はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

神社やお寺のお賽銭はいくらが適正?語呂合わせ、集まったお金の使い道

新しい歳が始まりました。

新年を迎えるこの時期、話題に上りやすいのが「初詣」。いろいろなメディアで毎年のように取り上げられたり、特集が組まれたりしますが、中でも気になるのはお賽銭(さいせん)ではないでしょうか?

お正月くらいちょっと奮発した金額の方がいいのか?境内の中にある小さな社、摂社や末社までお参りした方がいいのか?などなど。今回はそんなお賽銭についての疑問を掘り下げてみたいと思います。

お賽銭とは?

お賽銭とは、願い事が成就した際に、そのお礼として神仏に捧げる銭、お金のことです。

お賽銭の「賽」という字には、「神仏へのお礼参り」、神仏から受けた恩恵に対して、お金や物でお礼をするという意味があります。古くはお金ではなく、お米や布などお礼の供物を納めていましたが、いつしか金銭をお供えするようになりました。さらに、お賽銭を入れることで、穢れをはらい身を清める意味もあったようです。

なお、お賽銭箱に「浄財」と書かれていることもありますが、これは利益などを顧みない、寄付するお金という意味があります。

神社とお寺におけるお賽銭の違い

神社やお寺にお参りに行くとお賽銭を納めますが、神社とお寺ではその扱い方が違います。

神社でのお賽銭は主に、神様に日頃の感謝の気持ちを伝えるために納める物です。

一方でお寺へのお賽銭は、自分の欲を捨てる修行の意味を持ち、お布施とされています。

お賽銭にまつわる語呂合わせ

お賽銭では、験担ぎや縁起を担いだ語呂合わせの言葉をよく耳にします。

次に、よくいわれている金額とその語呂合わせをご紹介します。

5円・・・ご縁

11円・・・いい縁

20円・・・二重に縁

25円・・・二重にご縁

41円・・・始終いい縁

45円・・・始終ご縁

穴の開いた効果はお賽銭にふさわしい?

また、5円や50円硬貨は穴が開いていることから、「見通しが良い」とされ、お賽銭にふさわしい硬貨ともいわれます。

反対に10円は「遠縁」すなわち「縁が遠ざかる」から、また500円は「これ以上の硬貨(効果)がない」ともいわれています。

お賽銭は高ければ高いほど効果がある?

さて、お賽銭の金額で、もうひとつ気になるのが、たくさんお賽銭を入れればいれるほどご利益があるの?ということです。

まずは、NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる」の「なぜお賽銭を入れる?」の回からの情報をご紹介します。

お賽銭で穢れを祓う?

番組に登場した民俗学の新谷尚紀・国学院大学教授によると、お金のルーツであった貝には穴が開いており、この世とあの世の出入り口と考えられていたそう。

そして貝の表がこの世、裏側があの世であり、生きている人に付いた穢れ(病気や災いなど)は、貝の穴を通ってあの世に吸い寄せられると考えられていました。

そのため、自分の持っているお金(貝)をお賽銭として投げ入れることによって、身を清められるという説があり、それが現代のお賽銭を入れる行為につながっているとのこと。

つまり、お賽銭はお願いのための代金ではなく、穢れを清めるためのものだったというわけです。

また、新谷教授の学問的な分析の視点から、お賽銭は穢れをお金にくっつけて清めるためのものなので、「額の多い少ないというのは特に関係ない」との意見がありました。

以上のようなことから、お賽銭に金額の大小は関係ないといえそうです。

また、本当に願い事があって5千円や1万円を納めたい場合は、ご祈願をあげてもらうこともできますし、自分自身も納得できるのではないでしょうか?

神社やお寺のお賽銭の利用方法は?

正月明けの神社やお寺には多額のお賽銭が集まり、有名な所ともなると、その額なんと億単位という話も耳にします。ではお賽銭で集まったお金は、どのように使われているのでしょうか?

まず、結論からいうと、お賽銭で集まったお金は、主に神社やお寺の維持・運営に使われます。

神社やお寺には古くからの建築物などがありますが、社や本堂など古くから伝わる木造のものもたくさんあります。これらは定期的なメンテナンスが必要です。

建物の修繕や建て替えは、専門業者でないと対応できなかったり、また高級な資材が必要だったりと費用はかかります。

また、お守りやお札などの物品製作や、神職の方や巫女さんなどの給与や生活費、お寺や神社のHPを作ったり広告宣伝費も必要です。

このようにお賽銭で集まったお金は、神社やお寺を維持し、未来に伝えたりするための、さまざまな用途に使われています。

同じ神社やお寺内にお賽銭箱がたくさんある場合、全部に入れる必要がある?

神社に行くと、本殿以外に小さな社(やしろ)が建っていることがありますが、主祭神とゆかりが深いのが摂社(せっしゃ)、それ以外を末社(まっしゃ)と呼びます。

参拝の際に気になるのが、摂社や末社までお参りした方が良いのか?という疑問です。

本殿だけの参拝で問題ないという意見もあれば、でいれば摂末社まで参拝した方がいいという意見もあります。

神職の方でさえ意見が分かれますので、一般の人には区別がつきません。

明確な答えはわかりませんが、自分にとって必要と思われる摂社や末社である場合はお参りすれば良いのではないでしょうか?

電子マネーのお賽銭とは?

キャッシュレス時代の波は、神社やお寺にも押し寄せており、QRコードを貼り付けたお賽銭箱や看板を設置する寺社仏閣も登場しています。スマートフォンでQRコードを読み取り、自分の希望額をお賽銭として支払うシステムです。

近年、現金を持ち歩かない若者や外国人外国人観光客が増えたことから、スマホ決済サービスや電子マネーでのお賽銭の需要が見込まれると見られ、導入に踏み切っているようです。

栃木県日光市の日光二荒山(ふたらさん)神社、京都府福知山市の海眼寺(かいげんじ) 、東京都港区の愛宕(あたご)神社などまだまだ少数派ですが、成功事例となれば今後も増加する可能性はあるでしょう。

また、今までは人間の手で計算していたお賽銭の勘定作業が、電子決済でスムーズになり、人件費の軽減に繋がるかもしれません。

まとめ

今回は参拝マナーの中でも特に悩ましいお賽銭についての疑問を取り上げてみました。

そもそも、金額の多寡によってご利益を差別する神様がいるはずもないのですが、人間の欲深さが悩みを深くしてしまったのでしょう。

今度の初詣ではそんな欲を少し捨てて、神様に日頃の感謝の気持ちを伝えることをメインにお参りしてみるのも良いかもしれません。

ところで、電子マネーでお賽銭を入れる場合、身に着いた穢れは清められるのでしょうか?

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (16)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す