はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

喪主

お葬式ニュース

新型コロナウイルス流行の中、喪主がお葬式で気を付けたいこと

新型コロナウイルスについて、喪主や遺族、参列者ができることについて、まとめました。なかなか人が集えない状況においても、故人とのお別れの場をきちんと用意したいという思いや、またそれに対する提案は日々、生まれています。こうした動きが、これからの日本の新しいお葬式や供養のあり方につながるかもしれません。

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

お葬式で忘れてはいけない、喪主の身だしなみと持ち物

喪主はお葬式の主催者であるため、一般の参列者よりも特に服装や持ち物に気を払う必要があります。故人に恥ずかしい思いをさせないように、喪主の服装や持ち物について覚えておきましょう。ここでは、喪主に必要な服装、持ち物などを紹介しています。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

家族葬でも挨拶は必要?喪主による挨拶例とタイミング

近年では小規模な形でのお葬式を望む方が増え、家族葬というお見送りの形も珍しいものではなくなってきました。一般葬・家族葬などの形を問わず喪主には多くの役割がありますが、その大切なひとつである喪主挨拶について、家族葬の場合どのように考えたら良いのかを解説していきます。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

【動画あり】1分でわかるお布施の正しい渡し方

お葬式のお布施の渡し方を動画でまとめています。お布施を渡すタイミングはお通夜の後や葬儀の前、または葬儀後など、 僧侶に挨拶やお礼を伝える際に渡すのが一般的です。導師控室などで喪主が直接お渡しします。

法事・法要・仏事の知識

【過去帳の知識】お寺に記入してもらう際のお布施の費用相場など

仏具の中で重要な意味を持つ、過去帳についてご紹介します。過去帳とは、故人の俗名、戒名、没年月日、享年などが記された帳面で、先祖から続いてきた家の歴史が分かる道具です。この記事では、過去帳の役割、材質による値段の違い、お寺の住職に代理記入してもらうときのお布施の相場などについてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
お葬式用語解説

臨終後の儀式「末期の水」とは?正しいやり方とタイミング

末期の水とは、死に水をとるとも呼ばれ、臨終に立ち会った人たちが故人の口に水を含ませる儀式のことをいいます。由来は、お釈迦様が最後に水を含んで安らかにあの世に旅立ったという故事にあります。現代では医師から臨終の宣告を受けてから行う最初の葬送儀式です。箸や筆の先端に脱脂綿などを固定して水を含ませ、その場にいる遺族が、故人の唇を濡らしていきます。
お葬式用語解説

枕経の由来や準備、お布施の渡し方

枕経は、仏式の葬儀における儀式の一つとして行われてきたものです。最近は社会情勢や住宅事情の変化により、あまり立ちあう機会がないかもしれません。この記事では、枕経に関する解説や、お布施の費用相場についてご紹介します。故人をしっかり送り出すためにも、臨終直後に行われる枕経について知っておきましょう。
法事・法要・仏事の知識

四十九日に納骨を行うまでの準備と流れ

仏教の納骨は四十九日法要と同日に行われることが多いのですが、なぜ四十九日なのかをご存知でしょうか。その理由は、仏教の考え方と深いつながりがあるのです。この記事ではこれから納骨について考える方のために、四十九日に納骨を行う意味をはじめ、その他納骨に適した時期や仏教の納骨式の準備、式当日の流れなどについてご説明します。
お葬式の後で必要なこと

世帯主変更届の提出方法~世帯主が死亡したら行うべき手続きの流れ~

世帯主変更届とは、世帯主が死亡した際に役場へ届け出る書類のことです。亡くなった世帯主から、新しい世帯主へと登録変更をするために行います。この世帯主変更届は、世帯主が死亡してから14日後までに提出しなければなりません。 今回は世帯主変更届に...
お葬式の後で必要なこと

「親の葬儀費用」は誰が払う?

「親が亡くなったときの話」というのは縁起が悪い話題なので、家庭によっては避けているかもしれません。しかし、葬儀の事前準備や当日対応など、親が亡くなった後はさまざまな対応が必要になるので息をつく暇もないほど忙しくなります。いざというときにスム...
法事・法要・仏事の知識

三回忌の法要に着るべき服装とは?

三回忌とは、お葬式の翌々年に行われる法要で、親族以外にも、故人と生前に縁があった人が招かれることが多くあります。そのため、参列者の方の顔ぶれや、それぞれの立場などを考慮し、場の雰囲気を壊さない服装で臨むことが求められます。お葬式ほど厳格な服...
お葬式の参列マナー

通夜のマナー

通夜とは、その字の通り夜通し遺体とともに過ごすことを言うのですが、現在では夜通し柩を守るのは近親者に限られます。通夜は正式な儀式ではなく、身 近な親しい人の集まりなので厳密なしきたりといったものはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇の...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主や葬儀委員長は誰が?一般的な社葬の流れ

社葬とは、故人の生前の功績をたたえ、会社が主催者となって葬儀を執り行うものです。 学校、協会、組合、研究所などの各種団体によって営まれる団体葬も、形式上は社葬に準じています。いずれの場合も、公的な性格を持ち、一般家庭で執り行う個人葬...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

