富山県の葬儀・葬式

富山県の葬儀の風習・しきたり

富山県の葬儀の風習・しきたりとして、出棺のときに、棺につなげた白いさらしの布の端を遺族がもって引っ張る風習があります。この風習はもともと野辺送りの葬列で実施されてきた「善の綱」と呼ばれるしきたりだったのです。その「善の綱」とは、亡くなった方を善処に導いていく綱という意味であって、藤原道長の日記である「御堂関白記」にある、
「来迎仏の手から5色の糸が垂れ、道長の手に結ばれる」という記述が由来となっているようです。また、富山県の呉西地区では、喪主の方と親族一同が白装束を身に着けて火葬場に向かう風習があります。

富山県の特殊事情

富山県の特殊事情として、喪服は「黒」がセオリーですが、白装束には違和感があるかもしれませんが、むかしから日本では、もともと「白」が喪服の色でした。喪服の色が変わったのは、
西洋の喪服の色であった「黒」を真似した明治時代のことです。それでも「黒」の喪服が大衆に浸透するまでにはずいぶん時がかかったようです。そう考えると、遺族が白装束で亡くなった方と最後のお別れをすることが理解できます。また、富山県では、お葬式の祭壇に「死花花(しかばな)」を飾るのがセオリーです。「死花花」は、「四華花」や「死華花」とも書かれます。死花花を飾るのは、亡くなった方が涅槃(ねはん)に入ったことの表れともいわれています。

富山県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

富山県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

富山県のお客様の声

2012年05月01日 富山県 S様 対応葬儀社: アイシン葬儀社
細部にわたりよく対応していただいた。

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100