四十九日のお供え物のマナー〜選び方や金額の相場、のしの書き方まで徹底解説〜

四十九日のお供え物のマナー、選び方のポイント、のし書き等

法要に参列する際、お香典とは別にお供え物を持参する場合があります。特に四十九日法要は、故人や遺族にとって大切な節目の行事になります。そのため、お供え物を持参する場合はきちんと準備したいもの。

お供え物にはどんな品物を渡せば良いのか、どのくらいの金額がふさわしいか迷う人もいるでしょう。ここではお菓子、果物などのお供え物の選び方や、渡し方のマナーなどについてご紹介します。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

四十九日のお供え物の定番は?

お供え物はあとに残らない、消えてなくなるもの(消えもの)が良いとされています。

定番は、花であれば菊や胡蝶蘭、ゆりなど白を基調としたもの、食べ物であれば、果物、焼き菓子、煎餅、ゼリー、まんじゅう、羊羹、蒲鉾、佃煮など。飲み物であれば、酒、お茶など、その他消耗品であれば、線香、ろうそく、といったものです。

一般的な四十九日のお供え物は、後に残らない消えてなくなるもの(消えもの)が良いとされています。定番としては花であれば菊や胡蝶蘭、ゆりなど白を基調としたもの、食べ物であれば、果物、焼き菓子、煎餅、ゼリー、まんじゅう、羊羹、蒲鉾、佃煮などで、飲み物であれば、酒、お茶など、その他消耗品であれば、線香、ろうそくなどです。

なお、四十九日のお供えとして、アレンジメントされた花を贈ることもあります。きれいなだけでなく、花瓶を用意する必要がなく、そのまま飾れるという点でも選ばれるようです。また、手入れが不要で長持ちするプリザーブドフラワーを使ったお供え用のアレンジメントもあります。

お供え物を選ぶポイント

お供え物はかさばらず、分けやすいものが適しています。これは、地域によっては供養の一つとして、持ち寄られたお供え物を最後に出席者全員で分け合う場合があるためです。

初から小分け包装されていないものや、重たいものは避けたほうが無難でしょう。

お供え物に食べ物を選んだ場合は日持ちを重視します。特に夏場は劣化も早いです。果物であればバナナや桃よりも実の堅いもの、お菓子であれば賞味期限が最低でも1、2週間はあるものが良いでしょう。

お菓子

お供え物としてよく選ばれるのがお菓子です。洋菓子でも和菓子でもどちらでも構いません。故人が好きだったお菓子を用意する方が多いようです。

また、個包装になっているものが喜ばれます。これは、法要後に「御下がり」としてお供えされているものを参列者に配るケースがあるためです。

分配のしやすさを考慮すると、多種類のお菓子の詰め合わせよりも1種類が多数入っているものの方が良いかもしれません。

果物

果物をお供え物として持参する人も多くいます。果物はバラで用意するのではなく、カゴに盛られているものを選択するようにしましょう。

果物の中でも、特にリンゴや梨、グレープフルーツ、メロンなどの丸い形状のものが好まれます。これは、魂の形が丸いといわれていることに起因しているためです。

なお、果物の個数については、偶数は割り切れることから、「故人との縁が切れる」とされることもあります。そのためて、奇数にすることがほとんどです。

死や苦を連想させ、不吉な数字といわれる4、9を除いた5、7、11個程度が目安です。

線香やろうそく

線香やろうそくもお供えの定番です。その煙は極楽浄土への道しるべともいわれ、仏事にも使用できるので遺族からありがたがられます。

線香には香料が入っているものや煙の少ないものなどさまざまなタイプが売られています。購入する前に遺族の好みをリサーチしておくと良いでしょう。香りの強いものはNGです。

花は、祭壇を飾るという大切な役割を担うため、お供えに相応しいもののひとつです。四十九日が過ぎるまでは、白を基調とした淡い色合いのものがよく選ばれます。

種類としては白菊が最も無難ですが、最近ではユリなど洋花を贈ることも増えてきている他、故人の好きだった花を用意しても問題ありません。

お酒

故人が生前お酒を好きだった場合、ビールや日本酒などをお供えすることがあります。ただし、宗派や慣習によっては好ましくないとされるケースがあるので、事前に施主などに確認しておくのが安心でしょう。

お供え物の金額の相場

四十九日のお供え物の相場としては、故人と親しい関係だった場合は5,000円~10,000円程度、一般的な関係だった場合は3,000円~5,000円程度が目安です。

お供え物の金額は、高すぎると遺族に気を遣わせてしまいますし、低すぎても失礼にあたります。

お供え物の金額は、故人と親しかった場合は、5,000円~1万円ほど、それ以外であれば3,000円~5,000円ほどが相場だといわれています。

親族間で既に金額を決めていたり、地域によって違いがあったりするので、周囲と相談しながら包む額を決定するのが良さそうです。

お供え物にNGな品物

四十九日のお供え物を選ぶときの注意として、お花の場合バラ、香りの強いものは避けたほうが良いでしょう。同じ理由で、果物も香りの強いものや傷みやすいものはお供え物に向いていません。

まず、香りの強すぎる花は避けましょう。バラなど棘のある花は手入れがしにくいですし、場合によって香りの強い花を好まない方もいらっしゃるため避けたほうが良いでしょう。定番のゆりも香りが強いですが、花屋さんに言えば香りの元であるおしべの処理をしてくれます。

同じ理由で、果物も香りの強いものは避けましょう。旬のものが喜ばれますが、傷みやすいものや果汁が出やすいものはお供え物には向きません。

故人がお酒を好んだ場合、故人の好きだった銘柄のアルコール類をお供え物とするのも良いですが、宗派や地域の風習によっては注意が必要です。また、遺族がお酒を飲まない場合、処分にも困るため避けることをおすすめします。

