告別式での喪主(親族代表)のあいさつ例


親族代表のあいさつは、告別式終了時または出棺時に行われます。

ここでは主に、会葬者に対して故人に代わりお礼を述べます。

ここで紹介する文例のように、あいさつの流れや内容はある程度決まっています。

したがって、文面を考えるのはそれほど難しいことではありません。

話す段階では、悲しみが深く心に余裕がない場合もあるかもしれません。

そのときはうまく話そうとするよりも、心からの感謝の気持ちを伝えることに意識を向けましょう。

 

喪主の挨拶は代表の言葉

告別式では、事情がない限り喪主が親族代表としてあいさつをします。

あいさつの内容は、葬儀に参列してもらったことに対するお礼と、生前にお世話になったことに対するお礼が中心です。

典型的な例文をご紹介します。

「遺族を代表してごあいさつ申し上げます。本日はお忙しい中、○○の葬儀にご会葬いただき誠にありがとうございます。

生前、故人に寄せられた皆様の厚情に対し、心より御礼申し上げます。

私どもは未熟ではございますが、故人の教えを守り、精進していく所存です。

今後とも故人と同様お付き合いいただき、ご指導いただきますことをお願い申し上げます。」

短くてかまいません。ここに故人の生前の厚情や最期の様子などを加えることにより展開できます。

 

遺影

 

故人との間柄で挨拶の文面が違う?

基本的なお礼の文面は故人との間柄でそれほど変わりません。

展開する内容は、故人との間柄でエピソードが異なることがあります。

喪主が夫や妻の場合は、家庭での様子や、父または母として果たしていた役割を述べ、遺された家族で支えあって生きていくことを表明します。

喪主が子の場合は、子どものころからの父または母との思い出や人柄、励まされたことなどを述べます。

長い間過ごしてきた間柄だからこそ伝えられる故人への深い愛情と、悲しみを乗り越えようとする決意を含めましょう。

会葬者とともに、温かい気持ちで故人との別れをしのべます。

喪主のための挨拶例文

あいさつ文は、必ずしも典型例通りでなくてもよいです。

例えば喪主が子の場合、父親が忙しくて一緒に過ごした思い出があまりない場合もあるでしょう。

そこで「こうして多くの方が父とのお別れにお集まりいただいたことで、父を少し理解できたように思います」との文面をいれることで、最後に報われたような印象になります。

また、喪主が妻の場合、夫の仕事の関係などで苦労が多かったという場合もあります。

その際は、「苦労なさったのでは、と言われることも多いですが、夫とともに助けあいながら、充実した日々を送ることができて幸せでした」というような文面もいいでしょう。

夫とともに支えあい苦難を乗り越えてきた情景や愛情が思い浮かぶようです。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4.67/5 (3)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。