はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お葬式の供花とは。種類と費用相場

供花とは、訃報を受けた際、故人と親しい人が贈る花のことです。故人に対する弔意を表すため、葬儀の場に供えられます。
しかし、葬儀という厳粛な場に贈る花ということで、大人として失礼になることは避けたいところです。そこで今回、供花の種類や費用の相場、実際の頼み方や贈り方について紹介します。

まず、供花とはどのようなものなのか、説明したいと思います。

供花の読み方と定義

供花は、「きょうか」、または「くげ」と読みます。
葬儀が行われる際、故人へのお悔やみの気持ちを込めて贈られます。
供花は誰でも贈ることができますが、通常は故人の遺族や親族、生前親しく交流していた人、遠方で参加できない人などが贈ります。

また、遺族が香典を辞退している葬儀の場合には、香典の代わりに用いられることもあります。一昔前は、2基ワンセットの1対で送る風習もありましたが、最近は1基のみで送る人も増えています。
葬儀式場では、祭壇の両端や葬儀場の入り口などに飾られることが多いです。
さらに、近年では生花祭壇の中に供花を組み込む、または供花を贈る費用を生花祭壇の費用の一部に充てるなどして、喪主の葬儀費用の負担を抑えながら、祭壇のグレードを上げるという場合もあります。
このような場合には式場の壁面や入り口付近に芳名板を飾り、誰が供花を贈ったのかがわかるようになっています。

供花を贈る際に注意する点

供花に用いられる花は、白菊を中心とした生花が一般的ですが、最近では洋花が用いられることも増えています。
供花を送る際に注意したいのは、葬儀という場に似つかわしくない華美ものや、大きくて派手なものを贈らないという点です。
ですので、あらかじめ葬儀会場に問い合わせて、規模感や予算感を確認しておくと安心です。
また、地域や風習などによっても、供花のマナーが異なる場合もありますので、こちらも併せて確認するようにしましょう。

供花の送り方

では、実際に供花を送る際、どのような順序で準備するのでしょうか。

供花は葬儀社に注文する

供花を注文する場合は、葬儀を執り行う葬儀社に連絡して注文するのがおすすめです。

地域や宗教による違いや、会場の雰囲気に合わせたものを、通夜に間に合うよう迅速に準備してくれるためです。
どうしても自分で供花を選びたいという場合は、インターネットなどで注文するのもよいでしょう。ただしその場合、葬儀会場に問い合わせ、会場の規模や予算感などをあらかじめ確認するのを忘れないようにしましょう。
また、会場によっては、葬儀社以外の供花を受け付けていない場合もありますので、注意が必要です。

供花注文の手順

まず、葬儀会場に問い合わせ、葬儀を執り行う葬儀社の連絡先を確認。次に、葬儀社に問い合わせ、喪家名と日程を伝え供花を注文します。
このとき注意したいのが、喪主に直接連絡しないようにすることです。
葬儀前は色々と準備することが多く慌ただしいため、なるべく迷惑をかけることのないよう心がけましょう。

注文する際は、個人で送るのか、会社など団体で送るのかも明確に伝えておきます。また、供花を飾る場所には優先順位があるため、故人との関係性についても伝えるようにしましょう。

供花を送るタイミング

供花は通夜が執り行われる前までに、届いている必要があります。
従って、開始時間の最低3時間前までを目安に依頼するようにしましょう。
万が一間に合わなかった場合は、通夜の翌日の葬儀に間に合うように手配するか、後飾り祭壇一式に供える花として、式場ではなく喪家宅に届けてもらうという方法もあります。

供花の費用と相場

供花の相場は、一般的なものであれば1基7,000~20,000円程度です。
2基で送る場合は、費用が2倍かかります。
ただし、大型のものになると1基15,000~20,000円程度が相場です。
地域や葬儀の規模などによっても異なりますので、あらかじめ会場に確認しておくとよいでしょう。

清算方法は、葬儀社に依頼した場合であれば参列した際に窓口で支払うことが多いのですが、後日振り込むことも可能です。
インターネットなどで注文した場合は、クレジットカードか振り込みが一般的です。

宗教ごとの供花の種類

供花は宗教によって、花の種類などに違いがあります。
代表的な事例について紹介します。

仏式の葬儀の供花

仏教では、白い菊を基調とした生花を用いるのが一般的です。
菊以外にも、小菊ユリやデンファレ、カーネーション、場合によっては胡蝶蘭が使われる場合もあります。

ただし、バラは、棘があるという理由から使用されません。アレンジする際は、落ち着いた雰囲気になるように仕上げます。
また、宗派や地域などによって異なる部分もあり、関西の一部では樒(しきみ)という白い花が使われることもあります。

キリスト教式の葬儀の供花

キリスト教の供花は生花が基本で、花籠や花束にして故人の自宅へ送るのがルールです。
そのため、教会に直接送ることは避けましょう。
使われる花の種類は洋花が中心で、特に白ユリが一般的です。
カーネーションや、スプレー菊なども使われます。
他の宗教と違い、色の付いた花が使われるのも特徴です。
意味合いとして、故人の霊前に供える花でなく、遺族への慰めとして贈ります。
また、キリスト教の葬儀は主に礼拝するという意味合いのため、生花に名札はつけません。

神式の葬儀の供花

神式の葬儀場合、供花の送り方は仏式の葬儀の時とほぼ同じです。
生花を使用した花篭やフラワースタンドなどが多く用いられます。
一昔前は、神道に欠かすことのできない榊(さかき)が供花として使われていたこともありましたが、現在はあまりないようです。

花の種類に関しても、仏教とほぼ同じですが、胡蝶蘭を使うことはほとんどありません。

まとめ

供花を送る際は、限られた時間の中で迅速に調整する必要があります。
しかし、今回紹介した内容さえ把握できていれば、慌てることなく手配することも可能です。
故人を慈しみの意をもって弔うためにも、滞りなく準備を進めれば故人も心配しないですむでしょう。

エリアを選択してください

お葬式にお呼びできなかった方のためのお別れ会・偲ぶ会「Story」

  • 将来に備えて、葬儀の事前相談 いい葬儀会員なら さらにお葬式費用が最大15万円お得になります!今すぐ0円で会員登録
  • 葬儀の見積もりはいい葬儀にお任せください!後悔しない葬儀のために費用を事前に把握 今すぐ見積もり(無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す