神道の葬儀・お葬式(神式葬儀・神葬祭)

「神式葬儀(神葬祭)」は、日本に古くからある葬儀で、仏式に次いで多く行われている葬儀です。「いい葬儀」では対応可能な葬儀社をご案内しますのでお気軽にご相談ください。

神式葬儀(神葬祭)とは

神式葬儀

「神式葬儀」は、神葬祭とも呼ばれる神道の葬儀の形式です。
日本の葬儀形式の大半は仏式葬儀ですが、神式葬儀も意外と行われています。
仏式葬儀が各宗派の教義に基づき葬儀が行われるのに対し、神式葬儀は、仏教が日本に渡来する前の日本神話の世界、古事記、日本書紀の概念を基に葬儀が行われます。

神式葬儀ができる葬儀社、斎場・葬儀場をご案内いたします

24時間365日受付 通話無料

お電話0120-393-100

メールで無料一括見積り

神式葬儀(神葬祭)の概念

神式葬儀

神式葬儀には、二つの大きな概念があります。

一つは「穢れ(けがれ)」の概念です。
穢れとは、気枯れとも書き、生命力が減衰した状態です。悪い状態を穢れととらえ、お払いをすることにより清められるとされます。

神道における葬儀には、不幸が発生したことにより出現した非日常の世界を清めることで日常世界に戻す役割があるようです。
葬儀が発生すると、お茶碗にお箸を立てたり、屏風を逆さまにしたり、故人の布団を上下逆に掛けるなどの光景が見られますが、これらはいずれも現在非日常の世界にあることを表しています。

もう一つの概念は「先祖崇拝」です。
自分たちの祖先が、守り神として一族を守ってくれる存在だと考えます。
そのため、故人が祖先神の仲間になるための儀式を行い、霊璽(れいじ)に故人の御霊(みたま)を移し、祖霊舎(それいしゃ)に祭ることで遺族、親族の一族を守る存在になると考えます。

神式葬儀(神葬祭)の手順

  1. 1.帰幽奉告(きゆうほうこく)
    神に死亡を知らせるという意味です。
    神棚、祖霊舎に故人の死を奉告し、神棚の前に半紙などの白い紙を下げ神棚封じをします。
    この神棚は、五十日祭まで封じられ、五十日の式年祭終了後、半紙を取り払います。
  2. 2.枕直しの儀
    故人を北枕に寝かせ胸元に刀などの刃物を置きます。故人の近くに小机を設け、お米・お塩・お水・お酒、故人の好物などをお供えします。
    なお、北枕は仏教の風習ですが、神仏混交の考え方により北を頭にします。
  3. 3.納棺の儀
    神衣や白小袖に着せ替え、故人を納棺します。
    柩には白い覆いを掛けます。
    着せ替えは、必ず行わなければならないという決まりはありません。
  4. 4.通夜祭・遷霊祭
    神職、雅楽奏者が式場に入場し神職が祭詞(さいし)を奏上します。
    祭詞の中で祭文(さいもん)が読まれ、故人の業績やひととなりが披露されます。
    遺族、親族、参列者は玉串を案に供えます。
    遷霊祭(せんれいさい)が行われ、故人の御霊を霊璽に移します。その際、夜を象徴するため、式場の電気を落として部屋を暗くし、神職により遺体から霊璽へ御霊が移されます。
    参列者は、玉串奉奠(たまぐしほうてん)終了後、直会(なおらい)の飲食をします。
  5. 5.葬場祭・告別式
    仏式の葬儀式にあたるのが葬場祭です。
    通夜祭とほぼ同じ流れで祭詞奏上、玉串奉奠が行われ、神職退場後、弔電の奉読、お花入れ、喪主挨拶があり火葬場へ出棺します。
  6. 6.火葬祭
    火葬場で、神職が祭詞を奏上し、参列者が玉串奉奠します。
  7. 7.直会
    仏式の忌中払いにあたるもので、葬儀でお世話になった方々や、故人が生前にお世話になった方々をもてなす宴席です。
    これにより葬儀の儀式はすべて終了し、以後は式年祭(しきねんさい)、霊祭(れいさい)として行います。
  8. 8.帰家祭
    火葬や埋葬を終えて自宅へ戻り、塩・手水で祓い清めて霊前に葬儀が滞りなく終了したことを奉告する儀式です。
  9. 9.十日祭
    仏式葬儀の初七日法要にあたるものです。
    近年は葬場祭後、火葬中または火葬後に行われることが多くなりましたが、祭詞奏上後玉串奉奠します。

神式葬儀の用語解説(仏式葬儀と神式葬儀との対比)

仏式葬儀 神式葬儀
僧侶 神職。葬儀の際には、雅楽奏者が帯同することもあります。
お布施 「御礼」「御祭祀料」「御玉串料」と書きます。
神職にお渡しする葬儀の式料となります。
引導の儀 神職が祭詞(祝詞)の中で祭文(さいもん)を読みます。
故人の業績や人となりが披露されます。
合掌 二礼二拍手一礼を忍び手で行います。
香典の表書き 「御霊前」または「御玉串料」のどちらかを使用します。
位牌 霊璽(れいじ)と呼ばれます。
仏式の戒名にあたるものとして、男性の場合は俗名の下に「大人命(うしのみこと)」、女性の場合は「○○刀自命(とじのみこと)」と墨で霊号を書きます。
白装束 仏式葬儀では帷子(かたびら)を着ますが、神道・神式葬儀では、神衣や白小袖になります。
供物 神饌物(しんせんもの)と呼びます。
祭壇に供えるもので、一般的には酒、米、水、塩、魚、鳥、海藻、野菜、果物、餅、故人の好物などをお供えします。
焼香 玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。
榊(さかき)に紙垂(しで)の付いた枝葉を捧げます。
法要 式年祭(しきねんさい)、霊祭(れいさい)と呼ばれます。
初七日が十日祭、四十九日が五十日祭にあたります。
忌中払い 直会(なおらい)と呼びます。
葬儀のご相談・お見積もり・ご依頼は「いい葬儀」にお任せください。
葬儀をお急ぎの方専用電話
急ぎの方はこちら 無料見積もりはこちら
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。