いくらが妥当?法事・法要のお香典、金額相場とマナー

2018年8月23日

法事・法要とは、故人の冥福や成仏を願って供養する儀式のひとつです。

一周忌、三回忌と回を経るごとに故人と深い関係にあった人や親族のみで営まれることが多いようです。

大切な方を亡くされ、心にポッカリ大きな穴を抱えたままの方も少なくないでしょう。何も手につかず、頭が働かないという方もいるかもしれません。

しかし、法事というのは故人にとっても遺族にとっても大切な儀式です。

いざというときに慌てないよう、法事・法要のお香典のマナーや金額相場について学んでおきましょう。

 

そもそも香典とはどんな意味があるの?

香典とは、故人を偲び、供養の気持ちを形にしたものです。

古い時代には線香や花を持参して霊前に供え、故人の冥福を祈っていました。そして近代では、時代や慣習の変化に伴い、線香や供花の代わりとして金銭が霊前に供えられるようになってきました。

その由来から、香典の「香」は線香のことを指しています。

つまり「このお香典の中から故人へ線香をお供えしてください」「故人にお花をお供えしてください」との思いが込められています。

法要や法事は仏事(仏教の行事)の中でも大きなセレモニーのため、遺族は多額な費用を負担することになります。

この費用を参列者全員で負担しあうというのも香典の役割のひとつだと言えるでしょう。

 

香典の相場とマナー。金額にルールはあるの?

法事への参列はそう頻繁にあるものでもないので、香典の金額について頭を抱えている方は多いのではないでしょうか。

地域によって金額の目安が違っていて困ってしまった、という経験がある方もいるかもしれません。

香典の額を決める目安としては「参列者の年齢」と「故人と参列者の関係の深さ」がポイントとなります。

基本的には、年齢が高くなるほど香典も多額になり、血縁者や親しい友人など、故人との親交が厚かった方ほど多めの金額を包む傾向にあります。

また、法要のみに参列する場合と、法要の後に会食が用意されている場合があり、それによっても金額は異なります。

会食込みの法事なら、食事代として2万円ほど多く包むのが無難でしょう。

なお、死や苦しみを連想させる「4」や「9」という数字を避け、キリの良い金額を包むようにするのがマナーです。

いい葬儀マガジンを運営する株式会社鎌倉新書が行った「第2回お葬式に関する全国調査」では、「お香典ってどのくらい集まるの?」「お香典はいくら包んだ?」など香典に関する調査を見ることができますので、こちらも参考にしてみてください。

 

教会

 

宗教による違いも!お香典にまつわるマナー

お香典のマナーは金額だけではありません。

宗教によって、表書きも違えば、香典袋も違いますので、注意が必要です。

故人や喪家の宗教に適した形で香典を用意するようにします。不明な場合は、事前に確認しておくといいでしょう。

仏式に用いられる表書きは「御香典」ですが、神式では「御玉串料」と書かれます。また、キリスト教の場合はプロテスタントなら「御花料」と書きます。

香典袋も宗教ごとに異なり、仏式用には蓮の花が描かれているもの、キリスト教用の香典袋には十字架やユリの花が印刷されたものもあります。

一般的に販売されている蓮の花などが描かれた香典袋は、神式では香典袋として相応しくないとされるため、間違わないようにしましょう。
「いい葬儀」では香典の出し方や、香典の書き方なども詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

また、お葬式について皆さんからお寄せいただいたさまざまなご質問に、葬儀相談員・市川愛事務所リリーフ代表、市川愛さんが動画で説明してくれるコーナーもご用意しています。

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう

5/5 (1)