はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

通夜の日程はどう決める?開始~終了時刻の目安は?通夜の流れと焼香の順番は?通夜振る舞いの席には着くべき?

通夜とは、もともとは故人の家族や生前親しかった人々が故人のそばで夜を明かして、霊を慰め、守るというものでした。しかし近年では半通夜といって、宗教的な儀式からその後の食事までが数時間で終了し、会葬者も解散するというのが一般的です。また都市部などでは翌日の葬儀・告別式ではなく、通夜にのみ参列する人も増えています。

通夜というのは葬儀の前夜、遺族や親族、友人縁者などが集まって故人と最後の夜を過ごすことを言います。夜伽(よとぎ)とも言い、もともとは夜を徹して故人の霊を守り、慰めるという意味がありました。葬儀までの間、2夜を過ごす場合には、亡くなった夜は仮通夜として、翌日の夜に通夜を営みます。

かつては近親者のみで行っていましたが、最近では社会的な儀礼としての意味が強まり、一般の弔問客も通夜に参列するようになっています。仕事帰りに参列する人もあり、特に都市部などでは葬儀・告別式よりも通夜に参列する人の方が多いといわれています。

死亡判定に通夜が必要だった?

通夜には昔、故人の確実な死亡を確かめるという実用的な意味もあったようです。

医学が発達していない時代は死亡の確認が不正確で、葬儀中に息を吹き返す人もいたという逸話も伝わっています。遺された人々にとっては、埋葬後に故人が息を吹き返さないかということも、心配の種だったようです。

今も残る、遺体の上に守り刀を置いて故人の霊を守る風習

なお、現在でも、通夜から葬儀の間までは遺族が寝ないで遺体を見守り、線香を絶やさないという風習が根付いている地域もあります。また、故人の遺体の上に守り刀と呼ばれる短刀を置いて魔性のものから故人を守るという風習は、今も全国各地で残っています。

>>「守り刀」とは?故人の霊を魔から守る刀の由来、使い方などについてご説明します。

近年は半通夜が主流

本来の通夜は一晩かけて行われていました。「夜通し」行うため「通夜」という名前になったと考えられています。数時間で終わる通夜は「半通夜」と呼ばれており、今では半通夜が主流になっています。これに対して一晩かけて行う通夜を「本通夜」ということもあるようですが、通夜といえばほとんどの場合、この「半通夜」を指しています。また葬儀の種類によっては直葬や一日葬など通夜を行わないお別れのかたちや葬儀もあります。

半通夜で一般参列者の焼香も終わって弔問客が帰った後、遺族のみで夜通し線香の見張りをするといった「半通夜+本来の通夜」といった形で通夜を行う地域もあります。

最近では、葬儀社の会館でも、宿泊が可能だったり、また仮眠ができる施設が整っているセレモニーホールも増えてきました。中にはホテルのようにきれいなリビングや寝室、キッチンなどを備えたホールや、一軒家をそのまま使える会館も登場しています。故人との最後の夜である通夜を、快適な空間で過ごしてほしいというものです。

>>葬儀会館を選ぶポイントは?葬儀の事前相談についてはこちら

通夜の日程

通夜の日程は、基本的には葬儀の前日です。

亡くなった当日に行う仮通夜、翌日に行う本通夜があります。亡くなった時刻や、地域によっては逝去した当日に通夜を行うこともあります。

また、葬儀の日程は、菩提寺や喪主、遺族の都合や、火葬場、葬儀式場の空き状況など、スケジュールを調整して決定します。場合によっては亡くなった日から数日待たなければならないこともあります。このような場合、通夜の日程も亡くなった日から2日以上過ぎて行うこともあります。

通夜が行われる時間帯は?

