通夜のマナー

通夜とは、その字の通り夜通し遺体とともに過ごすことを言うのですが、現在では夜通し柩を守るのは近親者に限られます。通夜は正式な儀式ではなく、身 近な親しい人の集まりなので厳密なしきたりといったものはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇のそばの席に着くのが普通です。

通夜での服装

通夜での服装は、以前とは様変わりしています。
これまでは、地味な平服を着用し、喪服で参列することは好ましくないとされてきました。
理由としては、知人が亡くなるのを予想し喪服を用意していたと思われるのを防ぐためと、通夜の参列は近しい人が参列する儀式で一般の弔問者は葬儀、告別式に会葬するものとされてきたためです。
現在では、地域によりますが、参列者は通夜に弔問することがほとんどです。
それにより通夜の弔問の服装は喪服が多くなりましたが、平服でも問題ありません。

男性は、喪服またはダークスーツに白無地のワイシャツ、黒無地のネクタイ、黒靴下、黒靴を着用しましょう。
靴は光沢のあるものは避けます。

女性は、黒無地の洋服、黒またはベージュ系の肌に近い色のストッキング、黒靴を着用します。
貴金属類は、結婚指輪以外は外し、着けてもよいのはパールの一連ネックレスとされています。バッグや靴などは光沢のあるものは避け、毛皮は厳禁です。

■参列マナー関連記事 by いい葬儀マガジン

仮通夜

仮通夜 亡くなられた直後の仮通夜は、家人が準備などで慌ただしいときです。また故人が亡くなるまで長く入院し ていた場合などは、遺族の方は看病に疲れていることもありますし、そうでなくても、亡き人を思い哀しみに暮れているときです。余程故人と親しかった場合を 除いて、入り口で挨拶だけして失礼するほうがよいでしょう。その挨拶の際には死因などは尋ねないのがマナーです。また仮に勧められてお家に上がった場合 も、長居は避けるようにしましょう。

本通夜

本通夜 本通夜では焼香をした後、通夜振る舞いに誘われたら断らず一口でもいいですから箸をつけるべきです。
これは喪家の心遣いに応えるためにも必要な事です。

ただし、本通夜の際にもあまり長居しないようにしましょう。

遺体との対面

遺体との対面 故人との対面も、故人と特別に親しかったという場合を除いては、勧められない限り遠慮するようにしましょう。逆に、大変親しくお付き合いしていた方が亡くなられた場合は遺族の方からぜひ一目対面してやって欲しいと請われる事もあるでしょう。

対面の作法は、まず遺体の枕元から少し下がって正座します。一礼のあと、遺族が顔の白布を外したら膝をつけたまま近づきます。対面のあと、もう一度一礼して合掌します。そして遺族にも一礼するのですが、この時「安らかなお顔で~」などの言葉をかけたいものです。

通夜の流れ

通夜での席 通夜の儀は、仏式の場合、僧侶が式場に入場するところから始まります。
入場後読経が始まり、一般的な読経の長さは40分から1時間位が多いようです。
参列者は、読経中に焼香をします。
遺族・親族は司会の案内で焼香し、終了後席に戻ります。
一般の参列者は、司会者の案内により祭壇の前に進み遺族に目礼し合掌します。焼香後は、遺族に目礼し式場を退席します。
この際、式場の真ん中は歩かないよう気を配ります。
葬儀の場合は、焼香後再び席に着く場合が多いのですが、通夜では式場から出て会葬御礼を受け取ります。
その後、飲食(お斎・おとき)をしながら故人の供養をします。
遺族・親族は、僧侶退場後に食事をしますが、遅れて来る参列者がいる可能性があるので、数人は式場に残ります。
もともと通夜は、夜を通して行い、故人を見守るものでしたが、現在では式場の都合もあり、21時には泊まりの遺族を残して帰るか、または全員帰ることが多いようです。

通夜振る舞い

通夜振る舞いは、参列者に感謝の気持ちとして飲食でもてなす意味と、故人の思い出話で供養する、ともに飲食することで不幸を分かち合うという意味があります。
参列した場合、できる限り通夜振る舞いを受けますが、長時間の滞在は失礼にあたるので気を付けましょう。

喪主のあいさつ

通夜は、厳密には式ではないので終了時間はありません。
そのため、案内に終了時間は記載しませんが、実際には式場を利用できる時間帯(多くの場合21時まで)が一般的です。
式ではないので、喪主があいさつする場面はなく、焼香をいただいた方に目礼をします。
僧侶退場後、喪主や遺族が通夜振る舞いの会場に出向き、参列者にあいさつすることもあります。

通夜に参列できない時のマナー

いろいろな事情でどうしても都合がつかず、お通夜にも、お葬式にも、参列できないことがあります。
そもそも訃報は突然やってくるものなので、それはそれで仕方のないことと割り切って、「参列することができない」という旨を連絡します。
行けない理由もきちんとご説明する必要はありますが、遺族もお葬式の準備などで慌ただしくしています。
電話で伝えるのであれば長電話にならないようにしましょう。

お葬式は結婚式などとは異なり、喪主が参列者の正確な人数を事前に把握しておく必要はありません。
ですので、弔電を打ったり、参列する人に弔意を託すことも可能です。
お供えの花を送りたい場合は、任意にお花屋さんに注文するのではなく、まずは担当する葬儀社に連絡して、供花を送りたい旨を伝えましょう。
式場内の雰囲気を統一させるため、あらかじめ送れる花が決まっている場合もありますので事前に確認をしておくといいでしょう。
施行する葬儀社がわからない場合には、葬儀を行う会館などに問い合わせれば基本的には教えてもらえます。

その他、代理を立てる、香典を送る、後日改め弔問するなどの方法もあります。

■参列マナー関連記事 by いい葬儀マガジン

【 葬儀・法事のお花を贈るなら 】
即日配達 鎌倉新書の「供花・胡蝶蘭net」

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」