静岡県の葬儀・葬式

静岡県では火葬後すぐに墓地へ向かって納骨するのがきまりですが、墓地へ向かう途中に行われるのが小銭やお米を花籠に入れて道中でまくという習慣です。これは小銭をまいて数多くの人々に施しを与えることで、故人が徳を積んであの世へ行けるように、という目的の下で行われている……[続きを見る]

静岡県

静岡県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

静岡県の葬儀事情

墓地へ向かう途中お米をまく?静岡県の葬儀の風習

静岡県では火葬後すぐに墓地へ向かって納骨するのがきまりですが、墓地へ向かう途中に行われるのが小銭やお米を花籠に入れて道中でまくという習慣です。これは小銭をまいて数多くの人々に施しを与えることで、故人が徳を積んであの世へ行けるように、という目的の下で行われている行為です。

その他、一部地域には墓地へ向かう際、遺族や近親者が三角の髪を額に付ける風習があります。これは一般的に思い描かれる幽霊によく付けられる三角の紙の元になった紙ですが、これは死装束の一つで、静岡では遺族がこの紙を身につけることであの世へ向かう故人を見送ることになるとされています。

地域によってまちまちな静岡県の葬儀の形式

静岡県は大きく分けると西部地区、中部地区、東部地区の三つに分けられますが、これらの地域によって葬儀の形式が大きく異なっています。
もっとも大きな違いは、地域によって「前火葬」と「後火葬」の葬儀があるということです。通夜の翌日告別式の前に火葬をする葬儀と通夜と告別式を終えた後に火葬を行う葬儀の二つの形式が静岡県内では混在しているのです。静岡県で葬儀を開く場合は、事前に前火葬か後火葬かを葬儀社に質問するとよいでしょう。
また静岡では住民菅野相互共助の意識が強いことが多く、「隣組」や「弔い組」といった近隣組織によって準備、寺院への連絡などを行う形式で開かれる葬儀も残っています。

静岡県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

静岡県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100