喪主

お葬式ニュース&コラム

新型コロナウイルス流行の中、喪主がお葬式で気を付けたいこと

新型コロナウイルスについて、喪主や遺族、参列者ができることについて、まとめました。なかなか人が集えない状況においても、故人とのお別れの場をきちんと用意したいという思いや、またそれに対する提案は日々、生まれています。こうした動きが、これからの日本の新しいお葬式や供養のあり方につながるかもしれません。

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

お葬式で忘れてはいけない、喪主の身だしなみと持ち物

喪主はお葬式の主催者であるため、一般の参列者よりも特に服装や持ち物に気を払う必要があります。故人に恥ずかしい思いをさせないように、喪主の服装や持ち物について覚えておきましょう。ここでは、喪主に必要な服装、持ち物などを紹介しています。

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

家族葬で喪主の挨拶は必要?挨拶するときのタイミングや例文も紹介

家族葬において、喪主の挨拶が必要かどうか迷う人は多いでしょう。ごく少人数の家族葬の場合省略されることもありますが、数十名の会葬者がいる場合は挨拶をするのが一般的です。この記事では、家族葬での喪主の挨拶のタイミングや内容について詳しく紹介します。
法事・法要・仏事の知識

【過去帳の知識】お寺に記入してもらう際のお布施の費用相場など

仏具の中で重要な意味を持つ、過去帳についてご紹介します。過去帳とは、故人の俗名、戒名、没年月日、享年などが記された帳面で、先祖から続いてきた家の歴史が分かる道具です。この記事では、過去帳の役割、材質による値段の違い、お寺の住職に代理記入してもらうときのお布施の相場などについてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

お葬式用語解説

臨終後の儀式「末期の水」とは?正しいやり方とタイミング

末期の水とは、死に水をとるとも呼ばれ、臨終に立ち会った人たちが故人の口に水を含ませる儀式のことをいいます。由来は、お釈迦様が最後に水を含んで安らかにあの世に旅立ったという故事にあります。現代では医師から臨終の宣告を受けてから行う最初の葬送儀式です。箸や筆の先端に脱脂綿などを固定して水を含ませ、その場にいる遺族が、故人の唇を濡らしていきます。

人生のエンディングをお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
お葬式用語解説

枕経の由来や準備、お布施の渡し方

枕経は、仏式の葬儀における儀式の一つとして行われてきたものです。最近は社会情勢や住宅事情の変化により、あまり立ちあう機会がないかもしれません。この記事では、枕経に関する解説や、お布施の費用相場についてご紹介します。故人をしっかり送り出すためにも、臨終直後に行われる枕経について知っておきましょう。
お葬式の後で必要なこと

世帯主変更届の提出方法~世帯主が死亡したら行うべき手続きの流れ~

世帯主変更届とは、世帯主が死亡した際に役場へ届け出る書類のことです。亡くなった世帯主から、新しい世帯主へと登録変更をするために行います。この世帯主変更届は、世帯主が死亡してから14日後までに提出しなければなりません。 今回は世帯主変更届に...
お葬式の後で必要なこと

「親の葬儀費用」は誰が払う?トラブルを避ける方法や費用の抑え方も紹介

葬儀費用を誰が支払うかについては親族間でも大きな関心ごとです。トラブルにならないよう、それぞれの経済状況なども踏まえながら話し合うことが大切です。この記事では、葬儀にかかる一般的な費用や誰が払うことが多いかなどを詳しく紹介しています。
法事・法要・仏事の知識

三回忌の法要に着るべき服装とは?

三回忌とは、お葬式の翌々年に行われる法要で、親族以外にも、故人と生前に縁があった人が招かれることが多くあります。そのため、参列者の方の顔ぶれや、それぞれの立場などを考慮し、場の雰囲気を壊さない服装で臨むことが求められます。お葬式ほど厳格な服...
お葬式の参列マナー

通夜のマナー

通夜とは、その字の通り夜通し遺体とともに過ごすことを言うのですが、現在では夜通し柩を守るのは近親者に限られます。通夜は正式な儀式ではなく、身 近な親しい人の集まりなので厳密なしきたりといったものはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇の...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の挨拶・書状の文例集。通夜・葬儀の挨拶、死亡通知、会葬御礼、喪中はがきまでの文例をご紹介します

人が亡くなると、喪主はお葬式の準備の段階から、お葬式の後、さらに年末の喪中はがきまで、さまざまな文章を書く必要があります。さらに通夜や葬儀・告別式でも、喪主の挨拶など、人前で話さなければならない場面がいくつもあります。 今回は、臨終のとき...
お葬式用語解説

施主と喪主はどう違う?役割の違いや喪主の選び方について解説

お葬式の準備をする際に、喪主と施主という言葉を聞いたことがあるでしょう。喪主は「遺族の代表」であるのに対して、施主は「葬儀費用の負担」という役割の違いがあります。この記事では、喪主と施主の違いや喪主の選び方などについて解説します。
法事・法要・仏事の知識

【喪主の知識】最近のトレンドは?法事・法要の引き物の相場とマナー

一周忌や三回忌といった年忌の法事(年忌法要)では、参列者に対して「引き物」と呼ばれる手土産をお渡しするのが一般的です。 結婚式のような喜ばしい場面ではないため、手元に残る品物は避け、食べたり使ったりして無くなってしまう消耗品や実用品が望ま...
お葬式の後で必要なこと

葬儀後の挨拶について

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の挨拶。失敗しないルールとコツとは?

喪主の挨拶は、喪主を務める人が一般の参列者に対して行うものです。時間を作って参列してくれたことに対するお礼、生前故人と親しく付き合ってくれたことへの感謝の気持ちを込めて行います。親族の代表としてだけでなく、故人の代理として謝辞を伝えるという意味もあります。喪主が挨拶をするタイミングは大きく通夜の終わり、または通夜振る舞いのとき、告別式のとき、そして精進落としのときです。

市川愛の「教えて!」お葬式【特集】

【お葬式Q&A】「喪主」とは誰がなるものなのでしょうか

喪主とは誰がなるものなのかというお話の前に、喪主とは何か、そして施主とはどう違うのかということをお話しておこうと思います。 喪主とは、故人を忌上げまで弔い、ご葬儀や法要などの全ての祭祀を執り行う責任者のことです。加えて、外部から...
市川愛の「教えて!」お葬式【特集】

【お葬式Q&A】葬儀費用は喪主が全額負担するもの?

皆さん、こんにちは。葬儀相談員の市川愛です。 “教えてお葬式”ということで、このコンテンツでは皆様からいただいたご質問にお答えしています。 今回いただいたご質問は“お葬式にかかる費用は喪主が全額負担するものですか”というご質問なんで...
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す