はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【知っておきたい】法事・法要の食事メニューの選び方【一周忌・四十九日】

法事・法要とは、故人を偲び、冥福を祈るための行事です。

仏教用語では「追善供養」と呼ばれています。

四十九日で「忌明け」となり、その後は「百か日」「一周忌」と続き、一周忌が過ぎると「喪明け」となります。

中でも、一周忌は特に大切な法事とされており、命日から1年後、親族や友人や知人が集い、供養のための儀式や会食が執り行われます。

ところで、この会食での食事はどのようなメニューがふさわしいのでしょうか。

食材や自宅で作る際のレシピや便利なフードサービスなど、さまざまな視点から考えてみましょう。

 

法事・法要の食事ではどんな食材を使うの?

法事・法要の食事というと「精進料理」をイメージする人も多いのではないでしょうか。

かつては、四十九日の「忌明け」に精進料理から通常の食事に戻す習わしがあり、「精進明け」「精進上げ」「精進落とし」などと呼ばれています。

しかし、現在は「初七日」法要の際、あるいは火葬中に併設された施設などで精進落としが行われることも多くなっています。

昨今では法事・法要で精進料理が提供されることも少なくなり、しきたりや慣習なども薄れてきていますが、伊勢海老や鯛など祝いの食材は避けるのが無難と言えるでしょう。

形は変われど一番大事なのは「故人を偲び、冥福を祈る」ということです。

 

家で法事をおこなう時の簡単レシピ

現代では、法事・法要の食事に決まりごとやしきたり・慣習が少なくなりました。

家で法事を行う時には、具体的にどのようなメニューを用意するのが良いのでしょうか。

一般的には幅広い年齢層が集まることの多い法事では、そのことを考慮してメニューを決める必要があります。

さらに、作る側の負担を軽減するためには、まとめて作り置きできるものが最適でしょう。

 

法事・法要でおすすめの料理の一つとして「筑前煮」があります。

根菜や鶏肉を炒め煮する筑前煮は時間を置くことで、さらに味が染みておいしくなるので、事前に用意することが可能です。

 

黒豆のおこわ「黒飯」も炊飯器で簡単に作れるのでおすすめです。

また、季節野菜の「お浸し」「香の物」「吸い物」などがあるとメニューとしてバランスが良くなりますし、揚げ物もプラスすればボリュームのあるメニューが完成します。

 

仕出し弁当

 

法事用フードサービスの利用も

法事・法要は、何かと忙しく気を遣うことも多いです。

特に人数が多ければ、食事の準備も大掛かりになるため、準備するのも大変です。

そんな時に便利なのが「法事用フードサービス」です。よく知られているものとしては「仕出し弁当」などがあります。

幕の内弁当のような手ごろなものから、寿司、懐石料理風のものまで、ニーズに合わせてさまざまな料理を選択できます。

また、精進料理にこだわって提供する店などもあり、それぞれが希望する形でのフードサービスを利用できるようになっています。

 

何よりも大切なのは「故人を偲ぶ」気持ちです。法事用フードサービスをうまく利用することで、集まった人たちがその気持ちを共有する場を作り上げるのも良いのではないでしょうか。

 

法事・法要の準備についての詳細は法事・法要の基礎知識でもご紹介していますので参考にしてみてください。

 

>>四十九日法要について

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す