はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

迎え盆と送り盆。ご先祖様のお迎えの仕方とその準備

お盆とは、正式には「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。仏教の「盂蘭盆会」と、ご先祖様の霊があの世から戻ってくる先祖供養の風習が融合したものと言われています。
お盆の大きな行事として、入りの日にご先祖様をお迎えするための「迎え盆」、明けの日にお見送りするための「送り盆」があります。事前に準備すべきことや当日の流れなどを、詳しくご紹介します。

迎え盆と送り盆を行う意味とは

お盆には、ご先祖様の霊があの世から戻って来られます。

この時、ご先祖様が道に迷うことなく家に到着できるように、さまざまな準備を行うのが迎え盆です。また、お盆が終わり、ご先祖様があの世へ帰られる時に、送り火を焚いてお見送りします。これが送り盆です。
大半の仏教では、お盆はご先祖様の霊を供養する儀式とされています。しかし浄土真宗の場合、お盆はご先祖様に感謝するための行事という意味合いを持っています。浄土真宗の教えでは、故人は没後すぐに仏となり、極楽浄土へ往生していると考えられています。霊魂が存在しないため、霊をお迎えする習慣がないのです。このため浄土真宗では、お盆期間に提灯を飾ったり、お供え物が通常と異なることもありますが、送り盆や迎え盆は行いません。

 

迎え盆と送り盆は、それぞれいつ行う?

お盆はいつ?お盆の時期は、地域によって異なりますが、現在の暦の7月15日を中心にするものと、ひと月遅れて8月15日を中心に行う月遅れ盆、そして旧暦の7月15日を中心に行うものがあります。このほか、それぞれの地域の主な産業に合わせて、ちょうど手の空いた時期にお盆を行うということもあります。現在では、関東を中心とする都市部地域では7月13日から16日に、また8月13日から16日のお盆休みの時期に行われるケースが多いようです。
迎え盆はお盆初日の13日、送り盆は最終日の16日に行いますが、各家庭の事情で多少前後することもあるでしょう。この場合は、お盆の法要を始める前の日に迎え盆、法要を終えた日または翌日に送り盆を行うとよいでしょう。

 

迎え盆の作法と準備方法

迎え盆を行う準備は、多岐にわたりますので、お盆月に入ってからすぐ始めるところもあります。順番にご紹介します。
まず、寺院へ連絡し、お盆のお参りについて確認しましょう。合同で供養を行うことが主流ですが、故人が亡くなられ、四十九日を過ぎてから初めて迎える初盆(新盆)の場合は、自宅や墓前で個別にお経をあげてもらうことも多いので、早めに打ち合わせしておくと安心です。
寺院との打ち合わせが済んだら、墓や仏壇を掃除します。そして、お盆用品の準備をはじめましょう。
用品の準備としては、盆棚(精霊棚)を作ることと、その上に乗せる用品の支度があります。
盆棚(精霊棚)とは、お盆にお供え物を置くための棚です。地域や家庭によって置き場所はさまざまで、仏壇の前、玄関、墓前などに置きます。置くスペースや家庭事情などにより、段々になった棚や一段の棚などが作られます。

 

盆棚(精霊棚)の準備

盆棚を作るために用意するものは、主に次の通りです。

・経机や小机
・真菰(植物)で作った敷物
・お供え物
・精霊馬(茄子で作った牛・胡瓜で作った馬)

お盆のお供え経机や小机の上に、真菰で作った敷物を敷きます。お供え物は、故人が好きだった食べ物でもよいですし、または水、季節の野菜、果物、砂糖菓子、そうめん、迎え団子などでもよいでしょう。
精霊馬を作る時は、割り箸や爪楊枝などを足に見立てて、野菜に刺すと完成です。ご先祖様は、胡瓜で作った馬に乗り、茄子で作った牛に荷物を載せ、あの世と現世を行き来されると言われています。また、現世に来る時は馬のように早く、あの世に戻る時は牛のようにゆっくりと移動する意味も込められています。地域によっては、この反対の意味とされているところもあります。

用意するものが揃ったら、御位牌を盆棚の中央に安置し、周囲にお供え物や精霊馬を供えます。盆棚の両脇には、盆提灯に灯りをともして設置します。

 

迎え火の焚き方

迎え盆当日は、まず家族で墓参りをします。墓掃除も念入りに行いましょう。地域によっては迎え盆の前に、お墓参りに行く場合もあります。

この時、ご先祖様の道しるべとなる迎え火を墓前で焚く場合は、寺院で迎え火の火種をいただきます。焙烙と呼ばれる器の上に、オガラ(麻の皮をはがした後の、芯の部分)を折って積み重ね、火種の火をつけます。オガラを燃やす時に出る煙に乗って、ご先祖様の霊が戻ってくるといわれています。
墓前で迎え火を行わない場合は、自宅前で迎え火を焚きますが、難しい場合は自宅の盆提灯が迎え火の役割を果たします。また、玄関先で焚いた迎え火をまたぐ習慣がある地域もあります。外から内に入るように火をまたぐと、霊を出迎えたことになります。

お盆の期間中は、灯明を絶やさないように注意しましょう。夜間は基本的に消しますが、夜通しつける習慣の家庭もあります。また、最近は、電球式の提灯も多く販売されています。無理せず、安全に気をつけて火の管理をしましょう。

 

送り盆のやり方と準備方法

送り盆は、迎え火を焚いたのと同じ場所・同じ方法で送り火を焚き、ご先祖様の霊をお見送りします。ゆっくりお帰りいただくため、夕方に行うことが多いですが、これも地域によって異なる場合があります。

新盆の場合は、送り火を焚く際一緒に白提灯を焚くか、または菩提寺に納めます。精霊馬も同様に送り火と一緒に焚くか、または菩提寺に納めましょう。
送り火を焚いた後に、盆棚やお供え物を片付けるようにするとよいでしょう。片付けが終わると、迎え盆と送り盆の一連の儀式が終了します。

まとめ

迎え盆と送り盆は、地域や家庭によって、方法はさまざまです。ここでご紹介したのは一例ですが、何より大切なことは、ご先祖様へ感謝の気持ちを忘れずにお参りすることなのではないでしょうか。ご自身ができる範囲で、無理なく行ってください。

また、菩提寺がなく、お盆法要を執り行ってくれるお坊さんをお探しの方がいらしたら、いつでもお気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す