はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

納骨式の流れや費用とは?

納骨式とは、火葬後の遺骨をお墓や納骨堂に納める儀式のことを指します。一般的に日本では、火葬後に遺骨を骨壺に納め、一定期間は仏壇や祭壇に置いて供養をします。お墓に納骨する場合は、用意したお墓に遺骨を納め、納骨堂に納骨する場合は、納骨堂の区画を契約してそこに遺骨を納めます。
納骨堂への納骨は「一時納骨」と「永代納骨」の2つのパターンがあり、最近ではお墓が用意できるまでの間だけ「一時納骨」だけでなく、終の棲家として納骨堂を利用する方も増えています。

納骨式を執り行う時期に決まりはありません。お墓や納骨堂などがすでにある場合と、新たに探す場合でも異なります。それぞれの喪家の事情によってさまざまです。葬儀後の忙しい時期が収まり、気持ちが落ち着いた時点で行う方が多いようです。

納骨式は遺骨を納める大切な儀式なので、親族や知人とスケジュールを合わせる必要もあります。そのため、焦らずに周りと予定を調整しながら時期を決めるとよいでしょう。

一般的な時期としては、四十九日や一周忌法要のときに併せて、一緒に行うことが多いです。反対に葬儀後すぐや、火葬当日に済ませてしまうこともあります。

納骨式までの流れ

納骨式の日時を決めたら、準備をはじめていきましょう。
納骨式までにはどのようなことを準備していけばよいのでしょうか?当日までの流れを紹介していきます。

①納骨する場所の選定

日本ではお墓もしくは納骨堂などに納骨するのが一般的です。既にお墓の用意がされている場合はお墓に、お墓の用意が間に合わない場合は一時的に納骨堂へ納め、用意ができ次第お墓に移すことも可能です。

②埋葬許可書の用意

納骨に必要になるのが「埋葬許可証」です。この許可証は、死亡届と交換にお住まいの市町村で受け取ることができます。家族が亡くなった場合は忘れずに死亡届を提出しましょう。

③納骨式を行う場所への連絡

納骨式を行うときは、お墓に納骨する場合も、納骨堂を利用する場合も、納骨式の時期を事前に伝えて予約をする必要があります。僧侶に読経してもらう納骨法要の場合には、僧侶の予定を確認しておくことも必要なので忘れずに行いましょう。
土日やお盆・お彼岸に重なる場合は混み合うことも多いので、早めに連絡することをおすすめします。

④(必要な場合は)料理やお茶などおもてなしの準備

四十九日や一周忌法要と同時に納骨式を行う場合には、会食の手配が必要になります。また、納骨式だけを行う場合にも、参列者へのお茶やお菓子などを用意しておくとよいでしょう。

⑤お供え物など小物の用意

仏教の場合には、菓子や果物・お酒などのお供え物を用意します。そのほかにも、数珠、お花、線香、お布施など必要なものを併せて用意しておきましょう。用意すべきものが分からない場合には、寺院などに確認すると教えてくれます。

⑥参列者への連絡

身内のみで行うことが多い納骨式ですが、参列者には納骨式の日時と場所を伝えましょう。身内以外の参列者が多い場合には、招待状を出すと親切です。

当日の手順

納骨式当日はどのような手順で儀式が進むのか見ていきましょう。一般的な流れを紹介しますが、宗教や宗派・地域によって多少の違いがある場合もあります。

①お礼の挨拶

遺族の代表または施主が参列者へお礼の挨拶を述べます。

②僧侶による読経

納骨の前に、僧侶が読経をします。

③納骨

お墓や納骨室を開けて遺骨を納めます。

④2度目の読経

納骨後、再度僧侶が読経をします。

⑤焼香

遺族、近親者、知人の順番で参列者が焼香をします。

⑥会食

四十九日や一周忌法要と同時に納骨式をする場合は、儀式後に会食をします。

納骨式でかかる費用

納骨式にかかる費用は、納骨の作業費用のみではありません。かかる費用の相場を紹介していきます。

納骨作業費用

納骨にかかる作業費用です。これは納骨では必ずかかる費用で、1万~3万円が相場です。

彫刻代

墓石に追加で没年・戒名を彫る場合にかかる費用です。相場は3万~5万円程度です。

塔婆

塔婆を建てる場合に発生する費用で、1本あたり2,000~5,000円ほどかかる場合が多いです。

お供え物・お供え花

故人が生前好きだったものを用意しましょう。

お布施

読経への謝礼として用意する費用です。3万~5万円程度が相場とされています。ほかに、墓地への車代は5,000円~1万円の用意が一般的です。

法要部屋の使用料

自宅以外で行う場合に発生する可能性のある費用です。霊園などの法要部屋を使用する場合には、1万~3万円かかるのが一般的です。寺院を使用する場合は、寺院に費用を確認しておきましょう。

まとめ

ここまで納骨式について解説をしてきました。大切なご家族を失ってとてもつらい時期にはなりますが、しっかりと納骨を行って大切なご家族を見送りましょう。
地域や宗教によって異なる部分もありますので、調べてみてもよく分からないことも多いと思います。まずは相談したい場合や、費用を見積もってほしいなどという場合は、お気軽にお問い合わせください。

葬式から法事・法要まで僧侶(お坊さん)手配は「いい葬儀」

  • 僧侶・葬式の手配 60,000円から(戒名込み)
  • 法事・法要の手配 45,000円から
僧侶手配はこちら

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.8/5 (5)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す