はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬式をしないで火葬のみ行う方が知っておくべきこと

火葬式とは、通夜や葬式を執り行わず、火葬のみで故人を送る式のことです。直葬(ちょくそう・じきそう)ともいいます。近年、ライフスタイルの変化や葬儀の多様化が進む中、葬儀を簡素化する方も増えています。しかし、火葬のみで故人を送り出す方法はまだまだ一般的ではないため、周囲への配慮が大切になります。特に葬式を執り行わないのは失礼にあたると考える方も多いので注意が必要です。そこで、火葬のみで故人を送り出す際に知っておくべきことについて紹介します。

火葬式とは

火葬式は、故人を送り出す際に通夜や葬式、告別式などを省いて火葬のみで終える簡素さが特徴です。直葬(ちょくそう・じきそう)とも呼ばれています。

火葬式が広く知られるようになった背景には、葬式の負担やライフスタイルの変化があります。葬式を執り行うのは、かかる時間や手間、費用などを考えるととても大変なことです。もともとは経済的な余裕のない方や、諸事情によって通常のお葬式が行えない方のための葬儀として、本来はあまり公にされていなかったものが、インターネットなどで格安の葬儀をうたったサービスなどが登場し、お葬式のひとつの形として認知されるようになりました。

お葬式では喪主や近親者はすべきことがたくさんあります。そうした煩わしさを軽減するといったことから火葬式を選ぶというケースもあります。「従来のお葬式を行うべき」という固定観念が人々の間でうすれつつあると同時に、高齢化によってご年配の参列者も多くなっています。こういった社会の流れや参列者への配慮もあり、1日で済む火葬式を希望するケースが増えています。

火葬のみを行う場合のメリット

火葬式の大きなメリットとして挙げられるのが、費用の低さです。通夜・葬式・告別式・お食事などをすべて省くため、お寺へのお布施、祭壇設置や接待の費用がかかりません。

さらに、一般的に火葬式では香典を渡さないので、当然、香典返しの必要もなくなります。そのため、費用的な負担をできるだけ軽くしたいと考えている場合は、火葬式は適していると言えます。

また、インターネットなどで定額のプランとして火葬式を行っている企業もあります。この場合、いくらで何ができるかが明確になっているため、依頼の際の手軽さがあります。

葬式をしないことによって生じるデメリット

火葬式のデメリットは、お別れの儀式がない、親族や菩提寺から理解を得られない可能性がある、想定していなかった追加費用が発生する可能性があるといったことがあります。

お別れの儀式がない

まず、火葬式では、基本的には故人とのお別れの儀式はありません。

安置施設に安置し、その後火葬場に直行します。もちろん、お寺に読経を依頼して故人の冥福を祈ることもできますが、葬儀式場などではなく、安置施設内での部屋などの読経となります。火葬場の炉前での読経というケースもありますが、火葬場の施設のつくりやスケジュールにもよります。炉前での読経によって火葬の時間が遅れることで、後に予約を入れている方に迷惑がかかることも起こり得ます。そのため、火葬場の中に儀式用の部屋がある場合には、そちらを手配することをお勧めしますが、その分の施設使用にかかわる費用は発生します。

親族や菩提寺の理解を得られない

また、火葬式を選ぶ人は増えていますが、まだ一般的に深く浸透しているというわけではありません。「従来のしきたりや伝統は守りたい」と考える人も少なくないのです。そのため、火葬のみという方法を選択する場合、目的や理由を納得してもらえるように周囲の方を説得しなくてはなりません。
また、火葬式は火葬炉前でお別れをするのみですので、あまり時間を設けることができません。そのため、参列者の数も限られ、親族以外は参列しない場合も多いです。しかし、「最後のお別れをしたいから参列させて欲しい」という故人の友人や知人、恩師もいることでしょう。そういった方々にも、事前にきちんと説明をして理解を得る必要があります。

さらに、読経をせずに火葬のみで済ますと、納骨を拒否され遺族が後悔するケースもあります。宗派にのっとった儀式を行わず、読経なしで故人を送り出すということを認めていないお寺も多くあるためです。このように、菩提寺に葬式を頼まず火葬のみを行う場合は納骨を拒否されてしまう可能性がありますので注意しましょう。

予想外の追加費用が発生する可能性がある

さらに、火葬式では予想していない追加費用が発生する可能性があります。特にインターネットなどで定額で案内しているサービスを利用して、格安の葬儀を依頼すると、オプションなどが必要となり結果として予想していなかった追加費用が発生することもあります。近年は改善傾向にあるようですが、注意は必要です。

火葬式の手順

火葬式の流れは次のとおりです。
まず、葬儀会社に問い合わせて、病院や施設などからご遺体を運ぶ寝台車を手配します。その際、ご遺体保存用のドライアイス設置などもお願いしておきましょう。ご遺体は死後24時間以内に火葬をしてはならないと法律で定められています。通常の葬式の流れと同様に市区町村長の許可が得られるまでご遺体を自宅などで保管します。その間に葬儀会社に相談して、火葬場の選定や読経の有無など、火葬の詳細を決めていきます。また、死亡届や火葬許可書申請などの事務的手続きを葬儀会社に代行してもらうことができます。
火葬式の当日、火葬場で火葬許可書を提出します。その後、故人と最後のお別れの時間が設けられ、故人が気に入っていた物などを棺の中に入れたり、お手紙を読んだりします。お経をあげてもらうことも可能です。お別れが済むと、お棺は火葬炉にかけられます。控え室やロビー待合室で1時間半から2時間待機することになります。その間、故人の思い出を静かに語り合うのもよいでしょう。火葬後、遺骨を骨壺に納めます。遺骨をお墓に埋葬するための埋葬許可証はここで受け取ってください。

火葬式の注意点

一般的な葬式では逝去後、故人の親族、友人、知人、自治会、会社関係、菩提寺などに訃報を送付します。近親者のみで執り行う火葬式の場合は、参列を断る旨を訃報に記載しておきましょう。また、故人の親族、特に関係の近しい兄弟などには葬式を執り行わない旨と理由を伝えておくと余計なトラブルを避けられます。

また、火葬式は一般的な葬式ほど厳格ではありませんが、故人を送り出す式のひとつです。喪に服すため、落ち着いたデザインの黒い服を選ぶようにしましょう。男性は黒系のスーツ、女性は黒系のワンピースや黒のストッキングを着用しましょう。

まとめ

火葬のみであっても、故人を偲び、心をこめてお別れをすることに変わりはありません。そして何よりも、火葬式には時間や手間、費用などの負担を大幅に減らせるというメリットがあります。それでも火葬式はまだまだ一般的ではありません。そのため、周囲にしっかりと理解してもらえるように配慮する必要があります。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (3)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す