通夜が行われる時間帯は通夜振る舞いまで含めると、だいたい18時から21時くらいというのが一般的です。

まず、通夜の開式時刻は18時から19時くらい。予想される参列者の人数などにもよりますが、受付は通夜開式の1時間から30分ほど前に開始します。

葬儀式場に宗教者が入場して通夜がはじまります。

仏式の場合、導師を迎え、読経と焼香が行われますが、通夜そのものが行われている時間は1時間ほどです。

その後、参列者に飲食を振る舞う、通夜振る舞いがあります。こちらは1時間から2時間ほどです。

地域の習わしや参列者の人数などにもよりますが、散会は夜、20時から21時くらいというのが一般的です。

通夜の流れ

仏式の場合、僧侶の入場からはじまり、読経、焼香と続きます。また、都市部では葬儀・告別式より通夜に参列する参列者の方が多いともいわれています。

一般的な通夜の流れ

ここでは東京近郊のケースを例に、仏式の通夜の一連の流れについてご説明します。

通夜の準備

通夜の進行そのものは、葬儀社が行います。喪主や遺族は、事前に通夜の全体の流れ、焼香や喪主あいさつのタイミングなど、葬儀担当者に確認しておきます。また、供花・芳名板の並び順なども、受付がはじまる前に確認しましょう。

このほか、世話役など、通夜を手伝ってくれる方へのあいさつ、僧侶(導師)のお迎えなどがあります。

受付から通夜の開始まで

参列者の受け付けは1時間から30分ほど前から始めます。

受付け係は、参列者に記帳してもらい、香典を受け取り、会計係に渡します。会計係は参列者から受け取った香典を記帳、計算し、保管・管理します。

一方、世話役は参列者がそろったら、その人数を葬儀社に伝え、通夜振る舞いの数量を確認します。世話役がいない葬儀では、葬儀担当者が行います。

通夜

喪主、遺族、参列者が着席し導師が入場すると、通夜がはじまります。読経、焼香と続きます。

通夜振る舞い

通夜の後は、参列した弔問客、手伝ってくださった方々に食事や酒などを振る舞います。

地域によっても違いはありますが、例えば東京近郊では通夜の参列者は全員、通夜振る舞いの席に招かれます。焼香を終えた参列者から順に、そのまま通夜振る舞いの席に案内されます。この場合、飲食を共にすることが供養になるということから、一口でも箸をつけるのがマナーといわれています。

通夜の後

参列者が帰った後は、葬儀担当者と葬儀・告別式について打ち合わせを行います。また、出棺時の動きや返礼品の数などについても、確認します。

この後、喪主や遺族は故人のそばで一夜を過ごします。しかし、式場によっては、宿泊や仮眠の設備が整っていない施設もあります。

*東京近郊の例です。お通夜、お葬式の流れは地域によっても異なります。詳細は葬儀社の担当者にご確認ください。

通夜のタイムスケジュールの一例(仏式・18時開式の場合)

17:00 受付開始

お通夜開始の1時間から30分くらい前から受付を開始します(予想される参列者の数、お葬式の規模などにもよります)。受付係をあらかじめ決めておき、親族や遺族は斎場にて弔問客をお迎えします。

17:45 遺族・親族入場

開始時間の15分前くらいになったら、遺族・親族も会場にて着席します。

17:55 導師(僧侶)入場

通夜が始まる少し前に、導師(僧侶)が入場します。

18:00 開式

司会者の進行で、通夜を開始します。

導師(僧侶)によって読経が行われます。(約15分)

読経が始まりしばらくすると、お焼香が行われます。葬儀を行う場所などによっては、着席したままお焼香する場合があります。一般の弔問客は、焼香の前後に遺族に対して黙礼しましょう。

読経が終わると、導師(僧侶)による法話が行われます。

18:50 導師(僧侶)退場

法話を終え、導師(僧侶)が退場します。

19:00 閉式・通夜終了

通夜閉式の際に、司会より通夜振る舞いの席への案内があります。焼香を終えた参列者が順次通夜振る舞いの席へ移る場合もあります。

19:05 通夜振る舞い(1~2時間程度)

20:00 通夜振る舞いの席散会

喪主または世話役などがお礼の言葉を述べて解散になります。

通夜での焼香の順番

焼香は故人や喪主に縁が近い人から順に行っていきます。

以下に一般的な焼香の順番を記載していきます。ここでは父親が亡くなり、長男が喪主を務めた場合を仮定しています。

1.喪主

2.故人の配偶者

3.喪主の妻と子

4.喪主の兄弟姉妹とその家族世帯(兄弟姉妹の年齢順に、家族単位で)

