通夜

通夜の流れをご紹介します。

通夜は、18時頃から2時間ほどで行われる形が一般的となっています。 仏式の場合、僧侶の入場後に読経が始まり、喪主、遺族、親族、一般参列者の順に焼香します。 僧侶の退席後、故人への供養と弔問へのお礼として食事や飲み物を用意します(通夜振る舞い)。 式場の都合もあり、21時には解散することが多いようです。

通夜の服装について

通夜の服装 故人が逝去された日の夜に弔問に訪れる方は、必ずしも自宅に来られる方ばかりとは限りません。 故人が生前にずっと入院していたことを知っている方、見舞いに来られたことのある方の場合、報せを聞いて病院の方へ駆けつけることもあるかも知れません。
また遠距離の親戚が夜遅くなって到着する事もあるでしょう。
そういったいろいろなケースを考えると、仮通夜の晩には、家人は必ずしも正装の喪服を着ていなくてもよいでしょう。
光らない素材で黒を基調とした服であれば構いません。

告別式前夜の本通夜は正装の喪服を着用する必要があります。
この時には、自宅であれ、それ以外の場所であれ、祭壇が作られ、読経も行われます。
焼香される弔問客の前で家族は居並んで礼を返すわけですから、喪服をきちんと用意しておきましょう。

通夜の流れ

(葬儀担当者と)お通夜の流れの確認をする

お通夜の進行は、葬儀担当者や世話役が行いますが、お焼香や喪主あいさつのタイミングは事前に葬儀担当者に確認しておきましょう。

供花の配列を調整し、最終確認(送り元の記録)をする

供花は、祭壇の両サイドに並べます。一般的には、祭壇に向かって右の最上位に近い場所が喪主、または葬儀委員長の札になります。 祭壇をはさんだ反対側が次に血縁関係の濃い人です 。
ただし、地域によって並び順が異なることがありますので、詳しくは葬儀担当者に問い合わせるとよいでしょう。 供花を送っていただいた方には葬儀後にお返しをしますので、送り元を記録しておきます。

世話役などにあいさつをする

お通夜が近づくと参列者が訪れ慌ただしくなりますので、その前にお礼のあいさつをしましょう。
簡単なあいさつに留め、役割分担などについては、世話役代表や葬儀担当者に任せましょう。

僧侶を迎える

通夜の席順 僧侶にはお通夜が始まる30分前に式場に着くようにお願いし、世話役(世話役がいない場合は、葬儀担当者)にお迎えに行っていただきます。
僧侶が式場に着いたら、一度祭壇へ案内し、祭壇や供花の飾り方を確認していただくとよいでしょう。
控室へ案内したら、喪主や世話役代表があいさつします。
戒名をいただいていない場合は、あらかじめ白木の位牌(いはい)を用意しておき、僧侶に筆で書いていただくとよいでしょう。
また、この時、法話の有無や通夜振る舞いを受けてもらえるかどうかを確認します。
仏式による通夜は僧侶をお迎えするところから始まります。
この場合の僧侶は「導師」と呼びます。
導師が到着しましたら一同は会場に集まり、導師の入場を待ちます。

この時の座り方ですが、祭壇に向かって右側に喪主、遺族、近親者、親戚。
左側に僧侶、葬儀委員長、世話役、故人の先輩、恩人、会社関係者、知人の順で座ります。上司は上座に案内します。

受け付け(参列者・香典の記録)をする

参列者の受け付けは30分前から始めます。
受け付け係が会場の受け付けで、参列者に記帳してもらい、香典を受け取って会計係に渡します。
会計係は参列者から受け取った香典を記帳し、計算し、安全に保管・管理します。
喪主は祭壇前に座り、参列者のお悔やみの言葉にも簡単なあいさつで応じましょう。

通夜振る舞い・飲み物の数などの最終確認をする

世話役が参列者の人数を確認し、葬儀担当者に伝え、葬儀担当者が人数分の食事や飲み物を手配します。
※世話役がいない場合は、葬儀担当者にすべてを任せましょう。

座席順に着席し、お通夜を行う

導師が入場し、一同は着席、読経が開始されます。
一般的な読経は40分から1時間です。 お経が読まれる中、喪主を先頭に親族、一般参列者の順で焼香をします。
自宅など会場が狭い場合は、回し焼香になることもあります。
焼香は一般には喪主から始めますが、社葬など特別な場合は葬儀委員長から始めるのが習わしとなっています。

僧侶の読経、参列者のお焼香が終わったら、参列者にお礼を伝えましょう。
葬儀担当者が通夜振る舞いへ案内します。僧侶が控室に戻ったら、通夜振る舞いの席に案内し、お礼を述べましょう。
僧侶が通夜振る舞いを断った場合、食事の代わりに「お膳料」と「お車代」を奉書紙か半紙、もしくは白封筒に包んで渡しましょう。

