はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

焼香は3種類ある?立礼焼香・座礼焼香・回し焼香の手順と作法

焼香とは、仏式の葬儀や法事など焚くお香のことで、焼香の後、亡くなった方や仏様に向かって拝みます。焼香は式場の造りや広さ、参列者の人数などによって、「立礼(りつれい)焼香」「座礼(ざれい)焼香」「回し焼香」の3種類がありますが、それぞれ違った手順を踏まなければなりません。そこで、ここでは最初に基本的なお焼香のやり方を説明した後で、それぞれの焼香について具体的に解説していきます。

焼香の基本

焼香は、香木を細かく砕いた抹香(まっこう)か、線香のどちらかを使用します。「焼香」と言うと抹香を焚くイメージが強くありますが、線香をあげることも含まれています。抹香は主にお通夜や葬儀・告別式の式中に、線香は安置室やお通夜、お葬式が始まる前の会場、法事などで使用されるのが一般的のようです。

抹香を使う焼香では「おしいただく」所作が大きなポイントです。右手の親指、人差し指、中指の3本を使って抹香をつまみ、目の高さ位まで持ち上げる所作のことです。

抹香を焚く回数は、1〜3回が一般的ですが、その回数は宗派によって異なります。また、おしいただかずに焚く宗派や、特に決まりのない宗派もあります。もちろん、故人の宗派に合わせられれば、それに越したことはありませんが、ご自身の宗派の作法で焼香すれば良いとされています。

また、お葬式の場では焼香の回数について式場で案内があることもあります。特に参列者の数が多い場合には「1回焼香」といって、焼香の回数を1回とすることが多いようです。

一方、線香を使うときは、右手で持ち、ろうそくの炎で火をつけた後、軽く振るか左手であおいで火を消し、1本ずつ香炉に立てます。通常の仏壇に線香をあげるときと同様に、息で火を吹き消すのは厳禁です。あげる線香の本数は宗派によりますが、基本は1本か3本です。

焼香の種類と基本的な所作

「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」について、それぞれの手順と注意点を解説していきます。

立礼焼香

椅子の席が設けられた式場などで使われることが多く、現代では最も一般的な方法です。一人ずつ、または数人ずつ順番に祭壇の前まで歩いて行き、立ったまま焼香をします。移動の際は、順番だからといってあまり慌てず、落ち着いて振る舞うよう心掛けましょう。
まず、自分の番になったら席を立ち、祭壇の手前まで行って立ち止まります。

遺族と僧侶におじぎをしてから、祭壇の前へ移動します。遺影に向かっておじぎもしくは合掌します。

設置されている焼香台で焼香をし、再度遺影におじぎをして合掌します。

自分の席へ戻る際は、遺影の方を向いたまま数歩下がり、遺族と僧侶におじぎをした後で体の向きを変えて自席へ向かいます。

座礼焼香

こちらは畳の敷いてある式場などで採用される座って行う方法で、「膝行・膝退(しっこう・しったい)」という独特な方法で移動することがあります。祭壇の前まで進んで腰を下し、膝行・膝退での移動では、座った状態で畳についた両手の親指を立て、他の指を軽く握り、その状態のまま両腕を体の少し前に置き、腕の力で体を軽く持ち上げます。そして、膝をついたまま腰を前後に押し出しながらすり足のイメージで前後進します。

祭壇までは、低い姿勢で歩いて移動します。また、手を畳についているときは、手にしている数珠を畳につけないよう気をつけましょう。

座礼焼香の手順は次のとおりです。

自分の番がきたら、腰を落とした低い姿勢で祭壇の手前まで行き、座ります。

正座し直したら遺族と僧侶におじぎをし、膝行の方法で祭壇の前へ移ります。

遺影に向かっておじぎまたは合掌し、焼香を済ませます。

再度合掌し、祭壇を向いたまま膝退で後ろに下がります。遺族と僧侶におじぎをします。

後は、来たときと同じく腰をかがめて中腰のまま自席へ戻ります。

回し焼香

通常は参列者が焼香台まで行く方法が採用されますが、特定の理由がある場合は抹香と香炉などを乗せたお盆を順に回し、各自が自席に着いたまま焼香を行う方法が採用されます。例えば、式場が狭く移動しづらい、焼香をするほどの広さが確保できないとき、参列者の人数が多いときなどに使われます。また、参列者に高齢者や足の不自由な方がいるような場合も、負担がかからないよう回し焼香にする場合もあります。

お盆を膝の上に乗せなければならないときは、誤って落とさないように注意が必要です。特に参列者の中に子どもがいるときは、周囲の大人がフォローしてあげましょう。

回し焼香の手順は以下のとおりです。

自分のところにお盆が回ってきたら、軽くおじぎをして受け取ります。

畳敷きの式場であればお盆を膝の前あたりに置き、椅子席であれば膝の上に乗せます。

祭壇に向かっておじぎまたは手を合わせて焼香をします。

そして、再度祭壇に向かって合掌し、次の順番の人にお盆を渡します。

まとめ

仏式のお葬式や法事に出席すると、焼香はほぼ必ず行われます。多くの人が見守る中で焼香を行う場合「自分に順番が回ってきたらどうしよう」などと慌ててしまうかもしれませんが、心配する必要はありません。葬儀式場で行われるお葬式であれば、ほぼ間違いなく順番は葬儀社の担当者が案内してくれますし、焼香の回数なども案内があることも多いのでまず心配はないでしょう。

また葬儀社選びや葬儀の見積もりなどに関することでご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す