三重県の葬儀・葬式

三重県の葬儀でのしきたりや風習

三重県では葬儀後に火葬をする後火葬や前に行う前火葬、火葬自体を通夜前に行ってしまう場合など火葬をいつ行うかのきたりが混在しています。自分のいる地域は、地域的にいつ火葬を行うのか、もしくは宗派によって火葬をいつ行うか決まっている地域なのかを菩提寺や近隣住民、葬儀屋と確認の上行う事をお勧めします。

また、三重県では葬儀後に行われる精進落としのせきで出立ちの膳と呼ばれる簡単な精進料理の膳が近親者に振る舞われます。この際に、くわなを含む一部地域では、カツオと胡椒で作った「涙汁」と呼ばれる辛い汁物が出されます。涙を流すために出される汁、と言われていることから涙がにじむほど辛く作られることが多いようです。

三重県の香典に関する特色

三重県では通夜の席で香典以外に「夜伽見舞い」「お淋しお見舞い」と呼ばれる品物や現金を渡します。品物の場合にはお菓子やまんじゅう、酒などが多く、大抵の場合には通夜後に持ち寄った食べ物を食べながら通夜の参列者達で故人を偲びます。また、通夜の席で余ってしまった場合には参列者たちへ配られます。伊勢市では、現金を渡す場合が多く、2000円から3000円を別で包むことが多いようです。
名張市では「村香典」と呼ばれる風習がいまだに残っています。近隣住民や組と呼ばれる近隣住民の集まりみんなで決められた1000から3000円ほどの香典を出すという風習で、交流のない人の場合でも決められた金額を香典として出します。

三重県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

三重県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

三重県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100