お焼香の回数は1回?3回?知ってるようで知らない、焼香のやり方とマナー


法事・告別式に参列した際に行う「焼香」。どこかで教えてもらうものでもないため、他の参列者のやり方を真似て行ったり、人づてに聞いてやり方を知ったという方がいるのではないでしょうか?しかし、どれも確かな情報ではないため自分が行なっているやり方やマナーが本当に正しいのかどうか不安に思うこともあるかもしれません。

そこで、今回は今さら人に聞けない告別式へ参列した際の正しい焼香のやり方とマナーを詳しく紹介します。

 

お焼香って何?何のためにするの?

告別式や法事などで行う焼香ですが、これには心身を清めるという意味があります。心と体の汚れを取り除いて清められた心身で故人を弔うために行われる行為です。さらに、仏の功徳をたたえたり、仏教においては仏にとって香は食べ物であるという考え方もあります。
また、焼香の種類は大きく3つです。立って行う「立礼焼香」、座って行う「座礼焼香」、座って隣の人へ回していく「回し焼香」です。それぞれで使用される香は粉状の「抹香」と線のように細い「線香」があります。抹香では主にお供えに使用される植物の樒(しきみ)の樹皮・葉を乾燥させたものが使われています。線香の場合は香料を松脂などで固めたものや、杉の葉を乾燥させ粉末にして、ノリで練ったものなどがあります。

 

お焼香は誰からどんな順番でするの?

焼香は故人と関係性の深い人から順で行います。まずは喪主がお焼香を行い、次に血縁関係のある遺族、その後に参列者(知人・友人)という順になります。
一例として父親が亡くなった場合を挙げます。父親の葬儀・告別式で喪主を母親(存命の場合)とした場合は初めに母親が焼香を行い、次に子どもが行います。この時、子どもが成人していない場合は生まれの順となり、成人して結婚している場合は年長者の子どもから夫、妻、子どもの順で行うことになります。そして、次に故人の兄弟と親族、母親の兄弟と親族がお焼香を行い、この後に関係性の深い友人・知人が行うという順番です。
焼香を行う順番に関しては後に親族同士で揉めるケースがあるため、事前にわだかまりがないよう親族で相談し納得のいく形で葬儀・告別式を進めましょう。

 

焼香の作法【仏式葬儀のお焼香マナー】

仏式でのお葬式(通夜、葬儀、告別式)では一般的に抹香焼香を行います。これは、香を焚くことで心と身体の汚れを浄化しきれいな心に整える作法とされています。

 

焼香の基本的な手順としては、以下の流れで行います。

  1. 遺族と僧侶に一礼して祭壇の前に進み、遺影に一礼します
  2. 右手の3本の指で香をつまみ、目の高さまで押しいただきます
    (注:浄土真宗では押しいただくことはしません)
  3. 静かに香炉にくべて合掌します。最後に遺族と僧侶に一礼します

焼香には、立って行う「立礼焼香」、座って行う「座礼焼香」、順に香炉を回し自席で行う「回し焼香」のほか、香ではなく線香を用いる「線香焼香」など、さまざまな方法があります。
焼香
また、宗教・宗派によってお焼香のやり方や回数は異なります。

以下では、宗派別のお焼香マナーをご紹介します。

 

「天台宗」の焼香マナー

焼香について、天台宗では形式的な回数よりも、念じる気持ちを大切にします。

一般的には1回または3回の場合が多いようです。

昔、お釈迦様の弟子である富那奇(ふなき)が、兄とともに故郷にお堂を建てた際、早くお釈迦様をお迎えしようと敬慕の気持ちを込めて一心に香をたきました。すると、その煙がお釈迦様のもとに届き、お釈迦様はただちにお堂にお出向きになられて説法をされたという言い伝えがあります。

そのように、焼香は感謝と供養の心を込めることが大事だとされています。

 

「真言宗」の焼香マナー

真言宗の場合、焼香は3回です。また、線香は3本を立ててお供えします。

右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみ、左手を軽く添えて額の高さに押しいただき、香炉にくべることを3回繰り返します。

焼香の前後に、遺族の方や導師様に一礼することを忘れないようにしましょう。

 

「浄土宗」の焼香マナー

浄土宗の焼香の作法としては、まず姿勢を正し合掌一礼したら、右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香を軽くつまみます。そして、手のひらを仰向け、左手を添えて押しいただいてから香炉にくべ、最後に再び合掌一礼します。

回数については、地方やお寺によりますが、特にこだわらないとしているところが多いようです。大切なのは、真心を込めて行うことです。

また、浄土宗の合掌の作法は、左右の手のひらと指を揃えてぴったりと合わせる「堅実心合掌(けんじつしんがっしょう)」です。手を胸の前で合わせたとき、指先を45度くらいの角度で仏様の方に傾けるのが美しく自然な姿とされています。
046sougi

 

「浄土真宗本願寺派」の焼香マナー

浄土真宗本願寺派の場合、焼香の回数は1回です。そのとき、香を押しいただくことはしません。

また、線香は香炉の幅に合わせて2、3本に折り、横に寝かせて供えます。これは涅槃(ねはん)のお釈迦様の姿をかたどったものとされています。

なお、「ご冥福をお祈りします」という表現は、浄土真宗では使いません。死後、ただちに成仏するという教えから、成仏を祈る必要がないからです。

香典の表書きは「御仏前」とします。「御霊前」は使えません。

 

