はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

【2019夏】お盆の基本をサクッとおさらい!

お盆の基本

お盆にかかわる基本的な知識をひとまとめ。
「短時間でお盆の基礎を学びたい!」そんな時にご活用ください。

お盆とは

ご先祖様を供養する儀式。 「ご先祖の霊がこの世に里帰りする」大切な時期です。

*お盆は仏教行事でもある一方で、地域の風習という面もあります。 また宗派によっても異なります。詳しくは、菩提寺に聞いてみましょう。

新盆と旧盆の誕生秘話

お盆には7月の「新盆」と8月の「月遅れ盆」「旧盆」があります。

明治維新で日本の暦は旧暦から新暦に変わって、お盆の 時期も変わりました。 でも、旧暦では農閑期にあったお盆も、一ヵ月早まるととても忙しい時期に…。 そこで地域によっては「月遅れ盆」 8月 15日をお盆としましょうという ことになりました。また、旧暦でお盆を迎える地域もあります。

お盆のはじまり

お釈迦様のお弟子の目連尊者(もくれんそんじゃ)が、 地獄に落ちたお母さんを助けるため、お釈迦様の教えに 従って、夏におおぜいのお坊さん招き供養をします。 すると地獄に落ちたお母さんは、極楽に往生できました。 以来、この日は、父母やご先祖様に 感謝をささげる大切な日になりました。

なお、実際には、遠く中東の行事が シルクロードを通って伝わったと考えられています。

お盆の迎え方

 精霊棚を飾ります

12日夕刻、または13日午前中。 精霊棚や仏壇のお飾りとお供えをすませます。

 迎え火を焚きます

13日夕刻。縁側の軒先か精霊棚に吊るした堤灯に 火を灯します。

家の門口や玄関で素焼の焙烙(ほうろく)に、オガラという 麻の茎を折ってつみ重ね、火をつけて燃します。

これを迎え火といい、その煙に乗って先祖様 が家に戻って来るのをお迎えします。

 送り火を焚きます

16日、または15日。家に迎えた精霊をお送りします。 迎え火をたいた同じ場所で16日(または15日)オガラ をつみ重ねて火をたきます。 これを送り火といいます。

お盆のお供え きゅうりの馬となすの牛、ほおずき

お盆に飾るきゅうりとなす。きゅうりは馬、なすは牛 を表しています。ご先祖様に「馬に乗って早く来てくださいね」「帰り は牛に乗ってゆっくり帰ってくださいね」という想い が込められています。
ご先祖様は馬に乗って、牛には荷物 を乗せるという説もあります。

また、仏花やほかのお供えと並べて飾るほおずきは、 提灯の灯りを表しているともいわれます。

新盆の迎え方

初めてのお盆は仏様になった故人が、 「亡くなってから初めて里帰りをする」大切な行事です。

初盆専用の絵柄の無い白提灯を飾り、僧侶や近親者を招いて初盆法要を営みます。

四十九日前にお盆が来る場合は、初盆は翌年となるのが一般的です。提灯やお香典、供物などを贈られることもありますが、 お返しは必要ありません。

*お盆は仏教行事でもある一方で、地域の風習という面もあります。 また宗派によっても異なります。詳しくは、菩提寺に聞いてみましょう。

お盆から生まれたお中元

推古天皇の時代に初めて行われた日本のお盆。江戸時代になると庶民の行事としても盛んになります。

このころ、 「盆礼」といって親族や知人の 家を訪ね、贈り物をするようになりました。 これが、今の「お中元」につながっていると 言われています。

お盆法要に招かれたら?

お盆法要には、お香典を持って行きましょう。

5千円から1万円くらい。お葬儀のお香典と同額程度が目安です。お香典の表書きは「御仏前」もしくは「御供物料」です。

提灯を贈る場合は、置く場所などにも考慮する必要があります。事前に希望を聞いておくと丁寧です。

お盆とお彼岸比べてみると

 お盆お彼岸
意味ご先祖様が帰ってくる期間仏教徒として正しく過ごしながら、ご先祖様に想いを馳せる期間
回数年に1回(夏)年に2回(春・秋)
時期7月13日~16日   (地域によっては8月) 春彼岸 : 春分の日の前後3日間
秋彼岸 : 秋分の日の前後3日間
やること精霊棚を飾る   迎え火・送り火を焚く 施餓鬼会・盂蘭盆会 お墓参り お仏壇、仏具の掃除
彼岸会お墓参り

盆踊りのひみつ

盆踊りのはじまりは、平安時代、 空也上人の踊念仏がお盆の行事と 結びついたと言われています。 北九州各地の「精霊流し」、 京都の「大文字焼き」も送り火の一つ。 夏の風物詩、打ち上げ花火も、 精霊送りの行事から生まれたそうです。

>>新盆、初盆の準備と手順

まとめ

お盆について、スライドでまとめました。お盆の時期が地域によって変わるように、お盆の風習や新盆法要などは、宗旨宗派や地域によっても違いがあります。詳しくは菩提寺に確認しましょう。
また、お盆法要を営みたいという方にはお坊さんもご紹介しています。お気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (4)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す