有名人のお別れの会に学ぶ、弔辞、お別れの言葉と喪主の挨拶

お別れの言葉 安倍晋三さんから津川雅彦さんへ 津川雅彦さんと朝丘雪路さんの合同葬お別れの会での挨拶。 内閣総理大臣 安倍晋三さんは、津川さんと出会ったころのエピソードを紹介しています。第一次安倍政権が短命で終わり、苦しい時を過...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

出棺時に喪主が行う挨拶の内容と、出棺時のマナーについて

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の挨拶・書状の文例集。通夜・葬儀の挨拶、死亡通知、会葬御礼、喪中はがきまでの文例をご紹介します

人が亡くなると、喪主はお葬式の準備の段階から、お葬式の後、さらに年末の喪中はがきまで、さまざまな文章を書く必要があります。さらに通夜や葬儀・告別式でも、喪主の挨拶など、人前で話さなければならない場面がいくつもあります。 今回は、臨終のとき...
お葬式の準備で必要なこと

喪主の代行について

お葬式用語解説

【意外と知らない葬儀の知識】施主と喪主ってどう違う?

葬儀を執り行う際、喪主や施主を決める必要がありますが、誰が、喪主や施主となって葬儀を進めなければならないのか。 また、喪主と施主の違いはどのようなものなのか、実はよくわからないとのご質問もよく受けます。 立場によって行うべきことが変わってき...
法事・法要・仏事の知識

【喪主の知識】最近のトレンドは?法事・法要の引き物の相場とマナー

一周忌や三回忌といった年忌の法事(年忌法要)では、参列者に対して「引き物」と呼ばれる手土産をお渡しするのが一般的です。 結婚式のような喜ばしい場面ではないため、手元に残る品物は避け、食べたり使ったりして無くなってしまう消耗品や実用品が望ま...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

告別式での喪主(親族代表)のあいさつ例

親族代表のあいさつは、告別式終了時または出棺時に行われます。 ここでは主に、会葬者に対して故人に代わりお礼を述べます。 ここで紹介する文例のように、あいさつの流れや内容はある程度決まっています。 したがって、文面を考えるのはそれほど難しいこ...
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

葬儀における役割分担

お葬式の後で必要なこと

葬儀後の挨拶について

通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の挨拶。失敗しないルールとコツとは?

喪主の挨拶は、喪主を務める人が一般の参列者に対して行うものです。時間を作って参列してくれたことに対するお礼、生前故人と親しく付き合ってくれたことへの感謝の気持ちを込めて行います。親族の代表としてだけでなく、故人の代理として謝辞を伝えるという意味もあります。喪主が挨拶をするタイミングは大きく通夜の終わり、または通夜振る舞いのとき、告別式のとき、そして精進落としのときです。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

喪主の役割や挨拶例

葬儀を執り行う際、その葬儀の責任者が喪主です。打ち合わせや準備 の段階から葬儀後まで、さまざまな「やらなければならないこと」が あります。実際に手を動かさなければならないことの多くは葬儀社が 行ってくれますが、喪主が判断しなければならないことは多岐にわた ります。
通夜・葬儀・火葬で必要なこと

誰がなるべき?喪主と施主の違いと役割について

お葬式のときには、必ずと言ってよいほど喪主や施主を決めるプロセスが発生します。このようなときに喪主や施主といった言葉を聞いても、いまひとつ違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。表現が異なるだけで特に違いはないのでは、と認識して...
法事・法要・仏事の知識

【喪主の知識】定番から人気の品まで!新盆(初盆)のお返し・引き物【感謝の気持ち】

新盆(お盆)は、四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆のことを言います。 親族や友人、縁者の方が、集い供養を行います。 初めて迎える新盆(お盆)で、参列した方から香典をいただいた場合お返しの品が必要です。 いろいろある引き物...
お葬式の参列マナー

【突然の訃報】急な葬儀でも慌てない!「お香典」の基礎知識

訃報を受けた場合、参列者は香典を持って通夜や告別式に参列します。 大切な人とのおわかれの儀式に、お香典をいくら持っていくべきなのか、わからない方は多いのではないでしょうか。 香典にはいくつかのルールがあります。 まず、偶数...
お葬式の準備で必要なこと

いざという時慌てないために、喪主のあいさつ例

葬儀での喪主のあいさつは、参列者への感謝の気持ちを伝えることが大切と言われています。 ただそうは言っても、自分が喪主になった場合、家族を亡くして悲しみの中にいる時に決められた時間の中でメッセージを考えるというのはかなり大変なことです。...
お葬式の後で必要なこと

葬式代を払うのは、だれ?

お葬式にかかる費用、鎌倉新書が行なった「第2回お葬式に関する全国調査」では、全国平均で約119万円くらいです。 でもこのお金、一体誰が支払うものなのでしょうか? 今回はお葬式のお金と、「喪主(もしゅ)」と「施主(せしゅ)」の関係...
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す