島根県の葬儀・葬式

「日本最大級の葬儀相談・依頼サイト「いい葬儀」では、お客様の状況に合わせた葬儀のご提案と葬儀社選びのサポートをしています。近隣病院からの移動が必要なお客様には、お近くで安置施設のある葬儀場・斎場や即時対応できる葬儀社をご案内しますので、深夜・早朝を問わずいつでもご相談ください。

島根県の葬儀相場

112万円

出典:第3回お葬式に関する全国調査(2017年)

火葬式
-
家族葬
-
ご予算、ご希望に合わせた
プランをご紹介します!

※出典:第3回お葬式に関する全国調査(2017年)

葬儀でお困りのご家族様を「いい葬儀」が全力でサポートします

葬儀の相談
依頼・見積り

0120-393-100

24時間365日無料相談/いい葬儀お客様センター

深夜・早朝、お急ぎ対応も
葬儀の専門相談員が承ります

  1. STEP 1

    まずはお電話ください

    お客様のご状況に合わせて、葬儀のご案内をいたします。
    お客様センターは24時間365日、専門相談員が常駐して対応しております。

    最初のお電話で、以下の情報をお知らせいただけますとスムーズです。

    お電話で伝えていただきたい情報

    • お電話されている方の氏名(フルネーム)と連絡先電話番号
    • 故人様のお名前と続柄
    • 故人様の居場所の確認(ご指定の病院または警察署)
  2. STEP 2

    ご希望に合った葬儀社をご紹介

    お客様のご希望をお伺いし、ご希望に合った葬儀社をご紹介します。
    病院・警察からの移動が必要な場合は、葬儀担当者がすぐに伺い、指定の安置場所までお送りします。

    ※万一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能です。

  3. STEP 3

    葬儀のお打ち合わせ/ご契約

    安置が終わりましたら、葬儀社との打ち合わせを行います。
    ご契約の前には、サービス内容や葬儀金額など、納得いくまでお話されることをおすすめします

  4. 葬儀の相談
    依頼・見積り

    0120-393-100

    24時間365日無料相談/いい葬儀お客様センター

島根県で葬儀・葬式を行う

数字で見る島根県のお葬式

お葬式自体にかかった費用 1,118,889円
飲食費 200,000円
返礼品費用 210,000円
会葬者の人数 80人
参列者からのお香典の合計 873,333円

島根県の葬儀事情

島根県は、葬儀の前に火葬を行い遺骨で葬儀を行う「前火葬」が多い地域です。
出雲大社のお膝元であることから、大安の日も葬儀をさける風習があります。
石見などの西部地域では通夜が主体となり、出雲などの東部では葬儀・告別式が主体となる傾向があります。
また、通夜の焼香客を軽い食事などでもてなす「通夜振る舞い」は一般の参列者には行わず、親族を中心にそばなどが出されます。
とはいえ一部地域では、通夜に近隣の人たちが集まり、にぎやかに故人と夜を過ごす風景も見られるようです。
会葬の返礼品や香典返しは、町会などの取り決めで辞退することがあるので、事前に確認しておきましょう。
香典返し辞退の場合も、あいさつ状は渡すことが多いようです。
一般的には会葬御礼として葬儀当日に1,000円くらいの茶などを渡し、高額の香典をいただいた人には四十九日後に香典返しを行います。

葬儀でお困りのご家族様を「いい葬儀」が全力でサポートします

葬儀の相談
依頼・見積り

0120-393-100

24時間365日無料相談/いい葬儀お客様センター

深夜・早朝、お急ぎ対応も
葬儀の専門相談員が承ります

  1. STEP 1

    まずはお電話ください

    お客様のご状況に合わせて、葬儀のご案内をいたします。
    お客様センターは24時間365日、専門相談員が常駐して対応しております。

    最初のお電話で、以下の情報をお知らせいただけますとスムーズです。

    お電話で伝えていただきたい情報

    • お電話されている方の氏名(フルネーム)と連絡先電話番号
    • 故人様のお名前と続柄
    • 故人様の居場所の確認(ご指定の病院または警察署)
  2. STEP 2

    ご希望に合った葬儀社をご紹介

    お客様のご希望をお伺いし、ご希望に合った葬儀社をご紹介します。
    病院・警察からの移動が必要な場合は、葬儀担当者がすぐに伺い、指定の安置場所までお送りします。

    ※万一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能です。

  3. STEP 3

    葬儀のお打ち合わせ/ご契約

    安置が終わりましたら、葬儀社との打ち合わせを行います。
    ご契約の前には、サービス内容や葬儀金額など、納得いくまでお話されることをおすすめします

  4. 葬儀の相談
    依頼・見積り

    0120-393-100

    24時間365日無料相談/いい葬儀お客様センター

島根県でよく利用される葬儀場・斎場

葬儀でお困りのご家族様を「いい葬儀」が全力でサポートします

葬儀の相談
依頼・見積り

0120-393-100

24時間365日無料相談/いい葬儀お客様センター

深夜・早朝、お急ぎ対応も
葬儀の専門相談員が承ります

  1. STEP 1

    まずはお電話ください

    お客様のご状況に合わせて、葬儀のご案内をいたします。
    お客様センターは24時間365日、専門相談員が常駐して対応しております。

    最初のお電話で、以下の情報をお知らせいただけますとスムーズです。

    お電話で伝えていただきたい情報

    • お電話されている方の氏名(フルネーム)と連絡先電話番号
    • 故人様のお名前と続柄
    • 故人様の居場所の確認(ご指定の病院または警察署)
  2. STEP 2

