【知りたい!】みんないくら用意している?初盆の香典の相場


新盆(お盆)に参列することになったが、香典を幾ら包めば良いのか迷った経験はありませんか?

香典の相場は故人との関係性・新盆の内容によって変わってきます。

そこで故人とのつながりや宗派によって変わる相場・表書きについて考察していきます。

大人の常識として知っておくと、いざという時に役立つことでしょう

 

自分と故人との関係により変わる金額

一般的な新盆の香典金額の相場は5000~1万円です。

差が5000円と大きく開く理由として故人との関係により金額の増減があります。

具体的な例として実の祖父母であれば約5000~1万円になり、実の親・兄弟や姉妹・子供の場合は1万~3万程度です。

この金額を参考にしていけばおおよその金額が予想が可能です。

親族であれば白いちょうちんの代金を出す可能性もありますので、ちょうちん代もあらかじめ準備しておく必要があります。

どうしても金額が予想できない時は3000円・5000円・1万円の3段階の中で故人との関係性を考えて選ぶといいでしょう。

 

お盆

 

宗派によっても異なる香典の金額

宗派によっても金額が異なりますが、一般的な香典金額の相場は5000~1万円で変わりありません。

例えば浄土真宗では友人で2000~5000円、親族では5000~2万円が相場になっています。

わからない時は周囲に合わせるのが安心です。

立場が同じ、または似ている人に確認してみると安心でしょう。

親族の場合は読経の後に御斎(食事)に招かれる可能性がありますので、その場合は1万円程度にし、食事がない場合は5000円程度にすれば周囲と外れることはありません。

ただ1人で出席する場合と家族で出席する場合では違いますので、家族で参列する場合は相場よりも多めの金額を用意するといいでしょう。

 

表書きの書き方について知りたい!

宗派によって表書きに大きな違いはありませんが、仏教式では内容によって違います。

果物やお菓子等お供えする場合は「御供物」「御供」、香典には「御供物料」「御仏前」「御佛前」を使います。

新盆の場合、故人との関係が親や兄弟など身近な親族の場合はちょうちん代も必要です。

ちょうちん代の表書きは「御ちょうちん(ちょうちん)料」です。

水引は双銀・黒白・藍銀で関西方面では黄白・黄銀の結び切りが一般的です。

神式での香典の表書きは「御玉串料」「御神前」ですが、宗教宗派を問わず使えるのは「御供物料」です。

不祝儀袋は入れた金額に見合った袋にしましょう。

表書きの下に、夫婦なら中央に夫の名前を書き、夫の左横に妻の名前を連ねます。

新盆での読経では葬式の様に受付があるとは限りませんので、香典・ちょうちん代を渡すタイミングは訪問時の施主にあいさつする時がベストです。

 

【関連記事】

 


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。