はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

法事のお供え・手土産を持参する場合に最適な品物とマナーを解説

法事とは、故人の冥福を祈り、そのご家族を労るための儀式です。そして、その大切な場面で必要となるのが、お香典と手土産です。お香典に包む金額は、故人との関係や年齢などを考慮して、相場に合わせれば問題ありません。一方手土産は、何を選んだら良いか悩んでしまうこともあるでしょう。
この記事では、手土産にふさわしい品物と、押さえておきたいマナーをご紹介します。そもそも手土産は必要か否かについてもご説明しますので、ぜひ参考になさってください。

法事にふさわしい手土産やお供え

まずは、法事の手土産におすすめの品物を、理由と共にご紹介します。

お菓子

定番中の定番として認識されているお菓子は、法事へ持参するのにも適した品物です。特に和菓子は、日持ちがするのでおすすめです。羊羹は密閉容器に入っていますし、お煎餅は個包装ひとつひとつに乾燥剤が入っているものがほとんどです。
洋菓子を選ぶ場合は、クッキーやマドレーヌ、ミニケーキなどの焼き菓子を選ぶのが良いでしょう。こちらも、日持ちがするという利点があります。さらに、個包装のお菓子は持ち帰る際に分けやすく、かさばりにくい点もおすすめできるポイントです。同じ洋菓子であっても、クリームや果物がたくさん使われたケーキなどは、見た目は魅力的ですが、法事に向きません。

果物

果物は、季節感を演出できる優秀な手土産です。形が丸いものは縁起が良いとされているため、りんご、梨、メロン、スイカ、ぶどうなどが特におすすめです。果物もお供え物の定番ですので、買い求める際は、お店に「法事用の盛り合わせ」として見繕ってもらうと、最適なものを用意できるでしょう。
ただ、果物は生ものですので、傷みやすい点に注意が必要です。特に夏など気温の高い季節や、法事が遠方で行われる場合は、お店から宅配便で送るなどの配慮をすると良いでしょう。

線香・ろうそく

お供え物には「使用したり食べたりすることでなくなるもの」が良いとされていますので、こちらも手土産としておすすめです。線香には「香りが心身を浄化する」ろうそくには「ご先祖様のいる所を明るく照らす」という意味が込められています。

その他

品物についてあまり堅苦しく考えず、「故人が好きだったもの」を持参するという考え方もあります。飲み物や花などもおすすめです。
飲み物を選ぶ場合、故人が好きだった銘柄の日本酒はいかがでしょうか。また、夏はビールなども涼しげです。ただ、宗派や地域の風習によっては、ふさわしくないとされるおそれもありますので、これらを持参しようと考える場合は、あらかじめ確認しておきましょう。
花を選ぶ場合、四十九日法要までは色のない花を選びましょう。やはり菊やゆりが無難です。それ以降の法事では、色のある花も選べます。故人が好きでよく飾っていた花であれば、遺族の方にも喜んでいただけるのではないでしょうか。

法事における手土産やお供えのマナー

次に、手土産やお供えに関して、ぜひ押さえておきたいマナーをご紹介します。

品物の包装

品物には、必ず「のし」を掛けましょう。のし紙は「弔事用」を使い、「外のし」にします。弔事用のし紙には、のしマークがなく、弔事用の水引と「御供」といった表書きだけが印刷されています。外のしとは、包装紙の上からのし紙を貼る方法で、誰からいただいたお供えか簡単に判別できるようになっています。
水引の色は、一般的とされている黒と白を選んでください。四十九日以降は双銀のものを使い、三回忌以降は黄と白のものを使います。けれども、地域によっては黄と白を使うタイミングが異なる場合もありますので、確認が必要です。
水引の下には名前を記します。なお、名前は必ずしも1名分だけである必要はありません。夫婦の場合は連名に、5名以上の場合は「~一同」と記します。

お渡しする方法

入り口や玄関などで迎えられたタイミングでお渡しすれば良いでしょう。「ご仏前にお供えください」などのご挨拶をして、袋や風呂敷包から取り出し、品物のみをお渡しします。
ご家族の許可なく、自分で故人のご仏前に供えることは、失礼にあたります。ただし「仏壇に自分たちでお供えする」という風習のある地域もあります。

そもそも法事に手土産は必要か

法事に呼ばれた際、「お香典をお包みするのだから、手土産やお供えはなくても良いのではないだろうか」と迷われたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。手土産やお供え物を持参しないことが、必ずしも非常識であるとは限りません。
最近では、品物ではなく「御供物料」を用意する方も増えてきています。御供物料とは、手土産やお供えの代わりとしてお渡しする弔慰金のことです。金額は、五千円~二万円程度を目安としてください。
法事の最後にお供えを皆で分け合う風習のある地域もありますので、いずれの場合も、事前に確認しておくと安心でしょう。

まとめ

法事があるたびに、少し迷ってしまう手土産やお供え。ですが、今回ご説明したいくつかのルールやマナーを押さえておけば、後は故人を供養する気持ちを持って品物を選ぶだけです。
いい葬儀では、心あたたまる素敵な法事を執り行うためのご相談をお受けしております。お見積もりを希望される方や葬儀社をどこにするかで迷われている方も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す