    ご希望に合った葬儀社をご紹介

    お客様のご希望をお伺いし、ご希望に合った葬儀社をご紹介します。
    病院・警察からの移動が必要な場合は、葬儀担当者がすぐに伺い、指定の安置場所までお送りします。

    ※万一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能です。

  3. STEP 3

    葬儀のお打ち合わせ/ご契約

    安置が終わりましたら、葬儀社との打ち合わせを行います。
    ご契約の前には、サービス内容や葬儀金額など、納得いくまでお話されることをおすすめします

  4. 葬儀の相談
    依頼・見積り

    0120-393-100

    24時間365日無料相談/いい葬儀お客様センター

島根県のお葬式のしきたり

隣の県にお茶を買いに行く?

島根県では不幸のことを、「広島にお茶(あるいは綿)を買いに行く」という言い方をする場合があります。広島とは巌島の弥山を指しており、この山は霊の集まる霊場とされています。

お葬式に赤飯?

葬儀にお赤飯を出す風習は、全国的に見られる風習ですが、島根県にもこの風習が残っています。
お赤飯を出す理由としては、長寿を全うして大往生された故人へのお祝いです。
また、災いを福に転じさせるという「縁起直し」ということから、葬儀にお赤飯を食べるという説もあります。
鳥居の赤に見られるように、古来より赤は邪気を祓い、厄を除ける力があるとされていました。
冠婚葬祭は、ある意味非日常の世界です。
お赤飯は、その非日常の世界との距離が近くなる時に食べられていたといわれています。

忌中に竹を立てる?

全国的にも、不幸があった時、「忌中」と書かれた張り紙をするのは広く見られる風習です。
一方、島根県の松江市などでは、家の門の両脇に竹を立てることがあります。
家の門に竹を立てると聞くと、お正月の門松に似ていると思いませんか?
門松には、年神様を迎える準備として「門を清め、家の中に邪気が入るのを防ぐ」という意味がありますが、忌中のしるしとして立てるこの竹にも、同じ意味があるようです。

島根県のお葬式に参列する

浄土真宗の熱心な信徒が多い西部地域では、葬儀でも本を見ずに読経できる人が多く、慣れない参列者は驚くかもしれません。
大抵の場合は経本が配られるので、それを見ながら合わせるとよいでしょう。

通夜の時間は決まってない?

島根県の一部地域では、通夜の開始時間を決めていないという風習があります。
葬儀式場でお葬式を行う場合は式場の都合で通夜時間は決められていますが、自宅で行う場合は、弔問客は思い思いの時間に喪家を訪れ、焼香をします。

葬儀社に聞いた葬儀しきたり

お葬式経験者に聞いた葬儀しきたり

出雲市 近所の方が食事を作る。(女性 42歳)
出雲市・雲南市 テレビで著名人の葬儀を見ていると、葬儀の後会葬者が火葬に向かう霊柩車を見送っているが、私の住んでいる地方では、通夜の翌日火葬を先に行い、葬儀、告別式を後から行う。よって葬儀の時は祭壇の真ん中にお骨がお
大田市 火葬後に、お通夜と告別式。(女性 41歳)
雲南市 ご会葬御礼のハガキ以外お返しはしない。(男性 57歳)
奥出雲町 香典返しは基本的に行わない。社会福祉協議会への寄付をもって充てる。(男性 52歳)
鹿足郡吉賀町 近所の組と言われる人達がお手伝いをする人数が足らなければ隣の組から2~3人借りる。(女性 54歳)

島根県の葬儀のしきたりQ&A

Q:お寺へのお布施の目安はありますか。
A:島根県では、葬儀に複数の僧侶が来ることが多く、お布施に迷うこともあるでしょう。僧侶は位の高い順に道士、副道士、役僧となり、「三仏二役(さんぶつにやく)」といえば道士1名、副道士2名、役僧2名が葬儀に来ます。お布施に関しては、詳しくは直接お寺に尋ねるか、葬儀社に確認しましょう。

いい葬儀 ご案内の流れ

  1. STEP 1

    まずはお電話ください

    お客様のご状況に合わせて、葬儀のご案内をいたします。
    お客様センターは24時間365日、専門相談員が常駐して対応しております。

    最初のお電話で、以下の情報をお知らせいただけますとスムーズです。

    お電話で伝えていただきたい情報

    • お電話されている方の氏名(フルネーム)と連絡先電話番号
    • 故人様のお名前と続柄
    • 故人様の居場所(ご自宅、病院、警察署など)
  2. STEP 2

    ご希望に合った葬儀社をご紹介

    お客様のご希望をお伺いし、ご希望に合った葬儀社をご紹介します。
    病院・警察からの移動が必要な場合は、葬儀担当者がすぐに伺い、指定の安置場所までお送りします。

    ※万一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能です。

  3. STEP 3

    葬儀のお打ち合わせ/ご契約

    安置が終わりましたら、葬儀社との打ち合わせを行います。
    ご契約の前には、サービス内容や葬儀金額など、納得いくまでお話されることをおすすめします。