岩手県の葬儀・葬式

岩手県の葬儀の風習

出棺の際に持たせる副葬品の一つとして、全国的には六文銭を利用することが多いものです。火葬ではお金や金属など燃えないものを入れるわけにもいかず、紙に一文銭を6つ印刷したものを入れるというのが一般的です。これは、三途の川を渡る時の渡り賃として、またあの世に行ってもお金に不自由しないようにという思いがつまったものです。

岩手県では、六文銭を入れるのではなく現代的な金額が紙に記入されて持たせられます。100万円と記入することが多いのですが、中には1000万円や1億円など高額な金額を記入されることもあります。

岩手県の葬儀の流れ

岩手県では、逝去から葬儀式までにある程度の時間をおくのが一般的であり、3日から5日ほどの期間を確保し、葬儀の前日だけでなく逝去から葬儀までの毎日を通夜として毎晩供養の念仏が行われています。また、通夜の後にも招待された近親者のみで行われるお逮夜と呼ばれる儀式があり、再び通夜が行われています。
葬儀では骨葬で行うのが岩手県では一般的であり、先に火葬を済ませておき、地域によっては骨壺に入れずにそのまま自宅へ持ち帰るところもあります。葬儀では、親族が先に会場に向かって参列者を迎えるというのが全国的に行われている風習ですが、岩手県では最後に親族と僧侶が入場するということもあります。

岩手県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

岩手県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

岩手県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100