京都府の葬儀・葬式

棺の中の納められる人形の意味?

葬儀の際には棺に故人に縁のある品物が納められる(野球好きであったならばスポーツ新聞、というように)ことがよくありますが、京都府の場合には智人形と呼ばれる友達の代わりとなる人形を納める風習があります。
これは京都が六曜の友引の日(字面から故人の友が冥土に連れて行かれる日とされ、一般的には葬儀が行われない日)でも葬儀を行うことのできる地域だったため、友引の日でも故人が友達をメイドへと連れて行かないために、友人形が棺に納められることになったと言われています。

その他京都市では、出棺の際に故人が使っていた茶碗を割る、霊柩車(れいきゅうしゃ)が市内の鳥居をくぐらないように似し方向から出発する、などの風習があります。

菊に代わって、故人を送る魔よけの植物

故人にささげる花である供花は本来菊を用いるのが一般的ですが、京都市以南の地域では、主に常緑樹である樒(しきみ)の花が用いられます。
樒は猛毒のある植物で、そのために古くから墓を動物が荒らすのを防ぐのを防ぐために墓に供えられてきました。その風習ゆえに樒には故人を邪木から防ぐ魔よけの効果があると言われ始め、それが供花として使われる風習につながっているのです。
京都府には数多くの宗派のお寺が存在するため、供花の種類の風習も宗派によってさまざまです。例えば京都府の北部では、供花として花輪が用いられます。葬式の際には、葬儀社などに供花の種類に関して質問してみるのがよいでしょう。

京都府の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

京都府の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

京都府のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100