5.故人の兄弟姉妹(やはり年齢順に、家族単位で。以下同じ)

6.故人の配偶者の兄弟姉妹

7.喪主の配偶者の親

8.喪主の配偶者の兄弟姉妹

9.喪主の父方の従兄弟や従姉妹

10.喪主の母方の従兄弟や従姉妹

11.一般の参列者

*焼香の順序については、各家庭の希望によっても異なります。判断ができない場合には、親族の中でも年長者などに確認し、決めてもらうという方法もあります。

通夜振る舞いでの注意点

通夜振る舞いという会食は、故人を偲ぶために行われます。

地域によって通夜振る舞いにも差異があり、料理が出るもの、お茶やお菓子をいただくもの、お菓子などのお土産を持ち帰るだけのものなどさまざまです。

通夜振る舞いの席では、喪主は最後に食べるのが一般的ですが、参列者の人数によっては一緒に食べ始めることもあります。故人の思い出話などを語らいながら飲食をともにし、20時から21時くらいには散会となるのが一般的です。

通夜振る舞いの席での喪主の挨拶の一例

通夜振る舞いの前、または後に、喪主が挨拶を行う場合もあります。

地域によって違いもありますし、通夜振る舞いの席に着く方の人数等によっても異なります。迷ったときには葬儀担当者に確認しましょう。

通夜振る舞いの前に挨拶を行う場合

「本日はお忙しい中、お越しいただき誠にありがとうございました。

(故人)も喜んでいると思います。

ささやかではございますがお食事を用意させていただきました。

お時間の許す限り、生前のお話などお聞かせいただければ幸いです」

通夜振る舞いの後に挨拶を行う場合

「本日はご多忙中にもかかわらずお越しいただきまして誠にありがとうございました。

おかげさまをもちまして、滞りなく通夜を行わせていただくことができました。

夜も更けてまいりました。

この後は家族で見守りますので、お足元に気をつけて、どうぞご自由にお引き取りください。

本日は誠にありがとうございました」

通夜での僧侶のもてなし方。ご膳料・お車代はどんな時に必要?目安は?

通夜にあたっては、僧侶が到着したら挨拶をして控え室へ案内し、お茶とお菓子をお出しします。

その場で改めて喪主として本日お世話になることについて挨拶をし、通夜の内容などを確認します。

通夜が終了したら再び控え室へ案内し、お茶とお菓子をお出しして読経のお礼を述べます。

通夜振る舞いにもできるだけ参加してもらい、喪主自ら上座にご案内します。

宗教者が通夜振る舞いに同席しない場合の御膳料にはいくら包む?

都合によって通夜振る舞いに同席してもらえない場合は、控室にいる段階で「お膳料」と「お車代」を封筒に包み、お渡しします。

お膳料は5,000円~10,000円、お車代は5,000円程度が目安ですが、寺院との関係にもよります。また、遠くから来ていただいている場合は、交通費以上のお車代をお渡しするのが一般的です。その後、翌日の葬儀の打ち合わせや相談を行い、お帰りの場合は建物の外までお見送りします。

お布施などの目安は、それぞれの寺院との付き合いによっても異なります。地域や宗旨宗派などによっても独特の習わしがあることもあります。迷ったときには葬儀の担当者に確認しましょう。

通夜と参列のマナー

最後に、お通夜と参列のマナーについて簡単にまとめました。

通夜と葬儀、どっちも出ないと失礼?どちらか選ぶ場合は?

通夜の意味を考えれば、故人との関わりが深い人はお通夜と葬儀に、それ以外の人は葬儀に参加するというのが望ましいでしょう。

しかし近年ではお通夜と葬儀が一連の儀式のように考えられている傾向もあります。

故人との関係にもよりますが、何らかの都合で通夜か葬儀のどちらかにしか参列できない場合は、葬儀の方へ参加した方が良いでしょう。

どうしても都合がつかず葬儀に参加できない場合は、通夜のみの参加でもかまいません。特に首都圏などでは、通夜にのみ参列する弔問客も増えています。

通夜部振る舞いの席には着くべき?

