葬儀・告別式

葬儀・葬式の流れをご紹介します。

葬儀と告別式は明確に区別せず、ひとつの流れのなかで行うことが多いです。
時間は1時間程度で、僧侶の入場後に読経が始まり、読経中に遺族、親族、会葬者の順で焼香を行います。
その後、弔辞・弔電を奉読します。僧侶退場後、お別れのお花入れ、喪主・親族代表のあいさつがあり、出棺となります。 お花入れでは、追加の愛用品と、祭壇にお供えしていた一膳飯と枕団子を納棺します。

葬儀・告別式の流れ

世話役や弔辞をお願いする方にあいさつをする

葬儀・告別式が近づくと参列者が訪れ慌ただしくなりますので、その前にお礼のあいさつをしましょう。 簡単なあいさつに留め、役割分担や弔辞のタイミングなどについては、世話役代表や葬儀担当者に任せましょう。

僧侶を迎える

僧侶には葬儀・告別式が始まる15分前に式場に着くようにお願いし、世話役(世話役がいない場合は、葬儀担当者)にお迎えに行っていただきます。 僧侶が式場に着いたら、控室へ案内しましょう。

受け付け(参列者・香典の記録)をする

参列者の受け付けは1時間前から始めます。 受け付け係が会場の受け付けにおいて、参列者に記帳してもらい、香典を受け取って会計係に渡します。
会計係は参列者から受け取った香典を記帳し、計算し、安全に保管・管理します。 喪主は祭壇前に座り、参列者のお悔やみの言葉にも簡単なあいさつで応じましょう。

座席順に着席し、葬儀・告別式を行う

葬儀・告別式は、僧侶が式場に入場するところから始まります。 時間は1時間程度の場合が多いです。
僧侶入場後に読経が始まり、読経中に家族や親戚、参列者のお焼香を行います。 弔辞がある場合は一般的に読経の後に行い、その後、司会者が弔電を奉読します。 参列者で最後のお見送りまでお付き合いいただける方は、お焼香後も式場にとどまります。

(告別式の後)お別れの儀を行う

僧侶退場後、お別れのお花入れ、喪主のあいさつがあり、出棺になります。 お花入れは故人との最後のお別れなので、参列者も含め全員でお別れをします。
この時、追加の愛用品と、祭壇にお供えしていた一膳飯と枕団子も納棺します。

出棺前のあいさつを行い、出棺する

お別れのお花入れの後、柩(ひつぎ)のふたを閉めるくぎ打ちの儀式をします。
ふたの真ん中に刺さっているくぎを御影石などの小石で軽く2回たたき、最後に葬儀担当者がくぎを打ち込みます。
最近では、くぎ打ちを行うことは少なくなってきました。
出棺の前に喪主があいさつを行い、出棺の時は、僧侶、位牌(いはい)を持った喪主、遺影写真を持った遺族、柩(ひつぎ)と続きます。 柩(ひつぎ)は故人と近しい人に持っていただきます。

宗教別葬儀の流れ

【仏式葬儀の流れ】

仏式葬儀の流れ 宗派によって多少の違いはありますが、仏式の葬儀の流れをまとめてみます。
一般焼香の後、いったん導師が退場して司会役は葬儀終了の辞を述べ、直ちに告別式に移ると報せ導師が再び入場するというやり方もあります。
焼香の際には中央に進み出た時に焼香の前とあとに喪主・遺族は会葬者に軽く一礼するのが礼儀です。
会葬者も軽く頭を下げて返礼します。一般会葬者も焼香の番になったら前とあとに着席している喪主・遺族に目礼をし、そのまま出口に向かい退席します。

【神式葬儀の流れ】

神式葬儀の流れ 神式では通夜を通夜祭と呼び、式を司る神官が斎主、進行の世話役は斎員と称します。
祭儀に入る前に手水の儀といって桶に入れた水を柄杓ですくって手と口を洗い清め白紙で手を拭きます。
手を清める時は水を三回に分けて注ぐのがしきたりです。
大まかな式次第は仏式と同じですが一番大きな違いは仏式が焼香を行うところで榊の枝に四つ折りの紙を付けた玉串を祭壇に捧げる事です。
これを玉串奉奠の 式といいます。
そして故人の霊を遺体から霊璽に移す遷霊祭を行います。
その後もう一度玉串奉奠を行って通夜式が終わります。
※「修祓」とは斎主が斎場や参列者を祓い清める事をいいます。また「献餞」とは神に供物を供える事をいいます。

【キリスト教式葬儀の流れ】

キリスト教式葬儀の流れ キリスト教ではカトリックは通夜の事を通夜の儀、プロテスタントは前夜祭と言います。
カトリックは聖歌合唱で始まり聖書朗読、神父説教、祈り、献花、遺族挨拶が式次第です。
プロテスタントでは讃美歌斉唱から始まりこれが三度間に入って式が進みます。
キリスト教では神父や牧師が世話役を勤め進行役も兼ねます。
葬儀はだいたいにおいて教会で行います。
座る席順は喪主・遺族・親族が最前列に座るほかは他の人たちは席順には拘りません。

無宗教・音楽葬など

【無宗教葬の式次第】

無宗教葬の式次第 葬儀の式進行から仏教とかキリスト教とかの宗教色を抜いた、自由な形で行なう宗教を「無宗教葬」と呼んでいます。
無宗教葬は個人葬では比較的少なく、団体葬や学校葬などの葬儀に見られます。 その場合には身近な人たちで密葬を先に行い、公的な葬儀を無宗教という形で行います。
従って公的な葬儀では既に火葬を済ませている場合が多く、その場合は棺の代りに遺骨が遺影と共に祭壇に飾られます。
個人的な家庭葬の場合は決まった形式と言うのはありません。
仏式葬儀の特徴である読経や焼香がなくその代わりに故人にゆかりのある音楽が流され、焼香の代わりに献花をする形が多く見られます。
団体葬の場合は本葬儀には葬儀を主催する団体が中心となってすべてが進行するようになります。

【音楽葬】

音楽葬 一般に行われる仏式での読経やキリスト教葬での讃美歌などの代わりに、故人が生前愛していた曲や関係する音楽を生演奏またはテープで会場に流すのが音楽葬 と言われるものです。
これは無宗教葬や社葬、学校葬などさまざまな葬儀形態で用いますが、音楽が中心になっているところが特徴でしょう。
個人の葬儀に用いられる音楽、生演奏ではピアノや弦楽四重奏団、録音ではテープやCDが使用されます 。
団体葬になると多人数からなる管弦楽団、合唱団による献歌が行われることもあります。
使用される音楽では主にクラシックでは宗教音楽や静かな曲が多く、また歌謡曲・ポピュラーも故人の生前愛好した曲が流されることあります。

STORYお別れ会

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」