はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

四十九日

葬儀

四十九日に納骨を行うまでの準備と流れ

仏教の納骨は四十九日法要と同日に行われることが多いのですが、なぜ四十九日なのかをご存知でしょうか。その理由は、仏教の考え方と深いつながりがあるのです。この記事ではこれから納骨について考える方のために、四十九日に納骨を行う意味をはじめ、その他納骨に適した時期や仏教の納骨式の準備、式当日の流れなどについてご説明します。
法事・法要

四十九日のお供え物のマナー〜選び方や持参する際の注意点〜

お供え物とは、法要に参列する際、香典とは別に故人への供養の気持ちを表すものとして持参するものです。近年では、お供え物の代わりに御供物料として現金を持参することもあります。 お供え物を持参する場合、迷ってしまうのが品物選びと失礼のない渡し方に...
参列のマナー

四十九日のお供え物は?選ぶ時の注意点やのしの書き方について

四十九日とは、亡くなった日を1日目として数えて49日目にあたる日のことをいい、この日に執り行われる四十九日法要は、納骨などもする極めて重要な法要のひとつです。参列する際には、香典の代わりとして、あるいは香典とともにお供え物を用意しておくのが...
基礎知識

神葬祭での忌明け法要「五十日祭」。意味や流れ、四十九日法要との違い

神道では、亡くなった人の魂は家と遺族を守る守護神となるとされています。葬儀に続く一連の儀礼は、故人を守護神として定め祀ることが目的となり、五十日祭を通じて家庭を守る守護神として自宅の祖霊舎(神棚)に迎え入れます。五十日祭を終えると、遺族は忌明けとなります。
お葬式の後から必要なこと

法事・法要とは?お葬式の後に必要な法要の種類とその意味、一覧!

法要とは、遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う「追善供養」のことを指します。 法要は一般に「法事」と呼ばれていますが、厳密にはお経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼び、追善供養の後席の会食まで含むものを「法事」と呼びます。 ...

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合カタログをプレゼント!

冷静に判断するためにも、事前に葬儀の見積りをとっておくことをおすすめします。
葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。
資料請求
基礎知識

葬儀・葬式の手引き(葬儀の流れ・手順、葬儀後の手続き)

大切な方の臨終(看取り)から一般的な葬儀・お葬式の流れや手順、お葬式後にの諸手続き、お墓、仏壇、相続のほか、法事・法要について一覧にまとめました。 もしもの時に困ることのないよう、葬儀からその後の流れまで、しっかり把握しておきましょう。 ...
法事・法要

【法事・法要の基礎知識】四十九日法要の時間、食事(会食)マナー

法事・法要というと、忌明け法要(四十九日法要)や年忌法要、お盆法要、お彼岸法要などがあります。 中でも、四十九日法要は最も重要で、その日を境に死者が成仏すると言われています。 現在では、同時にお墓への納骨(納骨式、納骨法要)も行い、その後、...
お葬式の後から必要なこと

【知っておきたい】何を準備すればいい?葬儀後の後飾りとは【四十九日】

葬儀が行われ、お骨上げが行われたあと、埋葬の日や四十九日法要まで自宅に小さな祭壇を作って故人を弔います。 これを後飾りと言い、忌明けまで毎日焼香をし、通夜や告別式に訪れることができなかった弔問客をお迎えします。 自宅葬の祭壇と同...
法事・法要

【知っておきたい】法事・法要の食事メニューの選び方【一周忌・四十九日】

法事・法要とは、故人を偲び、冥福を祈るための行事です。 仏教用語では「追善供養」と呼ばれています。 四十九日で「忌明け」となり、その後は「百か日」「一周忌」と続き、一周忌が過ぎると「喪明け」となります。 中でも、一周忌は特に大切な法事とされ...
法事・法要

「法事」ってどんな種類があるの?忌中と喪中の違いは?初七日、四十九日、一周忌、三回忌などそれぞれの行事について

「法事」は学校や職場でよく聞く言葉ですが、そもそもどういったものなのか理解できている人は多くないでしょう。「法事」という行事がある訳ではなく、故人の冥福を祈るための一連の行事を指して法事と呼ぶのです。法事の種類は多く、招待される機会も年を取...
法事・法要

四十九日にお香典は必要?服装は喪服?知っていれば慌てない。四十九日法要の段取りについて。

四十九日法要を知ってますか?言葉は知ってはいるけれど、なにをするのか詳しくは知らないという方が多いと思います。この四十九日法要、事前に準備することが多いのですが、葬儀から間がないためにすぐに準備を始めなければなりません。四十九日法要を慌て...
法事・法要

法要の種類 法事と法要の違い。初七日から弔い上げまで

法事と法要はほぼ同じ意味で使われていますが、ニュアンスはやや異なります。 法事とは仏教の行事のことで、仏事、年忌、年回、供養、追善ともいいます。法要とは、法事の中でも特に供養のための仏教的な儀式のことを指します。法要とその後の会食なども含めた一連の行事ということができます。
法事・法要

四十九日法要について

四十九日(しじゅうくにち)法要とは、人が亡くなってから49日目に行う法要です。仏教では、人が亡くなってから49日までの間は、死者の魂は成仏せずにさまよっていると考えられています。遺族は故人が極楽浄土へ行けるよう読経をし、また日常生活での飲食や行動を慎んで追善供養をして過ごします。
  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す