通夜振る舞いの席に着くかどうかは、地域によってもその習わしが異なります。東京や首都圏のように通夜の参列者は全員通夜振る舞いの席に移動して、一口でも箸をつけるのがマナーというところもあれば、通夜振る舞いの席に着くのは身内やごく親しい人だけという地域もあります。また、通夜振る舞いの席にどのくらい残るかどうかは、場合によります。食事に箸をつけるだけで帰ることもあれば、反対に故人の想い出話などをゆっくり語らうこともあるでしょう。

この時気を付けたいのが遺族の体調です。身内の死で疲れていることもあります。参列者はこの辺りのことも配慮しておくとよいでしょう。

また、会場によっては閉館の時間が定められているところもありますので、それまでには通夜が終わるように進行します。

通夜に関するよくあるご質問

Q. 通夜に参列する際、服装は必ず礼服でなければならないのでしょうか?

A. 遺族や親族は正式礼装ですが、一般会葬者は、準礼服や略礼服で参列します。急に駆けつけなければならないこともあるので、喪服でなければならないわけではありません。仕事帰りにスーツにネクタイだけ黒いものにするといった服装で参列する方も多数います。

また、気になるお子さんの服装ですが、制服がある場合には制服を着用しましょう。制服がない場合、男の子は黒・紺・グレーなどのブレザーとズボン、女の子は黒・紺・グレーのブレザーとスカート、またはワンピースを着用するとよいでしょう。

 

Q. 仕事でお通夜の開始時刻に間に合わないかもしれないのですが、失礼にあたりますか?

A. 受付が開いている時間であれば、お通夜開始時刻に遅れて到着しても問題ありません。お通夜振る舞いが終わるまでに到着できるようであれば、焼香だけでもさせていただくと良いでしょう。

 

Q. 通夜の途中で帰ることは失礼にあたりますか?

A. どうしても都合がつかなかった場合(お子さん連れや体調不良など)には、あらかじめ喪主や遺族に途中で退出することを伝えておきましょう。また、退出のタイミングとして読経中は絶対に避けましょう。お通夜会場の後ろの席に座り、焼香した後に場の雰囲気を壊さないように、静かに退出しましょう。

地域によっては焼香の後、すぐに通夜振る舞いの席に移る場合もあります。この場合、通夜振る舞いの席で食事に箸をつけたら、辞去しても問題はありません。

 

Q. お通夜振る舞いに参加する場合のマナーはありますか?

A. お通夜振る舞いに関するマナーは、地域によって異なります。一般的に関東方面では、一般会葬者も含めてお通夜振る舞いに参加します。関西方面では、遺族や親族のみで行うことが多いようです。地域のしきたりに合わせるようにしましょう。

参加したら、お箸をつけることが供養になるとされているので、一口でも頂くのが礼儀です。遠慮するのではなく、頂くようにしましょう。しかし、長居は禁物です。遺族の体調なども考慮して30分程度で退席するようにしましょう。

 

Q. 「清め塩」をもらったのですが、使い方がわかりません。どのように使うのですか?

A. 清め塩は、玄関をまたぐ前に使います。塩はひとつかみの量を、胸→背中→足元の順番でかけて軽く払います。誰かほかの人にかけてもらうのが良いですが、1人の場合には1人で行ってもかまいません。また、宗旨宗派によっては清めの塩を用いない場合もあります。

なお、清め塩は、食べ物としては使えませんので注意してください。

まとめ

通夜は告別式の前日の夜に行います。

本通夜と半通夜がありますが、主流となっているのは半通夜です。

お通夜の際には焼香の順番、通夜振る舞いでの挨拶、僧侶のもてなし方などに注意してください。

葬儀とお通夜の両方に出席するのが通常ですが、どちらか1日しか都合がつかない場合は葬儀にのみ出席しても構いませんし、通夜にのみ出席しても大丈夫です。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

4.93/5 (15)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す