散骨・手元供養・自然葬(樹木葬)

これまで、遺骨は墓地に埋葬するか納骨堂に納骨するものと決まっていました。
しかし最近では、遺骨を海や川、山などの自然に返して埋葬する「自然葬」を行うケースが増えてきています。自然葬には、風葬、鳥葬、水葬などさまざまな形がありますが、日本で一般に行われているのは、海や山へ遺灰の一部を撒く「散骨」と、墓標として墓石の代わりに樹木を植えて埋葬する「樹木葬」です。
その他、遺骨を加工または粉骨として自宅に置いて供養(これを「手元供養」と呼びます)する人もいます。
これらのサービスを行う葬儀社も、年々増えてきています。

自然葬や手元供養は、通常の埋葬方法とは大きな違いがあります。従来までの埋葬方法に親しまれている方にとっては、違和感を覚えることもあるでしょう。
そのため、自然葬を希望するなら、事前に家族や親族の同意を得ておくことが大事です。

散骨

散骨 「散骨」は、遺骨を山や海、川、あるいは宇宙などへ撒くことです。
遺体の廃棄や墓地以外への埋葬は違法なのですが、散骨については法務省から「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題はない」との見解を示されており、葬送の方法として認められています。

節度をもって行われる限り問題はない散骨ですが、土地には必ず所有者がおりますので、散骨する土地の所有者の許可を取る必要があります。自分や親族の所有地であっても、周辺住民や漁民の感情に配慮し、理解を得ておく必要があります。

また、散骨する際は、遺骨をそのままの形で散布せず「遺骨を2ミリ以下に粉砕しなければならない」と法律で定められているため、個人で散骨を行うことは難しいと思われます。必ず、散骨の扱いのある葬儀社か、散骨専門の業者に依頼するべきです。なお、散骨は一般的に、通常の葬儀を行った後、簡単な儀式とともになされることが多いようです。

遺骨加工(メモリアル品)

遺骨加工(メモリアル品) 遺骨を好きな形に「加工」するサービスもあります。
記念プレート状にして身近に置いたり、ペンダント状にして身につけたりすることができます。

粉骨・砕骨

「粉骨(砕骨)」は遺骨を細かく砕くことです。
通常は「散骨」や「遺骨加工」の一環として行いますが、粉骨だけのサービスを行っているところもあります。粉骨した遺骨は、小さな骨壷や何らかの入れ物、宗教的なオブジェに入れて、仏壇に置いたり、仏壇の代わりに置いてお祀りすることもできます。

自然葬(樹木葬)

「樹木葬」は、墓石の代わりに樹木などを墓碑として遺骨を埋葬する葬送方法で、墓地の種類の一つとされています。
死後も樹木となって生き続けるといった理由などから、最近は樹木葬を希望する人が増えてきており、また、自然環境にも優しいといった利点があるため、里山再生活動の一環として行われるケースも現れてきています。

樹木葬は「散骨」とは違って、墓地埋葬法に沿った葬送方法であり、通常の墓地と同様、埋火葬許可証が必要となります。墓地として許可された場所でしか行うことができない代わりに、遺骨を2ミリ以下に粉砕する必要はありません。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」