【参列のマナー】女性の喪服マナーについて

葬儀の服装、バッグ、鞄などについて(女性編)

喪服とは、葬儀や法事などに参列する際に着用する礼服のことです。喪服は日常生活であまり着る機会がないため、どんな喪服が正しいのか、失礼にあたってしまう身だしなみはあるのかなど、悩んでしまう方が多いのではないでしょうか。

そこで、今回は女性の喪服の種類や選び方、身だしなみの留意点について紹介します。突然の訃報があったときでも困らないように、しっかり覚えておきましょう。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

女性の喪服の種類

女性の喪服は、正喪服・準喪服・略喪服の3種類があります。

正喪服

文字どおり、正しい喪服という意味があり、3つの中では最も格式が高い喪服です。葬儀や告別式、一周忌の法要などで、喪主や親族など葬儀の主催側が着用します。

準喪服

一般的に喪服と呼ばれるものを指します。一般参列者や遺族に近い親族が着用します。

略喪服

三回忌以降の法事や、弔問、通夜に参列するときに着用するものです。黒や濃紺、グレーなどの暗い色で控えめな印象のものを着用します。

喪主や親族の場合

喪主や親族であれば、正喪服(もしくは準喪服でも可)を着用します。
洋装は、黒無地で、シルクやウールの光沢のないワンピースやアンサンブル、スーツが基本です。

デザインは体のラインが出ないゆったりしたものを選びます。派手な小物やボタンなどがなく、できるだけシンプルなものが望ましいです。

スーツの場合、インナーのブラウスも黒いものを身に付けます。白色や柄のあるものは避けましょう。

和装の場合

和装であれば、染め抜き五つ紋の黒無地の着物を着用します。帯や帯揚げ、帯締めもすべて黒無地を選びます。半襟、襦袢、足袋は白色でも良いとされていますが、草履やバッグなど人目に付く小物などはすべて黒にします。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント!

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

参列者の場合

一般参列者ならば、主催側より格式が高くなってしまわないよう気を付けるのがマナーです。そのため、一般参列者が最も格式が高い正喪服を着ることは避けましょう。

通夜や告別式では、一般的な喪服とされている準喪服を着用します。以前は、通夜は略喪服(平服)で参列しても良いとされていましたが、最近では準喪服を着用する方が多くいます。もし、準喪服の用意が間に合わず略喪服で参列する場合は、黒や紺色、グレーなどの控えめでフォーマルな印象のものを選びましょう。

和装の場合

着物の場合、色無地一つ紋または三つ紋付きの着物に黒い帯を着用します。

化粧や宝飾品にも注意する

化粧は薄化粧を心掛け、口紅やチークも薄めにします。

アクセサリーは、結婚指輪以外はつけないことが基本ですが、一連のパールネックレス、一粒のパールのイヤリングまでなら問題ないとされています。

二連のネックレスは、不幸が重なるとしてタブーです。髪をまとめるときのヘアアクセサリーも黒色にしましょう。

バッグなどの小物も葬儀にふさわしいものを

喪服以外の靴やバッグなどの小物も、落ち着いた黒無地のものを選んでください。

そして、殺生をイメージさせるものも避けるのがマナーです。毛皮や生き物の皮 (動物や爬虫類系の皮革)の製品は身に付けないようにしましょう。光沢がある素材も好ましくないため、革製のバッグや靴を身に付けるのであれば、ツヤを抑えたものを選びと良いでしょう。

また、ビーズやエナメルなど光沢のあるもの、光るものを身につけるのも控えます。金ボタン、ベルトの光るバックルなどは、布で覆って隠すか、別のものにしましょう。

あわせて読みたい

スカート丈、襟元、袖の長さ

葬儀の際の喪服については、露出を抑えることを基準に選ぶと良いでしょう。スカート丈や襟元、袖の長さは長めのものを着用します。

スカート丈や襟元、袖の長さは、露出を抑えることを基準に選ぶと良いです。

スカート丈は、膝が隠れる丈からくるぶし丈になるようにします。通夜や告別式では立ったり座ったりすることが多いため、座った時に膝が隠れるくらいの丈を選んでおくと安心です。

若い世代でも膝上の短いスカート丈は避け、膝が隠れる丈を選ぶと良いでしょう。年齢を重ねたミセス世代は、上品でエレガントな印象のロング丈を選ぶと良いでしょう。

また、もし胸が大きくてワンピースの前丈が上がってだらしない印象かも…と感じる方は、 『HEART CLOSET』 のようなアパレルブランドでは、スタイルを強調しない喪服が販売されています。

そして、袖丈は夏でも肘が隠れるくらいの6~7分丈のものを選びましょう。露出を抑えるため、素材は透ける生地は避けてください。

襟元は、極力詰まったデザインが望ましいです。胸元が大きく開いたものは避けましょう。細身の体型の方であれば、ジャケットのデザインは首元までボタンのあるものを選ぶと襟元の開きが気になりません。