「真宗大谷派」の焼香マナー

焼香の回数は2回です。自らの心身を清めるために行うものなので、香を押しいただくことはしません。

線香は香炉の幅に合わせて2、3本に折り、寝かせて供えます。その際、火のついているほうが向かって左にくるように置きます。

念珠は左手に持ち、合掌するときは両手の人差し指から小指まで4本の指にかけて手を合わせます。

また、「冥福を祈る」「草葉の陰」「泉下の人」などという表現は使わないように注意しましょう。

 

「臨済宗」の焼香マナー

臨済宗では、焼香は合唱礼拝をしたあとに、親指、人差し指、中指の3本で香をつまみ、反対側の手を添えて顔の高さまで押しいただいてから香炉にくべます。

臨済宗のなかには「万法唯一心」という言葉に従い、心を専一にし一心に故人の冥福を祈るところから、焼香の回数は1回とする説もあります。

いずれにしても、心をこめて丁寧に行うことが大事だと考えられています。

 

「曹洞宗」の焼香マナー

曹洞宗では焼香は2回行います。

1回目は右手の親指、人差し指、中指の3本でつまんだ抹香を、左手を軽く添えて額の高さまで押しいただいてから香炉にくべます。

2回目は押しいただくことはしないで、そのまま香炉にくべます。

ただし、参列者が多いときには1回でも構わないとされています。いずれも心を込めて焼香することが大切です。

また合掌には、仏様を表す右手と私たち人間を表す左手を合わせることで仏様と一体になる、という意味があります。背筋をのばし、手のひらをぴったりつけて指は自然に合わせます。中指の先が鼻の高さにくるようにし、肘はやや張り気味にします。立拝、座拝ともに礼は45度の角度で行います。

 

「日蓮宗」の焼香マナー

焼香の回数は、日蓮宗では導師(僧侶)は3回、一般参列者は1回とされます。

焼香の順番が回ってきたら、焼香台の前でまず合掌し、一礼します。それから右手の親指と人差し指で香をつまみ、静かに香炉にくべます。再び合掌、一礼したら自席に戻ります。

参列者が多いときは焼香がスムーズに進むように、早めに後の人と交代するなど気を配りましょう。

 

 

手水の儀と玉串奉奠【神式葬儀(神葬祭)のマナー】


仏式葬儀の通夜・告別式にあたるものを、神式葬儀(神葬祭)では、「通夜祭(つやさい)」「葬場祭(そうじょうさい)」といいます。

また、仏式葬儀における焼香の代わりに玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われます。

玉串とは、榊(さかき)の小枝に紙垂(しで)をつけたもので、玉串奉奠には、玉串に自分の心をのせて神にささげるという意味があります。

なお、玉串奉奠の前(式場に入場する際)には、水で手と口をすすぎ清める手水の儀(ちょうずのぎ)という作法があります。

 

「手水の儀」の作法

  1. 柄杓(ひしゃく)を右手に持ってまず左手を洗い、次に柄杓を持ち替えて右手を洗います。
  2. ふたたび柄杓を右手に持ち、左手で受けた水を口に含み軽くすすぎます。
  3. 左手を洗い清めたのち、柄杓を立てて残った水を柄に流して洗い、元の位置に戻します。
  4. 最後に懐紙で手を拭いて、手水の義を終わります。

042chouzu

「玉串奉奠」の作法

  1. 玉串の根本を右手で上から持ち、左手は葉先の下に添え、時計回りに根本を手前に向けます。
  2. 左手を玉串の根本にすべらせ、玉串を持ち替えたら右手を葉先の下に添えて、時計回りに根本を祭壇に向け、玉串を置きます。
  3. 二礼、二拍手(しのび手)、一礼を行い、数歩下がって遺族と神職に一礼して戻ります。

※静かに音を立てずに手を叩くことを「しのび手(忍び手)」と呼びます。

042tamagushi

献花の作法【キリスト教式葬儀のマナー】


キリスト教式の葬儀では、献花が仏式の焼香にあたります。

 

献花の手順としては、以下の流れで行われます。

  1. 係の人から、花のつぼみが右にくるように両手で受け取ります。
  2. 献花台の前に進み、一礼したのち、花の茎が祭壇を向くように時計回りに回します。
  3. 左手の甲を下に、右手はそっと添えるように花を静かに献花台に置きます。
  4. 黙祷(もくとう)を行い、一礼したら2、3歩下がり、遺族や神父または牧師に一礼して戻ります。

献花
ちなみに、キリスト教では死は神のみもとに召されることを意味するため、「ご愁傷さまです」というようなお悔やみの言葉は不適切とされています。

 

人数が多いときは1回がマナー

焼香を行う作法は宗派に合わせることが通常ですが、参列者の人数が多い時は時間の調整から焼香の回数を1回で行うことがマナーとされています。事前にアナウンスされる場合もありますが、状況を見て判断しましょう。
焼香は回数にこだわるよりも、故人を弔う気持ちを込めることが大切とされているため、どの宗派でも焼香が1回であっても問題とされることはありません。また、各宗派ごとの作法がわからない場合は自身の宗派で焼香を行いましょう。

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (9)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。