高知県の葬儀・葬式

高知県の葬儀の風習やしきたり

最近では自宅葬儀が減ったため少なくなった風習ですが、高知県の一部地域では個人を納棺までは「生きている人」として扱います。全国的に納棺前には白い葬儀用の布団に寝かせますが、「生きている」ため普段と同じ布団に寝かせます。また、普段通りに声をかけご飯なども枕元まで運び食べるように声をかけます。自宅だとこのようにすることが可能ですが、葬儀屋で葬儀を行う場合には難しい風習のため徐々に消えつつあるようです。

また高知県では、納棺の前日に故人と添い寝をするしきたりが残されています。添い寝をする人物は、肉親とされており故人が寂しくないようにという配慮から行われています。

その他の高知県の葬儀の特色

高知県では故人を生きている人として扱う、と前述しましたが土佐郡の一部では生きていてなおかつ病気で伏せっている人、として故人を扱います。そのため、故人の好物やご馳走を養生見舞いとして枕元にお供えします。この際にも、無言で供えるのではなく、「起きませんか?一緒に食べませんか?」と声をかけながら供えることが一般的とされています。
その他に、納棺の際に必ず煮豆をいれる地域があります。全国的には、棺に故人の愛用品や思い出の品を入れますが、地域によって特色あるものを入れる場合があります。高知では、大豆や小豆を煮てから入れるのですが、これには目を覚まさないように、という意味が込められています。

高知県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

高知県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

高知県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100