社葬の服装とマナーについて

<男性の場合>
・服装
基本的には、黒色のスーツに、白ワイシャツとネクタイを着用します。
社葬を主催する会社によっては、当日の服装としてモーニングスーツを指定する場合も、平服や略礼服での参列をお願いしている場合もあります。
社葬に参列する際に失礼のない平服とは、ダーク系のスーツにネクタイがないもの。略礼服は、黒のスーツと黒ネクタイを付けたものを指します。
事前に確認しておきましょう。

・髪型
個人の葬儀と同様に、清潔感のある短めの髪型を心がけます。
匂いの強い整髪料や香水などは使用しないようにしましょう。

・ネクタイ
個人の葬儀と同様に、基本は黒色。ただし、ネクタイピンは光物であるため、つけないようにしましょう。

・靴・靴下
個人の葬儀と同様に、黒色のものを用意しましょう。靴については、光沢のない革靴が良いでしょう。

 

<女性の場合>
・服装
黒色あるいは紺色のスーツ、もしくはワンピースを着用します。
袖やスカートは裾がある程度長めのものを着るように心がけましょう。
コートは皮や毛皮製のものは着用しないように注意しましょう。

・髪型
髪が長い場合は、低い位置できちんとまとめておきましょう。
匂いの強い整髪料や香水などは使用しないようにしましょう。

・メイク
なるべく落ち着いた印象になるよう、ナチュラルな色合いでまとめ、華美にならないよう注意しましょう。

・アクセサリー
基本的には、結婚指輪以外はつけないようにしましょう。
結婚指輪以外につけたい場合は、真珠かブラックオニキスのネックレス1つのみに絞ります。ただし、ネックレスは2連のものでなく、1連のものか1粒のものを選びましょう。2連のものは「不幸が重なる」と言われ、縁起が悪いとされています。

・靴
ヒールが高いものは避け、黒色で光沢が目立たないフォーマルなものを選びましょう。

・バッグ
黒色で光沢が目立たない、小ぶりで金具のついていない布製のものが良いでしょう。

 
■社章について
会社の代表として葬儀に参列するということであれば、つけてもかまいません。
 

■社葬に参列する際の服装以外の持ち物
・数珠(仏式の場合)
・香典袋と袱紗(香典辞退の場合は省略)
・名刺(特に会社代表として参加する場合は必携)
 

<社葬に参列する際の流れ>
1.受付
会場に着いたらまず受付に向かい、次の順序で受付を済ませましょう。

(1)お悔やみの言葉を述べる
(2)香典を渡す(香典辞退の場合は省略)
(3)名刺を差し出す
 
受付の人に記帳するよう促された場合は、名刺の提出とあわせて会葬者芳名録へ記帳も行います。
特別な場合を除き、周りの状況や時間を見計らって辞去します。 葬儀に参列できない場合は、その旨を伝えます。 通夜ぶるまいの席に案内された場合は、無暗に断るのではなく、一口でも箸をつけるようにします。 また、お悔やみの言葉は、あまり流暢にならないようにします。葬儀後は、出棺がある場合はお見送りをします。

 
<社葬における名刺に関するマナー>
名刺は、左下を折るか、右肩に「弔」の字を書いておくのが慣例になっています。
代理として出席するときは、本来出席するはずの人の名刺の右肩に「弔」、自分の名刺の右肩には「代」と書いて、受付で2枚差し出します。
 

2.弔問
受付が終わったら、係の人の案内に従って会場に入り、宗旨に合わせた形で故人の冥福を祈ります。

・仏式のご焼香
(1)一礼し、祭壇に進む
(2)親指・人差し指・中指で抹香をつまみ、香炉に移す
(3)合掌後に祭壇と遺族へ向かってそれぞれ一礼する

焼香の正式な回数は宗旨や地域の習慣により異なりますが、会葬者が多い場合は1回までで済ませましょう。

・神式の玉串奉奠(たまぐしほうてん)
(1)玉串の葉側を左のてのひらに乗せ、根元を右手で持つ
(2)祭壇に進み、一礼する
(3)玉ぐしを右に回し、いったん根元を手前にする
(4)左右の手を持ち替え、さらに右に回して、根元を祭壇に向ける
(5)祭壇に玉串を置き、二礼二拍手一礼をする