閉会後、通夜振る舞いの席に移り、喪主があいさつをする

通夜の式が済んだら弔問客や世話役などに夜食や酒を振る舞います。
勧められた会葬者は一口でも食べるのが供養とされています。
故人の話などをして、予定の時間がきたら、喪主が終了のあいさつをします。
お礼の気持ちと、翌日の葬儀の案内を行いましょう。
なお、喪主や遺族など、喪に服している人は参列者の見送りを行わないのがマナーです。

(葬儀担当者と)葬儀・告別式の流れの確認をする

参列者が帰ったあと、葬儀担当者や世話役代表と葬儀・告別式について打ち合わせ、弔辞や弔電、喪主のあいさつなどを確認しましょう。

(葬儀担当者と)火葬場への同行者と出棺時の動きを確認する

誰が火葬場へ同行するのか、誰が柩(ひつぎ)を持つのか、誰が位牌(いはい)を持つのか、誰が遺影写真を持つのかを確認しましょう。
一般的に、火葬場へ同行するのは家族や親戚のみですが、故人と特に親しかった方は事前に同行をお願いしておくことをお勧めします。
また、火葬場の使用料金は当日払いですので、あらかじめ準備しておきましょう。
金額などは葬儀担当者に確認のうえ、料金を預けておくとよいでしょう。

(葬儀担当者と)料理・返礼品の数の最終確認をする

葬儀・告別式への最終的な参列者の人数を葬儀担当者に伝え、葬儀担当者が料理や返礼品を手配します。
※地域によっては、近所の方がお手伝いをします。

故人に付き添い、祭壇の火・線香を絶やさないようにする

お通夜の晩に祭壇の火・線香を絶やさないようにするのは、線香のけむりでけがれをはらうためや、自分の身を清めるためなどの諸説があります。 しかし、どんな理由であろうとも、故人と過ごす最期の夜だということを忘れてはいけません。 過去を振り返りながら、故人と過ごすとよいでしょう。

▼
葬儀の打ち合わせ

葬儀の打ち合わせも、近親者の集まった通夜の際に行うのがよいでしょう。 細かいことはほとんどが葬儀社任せということになりますが、それでもしっかり打ち合わせておかねばならない事がいくつかあります。
自分が何らかの役割を受け持つ場合は、その仕事の仕方やマナー、気をつけなければならないことなど、 分からないことは、年長者で経験豊富な人や葬儀屋さんに確認しておきましょう。

喪主、葬儀委員長を決める

喪主、葬儀委員長は当然決めておかなくてはいけません。
以前は亡くなった方の長男が喪主となることが多かったのですが、今日では亡くなった方が世帯主である場合は その連合いが喪主を務めるというのが普通です。
葬儀委員長は地元の自治会長ですとか、また亡くなった方が会社の現役であったならば会社関係のしかるべき人に頼まれたほうがよいでしょう。

祭壇の準備

祭壇の準備 告別式の日取りが決まった段階で葬儀社側は当然祭壇の用意をします。
もし告別式を自宅で行うのであればどこの部屋にで行うのか決めます。
そして、祭壇を飾れるように部屋を片づけ、同時に祭壇に飾る遺影の写真の選択や通夜・葬儀に必要な物を揃えておきます。
それらの品は葬儀社の人に尋ねるなどしたほうが手っ取り早く出来るでしょう。

式の確認

式次第の確認をしましょう。席順は通夜の時と同じです。 供物や供花の置き場所は間違いないか、これは故人との付き合いの程度によって決めます。 重要なものほど棺に近く、花輪は入り口に近いほど参列者に深い印象を残すものです。

役割分担の決定

役割分担の決定 式次第の確認をしましょう。通夜の時もそうですが、葬儀の際の役割分担も決めておかなければなりません。
喪主をはじめ喪家の人は当日お手伝いの仕事は出来ませんので、親戚など近親者に頼みます。
受付や案内、荷物係、留守番など必要な人数を把握しておき、葬儀当日の役割をきちんとお願いしておきましょう。

弔辞・弔電

弔辞・弔電 弔辞の依頼は前もってしかるべき人にお願いしておきますが、その方が間違いなくおいでになれるのか、もし見えない時には誰に頼むのか、その当たりもしっかり確認を取り合っておきます。
弔電は故人の生前のお付き合いの程度や、会社での仕事や地位によって違ってきますが、たくさんいただいたからといってあまり多く読んでも意味がありません。
喪主の判断でせいぜい5つか6つに絞りましょう。

精進落しの準備

精進落しの準備 精進落し(会食)の席も設けなくてはいけません。
こちらの方もきちんと頼んで置きましょう。
ご近所のご婦人方が買って出て下さることもありますが、 人の家ということもあり勝手が分からない場合もあります。
礼儀的なこともありますので、身内の者が少なくとも一人はいるようにしましょう。

車のチャーター

火葬場まで行く人数の確認もここで取っておいたほうがいいでしょう。 人数が決まったらそれに見合った車をチャーターしておかなくてはいけません。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」