直葬のメリットは?どんな人が直葬を選んでいるの?


直葬は火葬式とも呼ばれ、お通夜、告別式などの儀式を行わず、親族などのごく少数の親しい人のみで行われる葬儀の形式です。

最近では直葬を選ぶ人も増えてきました。

直葬のメリットは費用が安い、時間が短いので遺族の疲労や精神的負担を軽減できることなどがあります。

この形式を選ぶのは、一人暮らしで家族や親族がいない人や葬儀費用をあまりかけたくない人などが多いようでう。

最近、利用者も増えている直葬について、その特徴や業者の選び方などを紹介したいと思います。

 

直葬のメリット・デメリット

直葬のメリットは、何といっても葬儀としては手がかからないということです。

家族を亡くして悲しみの中にいるときに、葬儀の参列者への対応を考えるというのはとても大変なことです。

直葬の場合は親族などのわずかな人だけが参列する極めてシンプルな形式なので、普通の葬儀に比べて煩わしさがありません。

そして費用が安いということが最大の特長です。

その反面、故人とのお別れの時間が思ったより取れず、きちんと葬儀を行えばよかったと後悔する人もいるようです。

葬儀は一生に一度の大切なものなので安易に安いものを選ぶというのは望ましくありませんが、不必要なところにお金をかけないという選択肢もあることを覚えておきましょう。

 

聞く男性

 

直葬を選択した人に聞く!その理由とは?

直葬の選択理由として、まず費用のことを挙げる人が多いです。

これは、故人や遺族が経済的にあまり余裕のある状態ではなく、葬儀にできるだけ費用をかけたくないという場合や、経済状態とは関係なく葬儀というものにお金を使いたくないという場合などです。

また、遺族の性格や考え方として、できれば家族だけで他の人を入れずに故人を見送りたいという気持ちの人もいます。

さらに故人の意思ということもあります。

家族や親戚がいない、あるいは家族の負担になりたくないからと考えて生前から直葬を望み、それを書き残しておく人もいます。

また、普通の形式の葬儀を経験した遺族が、それに対する不満から直葬を選ぶ場合もあるようです。

 

どこの葬儀社でも直葬はできるのか?

すべての葬儀社というわけではありませんが、多くの業者が直葬を行っています。

ただ費用も内容も葬儀社によって大きく違うので、直葬を利用するときは、どんな葬儀にしたいのか、どこまでのサービスが必要なのかということをあらかじめ考えて、葬儀社に質問したり希望を伝えることが大切です。

そして、そのときの対応も考慮したうえで葬儀社を選ぶと良いでしょう。

なお、直葬といっても、遺体の搬送や納棺、死亡診断書の提出や火葬埋葬許可書の取得などは行わなくてはならず、このような費用がどうなるのかということは事前に葬儀社に確認しておくべきです。

また希望があれば火葬の際にお坊さん(僧侶)を呼んでお経をお願いすることができる場合もあるので、そのあたりのことも考えると良いでしょう。


日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」では、さまざまな葬儀に対応したプランや費用から日本全国の信頼できる葬儀社を検索することができるほか、第三者機関という立場から「葬儀・お葬式」に関するご質問にもお答えしています。

お電話での問い合わせも24時間365日対応しており、お急ぎの場合の相談も無料でお受けしています。
また、運営元の株式会社鎌倉新書では、葬儀社紹介だけではなく、霊園・墓地や石材店、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持っていますので、幅広い情報を提供しています。

 

3.5/5 (4)


The following two tabs change content below.
「いい葬儀マガジン」を運営する鎌倉新書は、供養関連の出版社として、葬儀・お墓・仏壇・寺院・相続など、人生のエンディングに関する情報提供を長年行ってきました。その経験をもとに、多様化する社会や価値観の中で今求められている情報を発信していきます。