹸や洗剤、陶器などが贈られることもあります。

香典返しはどこで購入すれば良いですか?

葬儀社が用意してくれることもありますし、ご自身で購入先を選ぶ場合には、デパートやギフト専門店で購入することができます。

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す