葬儀式・告別式(一般葬)

葬儀式・告別式とは?

葬儀式・告別式 一般にお葬式で会葬者が参列する場は「葬儀・告別式」と呼ばれています。
しかし、厳密に言うと「葬儀式」と「告別式」は本来別のものです。

「葬儀式」とは、遺族やごく親しい知人が中心となって故人の冥福を祈り、魂を浄土に送るために行われる儀式です。宗教的な意味合いが強く、僧侶が読経を行うなど、しばしば宗教儀礼によって執り行われます。
一方、「告別式」は、友人や知人が故人と最後のお別れをする社会的な式典です。本来は葬儀に続いて会葬者全員で、遺骨を墓地に埋葬する前に行う儀式でしたが、最近では、一般の会葬者全員が火葬場まで行くことがなくなったために、会葬者の焼香を中心に行われるようになりました。

このように、葬儀と告別式は、本来別々の式であり、葬儀が終わった後、あらためて告別式が開始されるのが通例でした。しかし現在では、葬儀と告別式を分けず、「葬儀・告別式」として一緒に行われることが多くなっています。

なお、近年では葬儀には行かず、「通夜」に会葬する方が多くなっています。
本来、通夜は近親者が最後のお別れをする場であり、特に親しかった者以外は弔問しないことが普通でした。しかし、現在では、多くの人が仕事のため昼間に行われる葬儀を避け、夜行われる通夜に会葬されるようになっています。

葬儀式・告別式が行える葬儀社、斎場・葬儀場をご案内いたします

24時間365日受付 通話無料

お電話0120-393-100

メールで無料一括見積り
葬儀のご相談・お見積もり・ご依頼は「いい葬儀」にお任せください。
葬儀をお急ぎの方専用電話
急ぎの方はこちら 無料見積もりはこちら
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」