長崎県の葬儀・葬式

長崎県の対馬には、「水かけぎもん」とよばれる風習が残っています。水かけぎもんとは、個人の着物や服を干して、毎朝毎夕7日間水をかけるというもので、なぜ行われているか、詳しいことはよく分かっていません。けがれをはらうという意味なのではないか、と言われています。また、……[続きを見る]

長崎県

長崎県の葬儀社・斎場・火葬場・葬儀プラン

路線や駅・地図・キーワードからも探せます

長崎県の葬儀事情

長崎県の葬儀のしきたりや風習

長崎県の対馬には、「水かけぎもん」とよばれる風習が残っています。水かけぎもんとは、個人の着物や服を干して、毎朝毎夕7日間水をかけるというもので、なぜ行われているか、詳しいことはよく分かっていません。けがれをはらうという意味なのではないか、と言われています。また、水かけ着物という言葉が方言によってなまり「水かけぎもん」と呼ばれていると言われています。

また、長崎の一部の地域では幽霊が頭につけているような三角の白い布を近親者が頭につけ出棺する風習があります。現在ではあまり見られなくなりましたが、宝冠と呼ばれている布をつけて三途の川までお見送りをする、という、意味が込められています。

長崎県の香典と通夜振る舞い

以前は、長崎県では通夜振る舞いに使う米や菓子折りなどを「御目覚まし」と呼び香典の代わりにもってくる、という風習がありました。昨今では普通の香典を持参する参列者もいれば、「御目覚まし」と書いた香典袋を持参する人もいます。また、香典は香典として、「御目覚まし」には菓子折りを別で持参する場合もあります。
長崎県は、全国と比べ通夜がしめやかに行われると言われています。基本的には近親者のみが出席する場合が多く、通夜を行わない地域もあります。西に行くにつれ落ち着いていくと言われており通夜振る舞いもそれに合わせ酒が出ない、など落ち着いたものへ変わります。

長崎県の市区町村別 葬儀社・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を行いたい市区町村をお選びください。

特色・こだわりから探す

長崎県のお客様の声

お葬式のことならなんでもご相談ください

葬儀の費用はどれくらいかかるの?どんな準備をすればいいの?など葬儀に
ついて何をどうしたらいいのかわからない、
そんな方はまず、「いい葬儀お客様センター」にお電話ください。
お電話でのご相談も受け付けています。
お客様の「困った」や「こうしたい」を無料でお手伝いいたします。

24時間365日年中無休 葬儀専門スタッフがあなたの不安を解決します

電話相談・対面相談(無料) 0120-393-100