弔問のときの「二拍手」は、音を立てない「しのび手」で行いましょう。

・キリスト教式の献花
(1)牧師または神父と遺族に一礼後、右手に花、左手に根元がくるように受け取る
(2)祭壇に進み、献花台の前で遺影に一礼する
(3)花を右に回して根元を霊前に向け、献花台に捧げた後、一礼する

 

<社葬におけるマナー違反>
・名刺交換
社葬には取引会社の方や顧客なども参列しています。仕事の延長のような感覚でいると、つい名刺交換を行ってしまうかもしれません。しかし社葬はあくまでも葬儀です。名刺交換はマナー違反となりますので、行わないように注意が必要です。

・商談や打合せ
名刺交換と同様、葬儀である社葬の場では、仕事である商談や打合せを行うことはマナー違反となります。また、知り合いに会ったからと言って、私語や雑談は控えるようにしましょう。

・通夜ぶるまい
弔問後、遺族や会社が用意した「通夜ぶるまい」に案内されることがあります。ひとくちでも口にすることが故人への供養になるので、声をかけられた場合は断らず、同席しましょう。ただし、長居は迷惑となりますので、食事を終えたら遺族や葬儀責任者に挨拶し、速やかに退席しましょう。

ご喪家への配慮・気をつけたいこと

企業にとって重要な意味を持つ社葬ですが、喪主様をはじめ、ご喪家の
意向を尊重し、配慮することも忘れてはいけません。

ご喪家への配慮・気をつけたいこと>>

社葬の服装とマナーについて

男性・女性それぞれ社葬に参列する際に気をつけたポイントがありますので
きちんと覚えておきましょう。
特に社葬の場合、受付での名刺の渡し方など、注意が必要です。

社葬の服装とマナーについて>>

弔電・供花・香典について

社葬やお別れ会などの突然の訃報時に慌てないよう、弔電・供花・香典について事前に把握しておきましょう。会社代表として香典はいくら包むのが一般的なのか?表書きの名前を誰にするのか?などのマナーをご紹介します。

弔電・供花・香典について>>

社葬の参列マナー

社葬実施の連絡を受けたら、どうすればいいの?
参列ができない場合は?弔辞を頼まれた時にどうすればいいの?など社葬の参列に関する
マナーをご紹介いたします。

社葬の参列マナー>>

社葬の役割

一般的な個人の葬儀は「故人を追悼する」ことが主な役割ですが、社葬はそれに加え、「社外への広報的役割」や、「社員の結束を強める役割」を担っているのです。
会社の上層部や中心にいた方のご逝去は、その会社の経営に大きな影響をもたらす可能性が高く、中でも創業者やオーナー社長のご逝去は、その会社にとっての大きな転換点となります。

社葬の役割>>

社葬の種類によってのメリット・デメリット

社葬の種類には、「社葬」・「合同葬」・「お別れ会・お別れの会」があります。
それぞれの形式によって、メリット・デメリットがあり、費用負担や運営責任などが異なります。どのタイプの社葬が自分の会社にはあっているか、ご遺族の意向も踏まえながら決める必要があります。

社葬の種類によってのメリット・デメリット>>

社葬の費用

社葬とは、会葬者の数やホールの大きさなどといった規模に関係なく、葬儀を執り行う主体が会社となるため、葬儀にかかる費用は原則、会社が負担します。ただし、近親者による密葬などといった、一般的な個人の葬儀と社葬とを併せて行う「合同葬」の場合は、費用は遺族と会社で分担するケースが多いようです。

社葬の費用>>

社葬・お別れ会についてなど、
お気軽にご相談ください
 匿名での相談も可能です

0120-932-458

24時間365日 相談無料