はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

満中陰志の時期や挨拶状、のしの書き方について

満中陰志(まんちゅういんし)とは、四十九日法要を済ませた後、通夜や葬儀などに際してご弔慰をいただいた方への香典返しのことです。基本的な部分は香典返しと同じですが、「満中陰志」という言葉を使うことができる時期やのし(熨斗)の水引のように、ところどころに違いが見られます。これらの違いについてきちんと理解し、滞りなく満中陰志をお送りできるようにしましょう。

満中陰志の意味

満中陰志の「中陰」とは、仏教用語で「人が亡くなった後の49日間」を意味します。

中陰の間、亡くなった方の魂は7日ごとに十王の審査を受け、49日目に次に生まれ変わる世界が決められるとされています。そして「満中陰志」という言葉は、その中陰が無事に過ぎたことに対する感謝を表す品という意味です。四十九日法要を済ませた後にお贈りする香典返しの表書きとして、主に西日本の一部で使用されています。本来は、直接ご挨拶しお渡しますが、近年では、お礼状を添えて郵送などでお送りすることが一般的です。

また、中陰は仏教用語であるため、神道やキリスト教などの他の宗教で、「満中陰志」という言葉を使用しません
それでは、満中陰志の時期やその金額と品物はどのようにして決めるのか、また添える挨拶状やのし(熨斗)はどのように書いたらいいのか、順番にご紹介しましょう。

満中陰志の時期

前述したとおり満中陰志は香典返しと同じですので、四十九日法要が終わった後にお返しするものです。満中陰とは四十九日を表す言葉ですので、四十九日が明ける前に満中陰志としてお返しを送ることはできません。また、一周忌や三周忌など、四十九日法要以外の法事についての香典返しを「満中陰志」と呼ぶこともできませんのでお気をつけください。

近年は葬儀当日に香典返しを直接お渡しする「即日返し(即返し、当日返し)」を行う地域が増えていますが、高額な香典をいただいた方には、即日返しに加えて後日満中陰志もお送りします。2万円以上の香典をいただいた方には満中陰志も必要と考えておきましょう。

満中陰志の金額の相場と選ぶべき品物

満中陰志にお返しする金額の相場も香典返しと同じで、半返しから3分の1が基本となります。例えば、20,000円の香典をいただいた場合は約10,000円の品物をお送りしますが、もし即日返しとして2,000円の品物をお渡ししている場合は、10,000円から2,000円を差し引いた8,000円の品物をお送りしましょう。
品物の選び方についても、香典返しと同じように使用すると形が残らない「消え物」を選択します。具体的にはお茶や海苔、調味料、石鹸、洗剤などがよく選ばれています。

それに加えて、消え物ではありませんがタオルやシーツのような日用品も好まれているようです。また近年では、受け取った側が品物を選ぶことができるカタログギフトをお送りする方が増えています。香典返しではタブーとされる肉やお酒もカタログギフトで選ばれたのなら問題ないと考えられており、都合に合わせて好きなものを選んでもらえると人気です。

満中陰志に添える挨拶状の書き方

満中陰志は香典や弔電、供花などなんらかの形でご弔慰をいただいた方にお送りするものですので、満中陰志に添える挨拶状では、まずそのご弔慰に対するお礼を述べます。続いて満中陰の法要を滞りなく終えたことを報告し、戒名がある場合は戒名もお伝えします。
そして、直接喪主がご挨拶に伺うべきところを書面で済ませる非礼を詫びて一度文章を締めた後、「この品物は満中陰志であるので受け取ってほしい」という趣旨の文面を追伸で記載します。
基本はこの形ですが、満中陰の挨拶状には句読点を使用しない」「季節の挨拶を入れない」「頭語と結語を入れる」といったマナーがありますので、こちらを遵守した文章を作成するようにしましょう。ただ、満中陰志を取り扱う業者に依頼すれば、マナーを考慮し挨拶状を作成してくれます。その後、品物に添えて発送までしてもらえますので、そちらのサービスを利用すると便利です。

満中陰志ののし

満中陰志につける掛け紙(のし紙)には、表書きとして「満中陰志」と記載します。水引は黄色と白の結び切りを使用することが多いのですが、地域によっては黒と白の結び切りを使用することもあるようですので、不明な場合は葬儀社に相談しましょう。
のしを付ける際は、「内のし」か「外のし」かで、悩むことがありますが、満中陰志を表書きにする地域が多い関西地方では、掛け紙を巻いてから包装紙で包む「内のし」が一般的です。こちらも業者がサービスで作成していることが多いので、依頼する際に相談するとよいでしょう。

まとめ

満中陰志は基本的には香典返しと同じですので、それほど難しく考えることはありません。大きな違いは、四十九日法要が終わった際の香典返しにのみ使用できる言葉だということと水引の色が異なる場合があるということです。選ぶべき品物や、挨拶状をつけてお送りするということは香典返しと同様です。満中陰志について詳しいことを知りたいという方はもちろん、葬儀などについて相談したいことがある方は、ぜひお気軽にお問合せください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す