臨終(看取り)から納棺まで

あせらず落ち着いて行動。まずは信頼できる葬儀社を見つけることが大事

大切な方との突然の別れ。悲しみをいやす間もないうちに、次々とやらなければならない手配や手続きが続きます。 いざという時慌てないためにも、あらかじめ看取りから葬儀までの流れをおさえておきましょう。

看取り

危篤の知らせを受ける、立ち会う

危篤 心の準備ができている場合と、突然の出来事により病院から知らせを受ける場合とでは気の持ちようが違うでしょうが、できるだけ落ち着いて行動しましょう。 危篤状態から持ち直すことも多く、その場合、家族は複数回呼ばれる場合があります。

最期に立ち会ってほしい家族や親戚に連絡を入れる

家族や親戚など、最期に立ち会ってほしい方に連絡しましょう。ただし、遠くに住んでいる方に連絡をする
場合、遠方から慌てて出てこられても臨終に間に合わない可能性がありますので、よく考えてから連絡しましょう。

最期を看取る(末期の水など)

臨終後の病室か、自宅などに遺体を安置した後に末期の水を行います。
新しい筆か、割り箸に脱脂綿を巻きつけたものを使って故人の唇を軽く湿らせます。喪主から行い、血縁関係の濃い人から順番に立ち会った人全員が行います。 また、割り箸の代わりに樒(しきみ)の葉や菊の花を使用することもあります。

故人を清める【看護師や葬儀担当者が行います】

ご遺体をアルコールやお湯で丁寧に拭き清めます。
病院でご逝去された場合は看護師が、自宅でご逝去された場合は葬儀担当者が行うことが多いようです。

▼
葬儀社手配・安置

ご遺体の安置場所を決める(自宅または安置所)

安置場所としては、自宅、葬儀社や火葬場の安置所が主です。
最近は、自宅が狭い、家族葬または直葬なので周囲にあまり知られたくないなどの理由で安置所を利用する場合が多いようです。
ただ、火葬場の安置所は、線香やお供え物の持ち込みはできず、面会時間も限られていますので注意が必要です。

ご遺体を搬送する(葬儀社が行います)

病院でご逝去された場合、病院から搬送のための葬儀社を紹介されることがありますが、そのまま葬儀を依頼しなければいけなくなるケースがあります( 後から葬儀を断ると高額の搬送費を請求されることも)。 葬儀社が決まっていたり、自分で葬儀社を探したいという場合は、病院からの紹介は断りましょう。

葬儀を依頼する葬儀社を決める

いくつかの葬儀社を比較する場合は、葬儀の中身はもちろん、葬儀の費用もしっかり確認しましょう。
葬儀費用だけではなく、飲食や返礼品などにかかる総額を出している葬儀社を選ぶことをお勧めします。
葬儀費用だけを見て決めてしまうと、実際にかかる費用と大きな差が出てしまうことがありますので注意してください。

葬儀社に連絡する

ご遺体の場所(病院名や自宅の住所など)と、搬送先が決まっている場合は搬送先、依頼者の名前、電話番号
などを伝えましょう。また、費用面などで不安なことがあれば、このタイミングで聞いておくとよいでしょう。

【葬儀社との打ち合わせ前に確認!】

 葬儀社が決まり実際の打ち合わせに入る一方、住職に来ていただいて故人の枕辺でお経を上げてもらいます。
日ごろから檀家寺があれば問題ありませんが、普段お寺さんとまったくお付き合いがなかった場合には、 自分の家はどんな宗派で、同じ宗派のお寺さんが近くにあるかどうかを調べなければいけません。
最近は自分の家で葬儀を行うという例が非常に少なくなりました。
葬儀をどこで行うか、お寺を借りるのであれば住職が帰られる前にその話もしておいたほうがよいでしょう。

▼
葬儀準備

葬儀担当者と打ち合わせをします

ご遺体を安置したら、葬儀担当者と具体的な葬儀の打ち合わせをします。
この時葬儀担当者に「死亡診断書」を渡し、「火葬許可証」発行の代行手続きをしてもらうようにします。
葬儀の場所や日程は、宗教者の都合、火葬場の空き状況、式場の空き状況の3つの要素で決まります。
初めに希望の日時を宗教者に伝え、宗教者の了解がとれれば火葬場、式場に確認します。
※代々のお墓がある菩提寺(ぼだいじ)がある場合、ご遺体が安置されたらすぐに連絡しましょう。

関係各位に連絡します

葬儀社との打ち合わせがある程度終了し、会場や日程が決まったら親族や知人に連絡しましょう。
家族葬の場合、親族と、近しい友人・知人までにとどめるのが一般的で、喪主の会社関係など故人を知らない方には連絡しないか、連絡しても家族葬を行う旨を伝え、弔問辞退をお願いします。
なお、弔問は辞退しても供花を受けるかどうか決めておく必要があります。
※家族葬以外の葬儀の場合、自治会の訃報、故人、遺族の会社関係、友人、知人などすべてに連絡します。状況によっては訃報を連絡網などで知らせます。

葬儀の準備を行います

葬儀の事前準備としては、まず喪主・世話役・受け付け・会計・接待・僧侶案内などの係を決め、役割分担を確認します。
弔辞奉読を行う場合は、誰にお願いするかも決めます。
また、会葬者数を予測し、接待用飲食、会葬礼状・返礼品などの数量と内容を決定します。
その上で、必要な費用を見積もり、手元資金(現金がよい)を用意しておきます。宿泊、貸衣装、着付け・美容なども必要に応じて手配します。
※葬儀代・お布施・お車代・心付けなどは多めに用意し、それぞれに使う包み袋も準備するとよいでしょう。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」