福島県の葬儀・葬式

福島県の葬儀の風習としきたり

県それぞれで独自の風習がありますが、福島県では男性には剃刀を女性にはハサミを棺の中に入れるという風習が残っています。今では、魔除けのために入れていると考えられているようですが、元は違った意味で入れられていたようです。棺に入れる前に体をきれいにするために行われる湯かんに使用した物をそのまま納棺したことが始まりだとされています。

出棺の際にも独特の風習があり、出棺する際には普段使う玄関の門を使うことはなるべく避けます。地域によっては、仮設で脇に門を作りそこから出棺させ、出棺が終わればすぐに門を取り壊すという地域も存在しています。

福島県の火葬の特色

福島県の葬儀には、特筆すべき特色があります。大抵の地域の場合には、死亡後湯かんを経て1日後に納棺され通夜が行われます。福島県の場合は、知り合いなどには参列せず近親者のみで通夜が行われる場合が多いです。地域によって、友人や知人も参列する通夜もありますが、その通夜が終わり、翌日には葬儀、その後に出棺され火葬をされることが一般的だとされています。
しかし、福島県では葬儀の前に火葬を済ませてしまうことが一般的である、とされています。通夜後、葬儀の日の朝に火葬を執り行い骨になった状態で葬儀を行う地域もあります。

福島県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

福島県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

福島県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100