大分県の葬儀・葬式

大分県は、身内の人が亡くなった時、親近者のみで食卓を囲み静かに故人をしのぶ「別れ膳」というしきたりが残っています。通夜振る舞いと違い、一般参列者は同席しないのが習わしです。

県内の一部では「三度回し」「棺回し」という風習があり、出棺の際に親近者で棺を持ち、……[続きを見る]

大分県

大分県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

大分県の葬儀事情

大分県の葬儀の風習・しきたり

大分県は、身内の人が亡くなった時、親近者のみで食卓を囲み静かに故人をしのぶ「別れ膳」というしきたりが残っています。通夜振る舞いと違い、一般参列者は同席しないのが習わしです。

県内の一部では「三度回し」「棺回し」という風習があり、出棺の際に親近者で棺を持ち、三度回わし故人の方向感覚をなくし二度と戻ってこられないようにし、迷わず冥土へ行けるようにという願いが込められています。また、回るという儀式を行うことで、現世の罪をなくす「減罪信仰」からとも言われています。

その他、大分県では出棺の際、故人が愛用していた茶碗を割る「茶碗割り」という風習も残っており、現世との未練を断つという意味が込められています。

大分県の葬儀の規模、参列者数

大分県でも一昔前までは、一角の名を残した人は、それなりに盛大な葬儀を行っており、親戚・縁者を始め地域ぐるみで大勢参列していたようです。
しかし、近年は、沿岸部は大企業の進出により都市化が進み、人口も増加してお寺中心の檀家制度が薄れてきています。新しく移住してきた人達は、葬儀社などを利用して、かなり費用を抑えた葬儀が執り行われており、参列者も親戚、友人、知人に限られているようです。
でも、山村や農村部では、今でも自治会というより隣組という連帯感が強く、何かあれば全員で協力するという風習が根強く残っています。葬儀に関しても喪中の家を中心に通夜から火葬、精進落としまでを総出で裏方に徹します。

大分県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

大分県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100
お葬式のことならなんでも相談ください 24時間365日 0120-393-100 相談無料