葬儀はどんな流れで行うの?【直葬・火葬式の場合】


近年では死の概念が多様化し、葬儀のスタイルも一般葬だけでなく、家族葬、一日葬、お別れ会などバリエーション豊かになりました。

また、宗教的儀式を行わない「直葬」を選択する方も少なくはありません。

直葬は至ってシンプルな流れで行われ、通夜・告別式を行わずに火葬するタイプを指します。

一般的な葬儀より料金が掛からないことが多く、参列者は故人の家族や、生前ごく親しかった人のみに限られ、周囲に気遣うことなく故人を偲べることができる反面、お別れの時間が通常の葬儀に比べ短いのが特徴です。

 

直葬の場合はすぐに火葬

前述したように、通夜や告別式はせずに火葬するのが直葬です。

人は亡くなってから24時間は火葬・埋葬をしてはいけないと法律で決まっていますので、丸1日は安置しておかなければならないのは直葬の場合も同じです。

葬儀計画を立てることや葬儀社との契約、自治体での手続きを終えてから、火葬当日を迎えるのが一般的です。

当日は故人を納棺し、参列者がそれぞれお別れを済ませたら葬儀をせずに出棺します。

その後、参列者が指定の火葬場へ赴きすぐに火葬となりますが、宗教的儀式を取り入れたい希望があれば、僧侶に炉前での読経をして貰え、焼香を行うことなども可能です。

直葬のプランは葬儀社によって異なる部分があり、依頼する際は担当者に相談しましょう。

 

時間

 

まずは直葬を行っている葬儀社へ連絡

故人がお亡くなりになった場所が病院などの医療施設である場合には、まず葬儀社へ連絡をします。

ご遺体を安置するための場所へ葬儀社が搬送してくれますので、故人の亡くなられた病院名など場所を間違えずに伝えましょう。

またその間に、ご遺族の方は医師に死亡診断書の発行をして貰い、確実に受け取ってください。

安置場所は、ご遺族の状況によって選択することが可能です。

ご自宅へご遺体を安置する際は搬送先がご自宅の一室となります。

マンションなどの集合住宅で共有部分のエレベーターが使えない(棺が入らない)場合など、ご自宅での安置が無理な場合は、葬儀社が用意する安置所へ搬送します。

ご遺体の搬送後に葬儀社の担当者と打ち合わせをし、死亡届の提出や火葬許可証の受け取りを役所にて行います(葬儀社が代行してくれる場合もあります)。

最近はお別れは身内だけで直葬をし、気持ちの整理がついてから、親しい人も呼んで散骨お別れ会などを開くケースもあるようです。

 

納棺から収骨まではどれくらいの時間?

故人の臨終から24時間以上が経過したら、ご遺体を安置している場所にて納棺が行われます。

最終的なお別れをしながらの納棺ですが、希望があればご遺体に法衣を着せることや、花入れなども行えるので、事前に葬儀社の担当者へ後悔のないように相談してください。

納棺は葬儀社スタッフから指示を受けながら、ご遺族や親族が中心となって行われます。

プランによりますが、長くても30分から40分程度で済まされ出棺に至るのが一般的です。

ご自宅や安置所より火葬場へ移動し、火葬が始まります。

荼毘(だび)に付された後、お骨上げまでは約1時間から2時間以上かかるでしょう。

安置所より火葬場までの移動距離などにより、かかる時間は異なりますが、納棺から収骨までは3時間前後かそれ以上かかる場合が多いです。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

4.8/5 (5)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。