また、仏教では基本的に殺生を禁じているため、肉や魚などの殺生を連想させるものも避けたほうが無難です。

ただし、どこまで厳格にするかは遺族やお寺によるため、故人の好みも考え、どうしてもという場合は相談してから用意すると良いでしょう。

お供え物の包み方のマナー

お供え物を包む包装紙は派手でないものを選び、弔事用の「熨斗(のし)」を付けます。四十九日までは白黒、四十九日以降は双銀の「結びきり」の水引のものを使用します。

お供え物を包む包装紙は地味なものを選び、弔事用の「熨斗(のし)」を付けます。熨斗とは白地に水引が印刷された掛紙のことで、四十九日までは白黒、四十九日以降は双銀の「結びきり」の水引のものを使用します。

ただし関西など一部の地域では一周忌からは黄白の水引を使う場合もあるため、常に白黒ではないことを念頭に、地域の慣習に注意しましょう。

熨斗の表書きは、四十九日であれば上段に「御霊前」と書くのが正式ですが、死後すぐ仏になると考えられている浄土真宗では「御仏前」と書きます。よくわからない場合は、「御供」「御供物」どちらかであればどの宗派でも対応可能です。

そして、下段に参列者の代表者名を名字もしくはフルネームで記入しましょう。 夫婦で参列する場合、基本的には夫の氏名のみを載せますが、妻側の法要であれば妻の名前も併せて記入しておくのが親切でしょう。

この時、通夜や葬儀のときとは異なり、四十九日用は薄墨ではなく黒墨を使用して書くものとされています。薄墨には、急な訃報に涙してしまい墨が薄くなったという意味があるので、あらかじめ決まっている法要である四十九日法要において、薄墨は適さないのです。

注意としては、熨斗は包装紙の上にかける「外のし」にすることです。包装紙の下にかけてしまうと誰からのお供え物かわからなくなってしまいます。

もう一つ、必ず「結びきり」を選ぶことも重要です。「結びきり」には不幸が続かないよう断ち切るという意味があります。デパートで購入する場合は「四十九日のお供え物にします」と一言添えて包んでもらえば適した包装紙に熨斗がけをしてくれるでしょう。

お供え物の渡し方のマナー

お供え物は、自分で直接仏壇に置いてはいけません。施主にお出迎えいただいたときに「本日はお招きいただきありがとうございます」と挨拶すると同時に、「御仏前にお供えしてください」などの言葉を添えてお渡しします。

紙袋に入れて持参した場合は、紙袋ごと渡すのではなく、中身だけをお渡ししましょう。風呂敷に包んで持参するとより丁寧です。その場合も風呂敷から取り出して中身だけお渡しするようにします。

お供え物を郵送する場合

四十九日法要に参列できない場合、郵送でお供え物を渡しましょう。デパートやインターネットでお供え物を購入すると、無料で仏事用の包装をしてくれます。水引は黒白結びきりで印刷されており、水引の下に名前も書いてもらえます。

また、郵送の場合、郵送中の破れや汚れを防ぐため、掛け紙の上にもう一枚郵送用の包装用紙を使用することがほとんど。お店によっては包装紙やビニール袋など選べる場合もあるので、相談してみるのをおすすめします。

四十九日のお供え物を送るタイミング

四十九日のお供え物はどのタイミングで送るのが正解でしょうか。法要当日は遺族が忙しいこともあり、荷物が当日に受け取れないこともあります。まず、遺族にいつ、どこ宛に郵送するのが好ましいか聞くと良いでしょう。一般的に法要の当日に自宅宛に郵送することが多いようです。

また、お花をお供え物として送る場合は、法要当日に斎場やお寺に送る場合もあります。

お供え物に添える手紙の書き方

お供えを郵送する差異は、一緒に手紙を添えましょう。デパートやインターネットで購入する場合でも追加でメッセージカードを付けられる場合が多いようです。

お手紙には故人とその家族を思いやる文章。また、「重ね重ね」「ますます」などの言葉を重ねるのは不幸が重なるイメージとなるためNG。同様の意味で、封筒に手紙を入れる場合には二重封筒は使いません。

また、文面に季節の挨拶は入れません。

お供え物に添える手紙の文例

  • 謹んでお悔やみを申し上げますとともに 心からご冥福をお祈りいたします。
  • 心ばかりの花を贈らせて頂きました。謹んでお悔やみ申し上げますとともに、ご遺族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。

四十九日法要に呼ばれていない時のお供え物は?

四十九日法要に呼ばれていない場合、お供え物を送るべきか迷いますよね。実際には、呼ばれていなければお供え物は不要です。

参列する親族や友人の負担を考えて、四十九日法要を少人数で行うこともあります。お供え物は必須ではないものの、故人と深い関係だった場合送っても良いでしょう。

四十九日のお供えに関するよくある質問

四十九日のお供え物の相場はどのくらいですか?

お供え物の金額は、故人と親しかった場合は5,000円~1万円ほど、それ以外であれば3,000円~5,000円ほどが相場だといわれています。

お供え物に定番の品はありますか?

食べ物であれば、果物、焼き菓子、煎餅、ゼリー、まんじゅう、羊羹、蒲鉾、佃煮など、飲み物であれば、酒、お茶などが選ばれることが多いようです。

お供え物を選ぶポイントはありますか?

お供え物はかさばらず、分けやすいものが適しています。また、お供え物に食べ物を選んだ場合は日持ちを重視します。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す