はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

訃報連絡の方法と書き方・文例

訃報(ふほう)とは、誰かが亡くなったことを知らせることです。例えば、家族や親族が亡くなった場合には、知人や関係者に対して訃報を知らせる必要があります。
しかし、非日常的な出来事であるため、適切に訃報連絡を伝えたり、書いたりするのは大変だと思います。そこで今回は、訃報の意味や連絡手段、書き方などについて紹介します。

訃報とは

訃報とは、人の死を知らせることです。電話など遺族が関係者に直接伝えることはもちろん、新聞の訃報欄などで伝えることもあります。また、芸能人などの死亡のニュースがインターネットのニュースに載ったり、TVやラジオで放送されるような場合も、訃報といえます。
故人の死亡の事実を周囲に適切に伝える、さらに葬儀の案内を行うためにも、非常に重要です。

訃報連絡の手段

訃報の連絡手段として、以前は新聞や電話、電報などが一般的でした。また、近隣住民に知らせる場合は、回覧板なども使われていました。最近ではメールやSNSなどで連絡する人もいます。

電話での訃報連絡

訃報を伝える際には、電話で連絡する方が今も多いようです。
FAXやメールの場合、送られた相手が訃報に気づかないこともあるため、確実に情報を伝えるという点では、電話が用いられます。

一方で、つながらない場合には何度もかけなければならないというデメリットもあります。亡くなった直後のあわただしい中で、何人にも連絡をしなければならないことに、負担を感じる遺族も多いのではないでしょうか。
近親者など、危篤の際に連絡を入れておくと、受け手も意識しているため訃報が伝わりやすいということもあるようです。
また、死亡直後に連絡をするのは身内のごく親しい人に限り、それ以外の人には葬儀社との打ち合わせの後、葬儀の日程や場所などが決まってから、訃報を伝えるというのが一般的です。

メールやSNSで訃報を伝える場合の注意点

メールやSNSなど、時と場所を選ばず、素早く多くの人に一斉に連絡できるため、訃報を伝える手段としてもよく用いられます。
しかし便利な反面、気をつけておくべき点もあります。

訃報を伝える手段に決まりはありません。そのため日ごろ連絡を取りやすい方法で伝えるのが最も確実で、効率的です。一方で、メールやSNSで訃報を送ることに対して、不信感や抵抗感を持つ方がいる場合もあります。年配の方など普段からメールなどに慣れ親しんでいない方々に対しては、充分に配慮し失礼にあたらないように気をつけましょう。

訃報で伝えておくべきこと

訃報の内容は、まず故人が亡くなったという事実と、通夜や葬儀の案内を連絡するのが基本です。
これ以外の詳細情報については、追って連絡するというケースも最近は多いようです。
なぜなら、最近は昔と違い、外部の葬儀場などで通夜や告別式を開催することが多いため、第一報の時点では詳細な調整ができていないことがあるからです。一般的に、訃報では次のような内容のことを伝えます。

 

・故人の名前
・通夜や葬儀の日程、場所
・喪主の名前、連絡先
・宗旨・宗派
・死因(必ずしも伝える必要はありません)

訃報連絡はどこまでする

訃報連絡はどの範囲の方まで、伝えるべきなのでしょうか。

訃報連絡の範囲

家族や親族、故人と深く親交のあった知人や友人にはきちんと伝えるようにしましょう。また、通夜や葬儀の準備のために、葬儀会社に連絡するのも忘れないようにしましょう。

故人が会社員だった場合は、会社の上司や同僚の方、人事部などに連絡して、周知してもらえるようお願いしておく必要があります。
最近は、近隣に住む人との関係性が希薄なケースも増えていますが、町内会や自治体などを通じて近所の住人にも伝えておくのが礼儀でしょう。

また、訃報というよりは葬儀の準備とも重なりますが、菩提寺がある場合にはまず菩提寺に連絡を入れます。

連絡する順序

訃報には連絡する順序が決まっています。
前述したように、メールなどで一斉送信すると、失礼にあたる場合もありますので、事前に送り先の内訳を把握しておきましょう。

まず、家族や親族、近親者に連絡します。
次に、故人が特に親しくしていた知人や友人に連絡し、故人の知人、友人、会社や学校などの関係者、町内会、自治会という順番で連絡が必要です。
ただし、最近は家族葬など親族のみで葬儀を行う場合もあります。
そのような場合は、葬儀が終わった後、ハガキなどで親族以外の人に報告することも多いです。

なお、家族葬などを選んでいて、かつ、訃報を伝えようか迷った相手には伝えないというケースが多いようです。

訃報連絡の文例と書き方

訃報連絡の文例を紹介します。

親戚、知人、友人などへの文例

以前より闘病しておりました母〇〇が、〇月〇日○時に逝去いたしましたのでご報告申し
上げます。
生前は多大なご懇親を賜り、誠にありがとうございました。
近親者で通夜を済ませた後、告別式は〇月〇日〇時より、□□で神式にて執り行います。
告別式 平成〇年〇月〇日 午前〇時から〇時
葬儀場の場所、名前、住所、電話番号
喪主 〇〇
ご不明な点などございましたら、以下までご連絡いただければと存じます。
連絡先:○○-○○- ○○

社員の訃報の文例

各位
□□部の△△様(社員名)のご尊父〇〇様がご病気のため、〇月〇日午後○時頃、永眠されました。

通夜および告別式が、以下の日程で行われますので謹んでお知らせ申し上げます。
通夜:平成〇年〇月〇日 午後〇時から〇時
告別式:平成〇年〇月〇日 午後〇時から〇時
葬儀場の場所、名前、住所、電話番号
喪主 〇〇様
備考:葬儀は神式にて執り行われます

まとめ

訃報を伝えなくてはいけない状況は、ある日突然やってくるものです。
故人への弔いの意を込めつつ、滞りなく対応したいものです。
今回紹介した内容を参考に、伝える相手に合わせ適切に対処していただければ幸いです。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (5)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す