葬儀費用を押さえたい。追加料金を断るにはどうしたら?葬儀を安く済ませる方法を教えます


お葬式は突然必要になるものです。葬儀会社にお任せすることもできますが、何も分からないまま任せきりにしていると、不必要に盛大なプランを提案されて高額になってしまったり、オプションを次々追加されて費用が膨らむといったトラブルに見舞われることがあります。こういった事態を防いで後悔のないお見送りをするには、予め葬儀費用の相場や葬儀費用を抑える工夫を知っておく必要があります。ここではそれらについて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

一般的な葬儀・お葬式の内容と平均費用

まずは一般的な葬儀の流れを押さえておきましょう。

まず、故人は通夜までの間、枕飾りとよばれる簡易の祭壇を整えて安置されます。僧侶による読経を終えた後お別れを済ませ、それから棺に納めることになるのです。その後通夜、葬儀と行い、火葬場で火葬します。

こういった流れを踏まえた上で、費用について考えてみましょう。葬儀にかかる費用は大きく3つに分けることができます。まずは葬儀会社に支払う費用です。祭壇や棺といった物品や、駐車場係や進行役を務める人の人件費などがこれに当たります。

次に火葬にかかる費用です。火葬場使用料や参列者の飲食費用、香典返しなどがこれに当たり、参加人数が多くなればそれだけ費用は大きくなります。

最後に僧侶などの宗教者に支払う費用があります。お布施やお車代、御膳料などが含まれます。
これら3つを全て含めたものが葬儀費用となり、全国平均では約200万円かかると言われています。

 

家族葬(密葬)の内容と平均費用

通夜や告別式の参列者を、近親者やごく近しい人だけで行う葬儀を、家族葬、あるいは密葬と言います。最近では家族葬を選択する人が増えており、葬儀そのものが小規模化していると言えます。家族葬は参列者を限定しているため、対応に追われることがなく、ゆっくりと最後のお別れを行うことができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

参列者を限定すること以外、一般的な葬儀と流れは変わりません。予め参列者の数を予想することができるので、式場の準備もしやすくなります。

参列者の数は5から50人ほどの規模になることが多く、平均費用は30万円から50万円ほどになることが多いです。ただし参列者が少ないことはそのまま香典の金額が限られることを意味するので、葬儀費用は持ち出しになることが多くなります。また、参列できなかった人が後日改めて弔問に訪れることがあり、その対応が必要になる面も忘れてはいけません。

 

直葬・火葬で費用はさらに抑えられる

家族葬よりも更に費用を抑えたいのであれば、直葬や火葬を選択するのがいいでしょう。これは通夜や告別式を行わない葬儀で、ご遺体を安置してから棺に納め、火葬のみを行います。お経は火葬炉の前で僧侶にあげてもらいます。一般参列者は招かず、ごく数人でのみ行うのが特徴です。

直葬は20~30万円前後で行うことができるため、一般的な葬儀に比べると大幅に費用を抑えることができます。葬儀会社の中には「10万円で直葬ができる」と謳っているところもありますが、この場合必要な物品やサービスが含まれておらず、後で多くの追加費用が発生するところが多いため、事前にしっかりと確認することが重要です。

 

葬儀費用を抑える3つのポイント

葬儀費用を抑えるためには、予め工夫を知っておく必要があります。ここでは3つのポイントを紹介します。

まず葬儀費の補助や扶助制度を利用します。例えば国民健康保険に加入している人なら、亡くなってから2年以内に申請すれば、1~7万円の葬祭費を受け取ることができます。社会保険加入者の場合は5万円の埋葬費を支給してもらうことも可能です。具体的な金額や手続きについては、葬儀後に自治体や保険事務所に問い合わせてみてください。

2つめは葬儀の保険やサービスを利用するという方法です。保険会社の中には葬儀に特化したサービスを提供しているところもあります。細かな契約条件に違いはありますが、加入の際に医師の診断は不要で、高齢であっても契約できるものが多いので、葬儀費用が心配な人は加入しておけば、遺族の負担を大きく減らすことができます。

最後は寺手配のサービスを利用するという方法です。現時点でお世話になっているお寺がないのであれば、葬儀に来てもらう僧侶の手配サービスを利用すれば、費用を抑えることができます。

 

葬儀費用を抑えつつゆっくりと故人を見送るために

一般的な葬儀を行うと、平均して200万円ほどのお金が必要になります。費用を抑えたいなら、参列者を限った家族葬がおすすめです。宗教的な儀式にこだわりがないのであれば、儀式を省いた直葬を選ぶのもいいでしょう。ただし、参加できなかった参列者から後になって文句が出たり、人間関係にしこりを残してしまうこともあるので、費用だけに注目するのではなく、生前の故人の人間関係を十分に考えた上で決める必要があります。葬儀費用を抑える工夫は、葬儀自体を小規模にするばかりではありません。使えるサービスはしっかり使いましょう。

葬儀が必要になってからでは、十分な検討や準備をしている時間はありません。予め知識を蓄えておくことで、故人と悔いのないお別れをすることができます。

5/5 (6)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。