女性の喪服に合わせるストッキング

黒で無地のストッキングを選びましょう。黒の30デニール以下のもので、肌がうっすらと透ける程度の厚さが望ましいです。黒でも厚手のタイツや柄、ポイントの入ったデザインはカジュアルな印象になるので避けましょう。

たとえ夏であっても、黒のストッキングを着用します。素足や肌色のストッキングで参列することは避けましょう。

しかし、真冬や雪国での葬儀の場合は、60デニール位までのタイツであれば着用しても問題ないといわれています。

また、高齢の方や妊娠中の方は体を冷やしては大変ですので、体調などを見て家族や親族と相談のうえ判断するとよいでしょう。

寒い時期の上着

寒い時期の上着は、できるだけ落ち着いた色味のものを選びましょう。色は黒が望ましいですが、紺やグレーでもカジュアルじゃなければ大丈夫です。

喪服の上にはおるコートや上着に、きまりはありません。ですが、できるだけ控えめでフォーマルな印象のものが良いでしょう。色は黒が望ましいですが、紺やグレーなど暗い色でカジュアルなものでなければ着用しても良いでしょう。靴や小物と同様、コートも毛皮や革など生き物の皮のもの、光沢のあるものなどは避けましょう。

急な弔事があっても着用できるように、フォーマルな黒のコートを一着持っていると安心です。

喪服の予算の目安とは

喪服購入にあたっての予算は3万円から5万円ほどです。

喪服を買う際の費用は、どのくらいを目安にすればいいのでしょうか。

1万円前後の商品も売られていますが、あまり安い商品は品質に不安があることも考えられるので、3万円から5万円ほどの商品から選ぶ方が増えています。

喪服の値段の違いは、生地の質や機能性、黒色の濃さなどに現れます。高額な喪服は、生地の質やデザイン性が高い傾向にあり、またアジャスターがついているなど、着用時により体にフィットするように作られています。また、礼服は、黒色が濃いほど高級なものとされていて、品質を見分ける大きなポイントになります。

喪服は、10年ほどで買い替える時期が来るといわれています。現在の自分と10年先の自分、どちらが着てもおかしくないデザインなのかを想像してみることも大切です。

喪服のレンタルについて

喪服は、それだけで5万円以上することも多い高額なものですが、靴やバッグ、数珠、袱紗など小物類まで買い揃えるとなると、相当な費用がかかります。

何万円というお金をかけて一式全部揃えたとしても、数年でサイズが合わずに着られなくなってしまう場合もあります。

そのような場合にすぐに対応してくれる、喪服を低コストで簡単に用意することができる「喪服のレンタル」も注目されています。

小物のレンタルも可能

葬儀に参列するためには喪服以外にも靴やバッグ、ネクタイなどの服飾小物が必要です。喪服やそれらの小物類一式を持っていない場合にも、簡単に揃えることができます。喪服のレンタルでは、お得に必要な服装のすべてを揃えることができるため、葬儀の参列に慣れていない人でも安心して服装を整えることができるでしょう。

レンタルされている喪服は、高品質のものも取り扱っているため、着用時に安っぽく見える心配が少なく、安心して葬儀等に着用して参列することができるでしょう。

レンタルの方法

喪服のレンタルにはさまざまな方法があります。まず洋服のレンタルで思いつくのは貸衣装店かと思います。貸衣装店では、直接店舗で喪服を確認して、試着まですることができます。ほかに、葬儀場で借りることや、依頼している葬儀社に相談してレンタルの喪服を手配してもらうこともできます。

喪主や親族などの関係者は特に打ち合わせで何度も話しをする葬儀社に依頼をすると、簡単に準備することができるでしょう。

宅配でのレンタルも

インターネットで喪服レンタルを申し込みできる宅配サービスもあります

また、近年では宅配で喪服をレンタルしているサービスもあります。インターネットなどで申し込みをしてから即日もしくは翌日に宅配で喪服一式が届くので手軽で便利です。

レンタルから返却までの期間が数日あり、レンタル料金が比較的安い場合も多いといえます。

レンタル開始から返却期日までの余裕があるので使いやすいというメリットもあります。ただし交通状況や天候不順などで到着が遅れる場合もあり、 注文するときには早めに頼んだ方が安心です。

葬儀、相続、仏壇、お墓まで人生のエンディングをトータルでお手伝いする総合ガイドブックをプレゼント!

◼️葬儀社からの営業電話は一切ございません。安心してお問い合わせください。

  • 看取りから葬儀までの流れ
  • 葬儀形式について詳しく解説
  • 葬儀費用の内訳を詳しく解説
  • 葬儀場を選ぶ3つのポイント
  • 相続準備や葬儀後の各種手続き
  • 経験者の「困った」から学ぶ相続
  • 納骨&仏壇tの種類と特徴
  • 一周忌までのスケジュール
資料請求はこちら

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す