はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

お寺・神社の正しい参拝方法と参拝時に気つけるべきこと

参拝とは、お寺や神社を訪れ、仏様や神様を拝むことです。何かと訪れる機会があるお寺や神社ですが、実はそれぞれに正しい参拝方法や手順があります。参拝に適した服装や、してはならないことなど、さまざまなマナーもあります。この記事では、お寺や神社を参拝するときの正しい方法やマナーについてご紹介します。

お寺と神社で参拝方法が異なる理由

お寺と神社を参拝する際には、それぞれに異なる参拝方法や手順があります。それは、「仏様と神様のどちらを拝むか」の違いから来ています。
お寺は、もともとは仏様と一体になる場として建てられたものです。現代でもそこに住む僧侶は戒律を守り、日々の勤めに励んで仏様に仕えています。そのような背景から、お寺を参拝する際には、無心となり、お経を念ずるのがよいとされます。ただし、現在ではその意味合いは薄まり、参拝者のご利益祈願が主となっている面もあります。

一方、神社はその名の通り、神様が住まう場所です。自然発生した土着の宗教を基にして起こった神道において、感謝と畏敬を神様に表しつつ、願掛けをする場として建てられました。そのため、満願成就の際にはお礼参りを行うという考え方があります。
それぞれの参拝方法には意味があり、どれも守るべき作法です。では次は、それぞれの具体的な手順を確認していきましょう。

お寺での正しい参拝方法・手順

山門から手水舎まで

お寺の入り口には山門があります。山門とは俗世との境を表す門です。
山門の前では、合掌とともに一礼します。合掌とは、胸の前で手を合わせる作法のことです。宗派によって形式は異なりますが、お寺で礼拝する際の基本となり、仏様と一体になることを表しています。手を合わせるときには、音を立ててはいけません。また、山門をくぐるときは敷居を踏まないようにします。さらに女性は右足から、男性は左足からというように、性別によって入る足が異なるといわれる場合もあります。

手水舎では、一礼を捧げてから手と口を清めます。右手に柄杓を持って左手に水をかけたら、右手、口、左手、柄杓の柄の順で心身を清めましょう。この一連の動作を、最初に汲んだ一杯の水で行います。また、口をすすぐ際には柄杓に直接口をつけないよう、左手に水を注いで行います。
常香炉があればお線香を供え、煙を受けて心身を清めます。線香の火は口で吹き消すのではなく、手で風を送って消しましょう。

本堂から山門まで

本堂へ着いたら、用意したお賽銭を入れます。投げ入れる方もいますが、仏様へのお参りなので、優しくそっと入れるように心がけましょう。
合掌しながら一礼したら、お願いごとを念じます。その後、再度一礼して、本堂を後にします。

焼香台があれば、焼香を行います。何回するかは宗派によって違いますから、分からない場合は1回だけにしてもかまいません。
お寺を出る際も、山門の前で一礼しましょう。

神社での正しい参拝方法・手順

鳥居から手水舎まで

お寺の山門と同様、鳥居を境に、境内は神域とされています。くぐる前には必ず一礼して入りましょう。参道の中央は神様の通り道と考えられているため、進むときは端を歩きます。
手水舎では、手と口を清めます。手順はお寺のときと同じです。

拝殿から鳥居まで

拝殿に着いたらお賽銭を入れ、鈴(鐘)があれば鳴らします。
神社では、「二拝二拍手一拝」が基本の参拝方法です。まず、神様への敬意を込めて深いお辞儀を2回した後、胸の前で2回柏手を打ちます。このとき、右手を少し手前にずらすのがポイントです。これは、神様と人間はまだ一体ではないため、人を表す右手を引くことによって、1歩下がって神様を讃える気持ちを表現しています。

次にお願いごとをしますが、住所や名前を一緒に添えてお伝えすることも大切です。最後に、もう一度お礼の気持ちを込めてお辞儀をしてから、拝殿を離れましょう。

神道は古代から続く宗教ですが、二拝二拍手一拝は明治の頃から始まった作法です。それぞれの神社によって参拝方法が違う場合があります。

お寺や神社を参拝するときに気をつけたいこと

参拝するタイミングですが、特に神社では午前中に参拝するのが良いといわれています。その理由については、朝の方がすがすがしくお参りができるから、古くからある陰陽道の考え方からなど、諸説あります。
次に服装について、特別な用意は必要ありませんが、清潔感のあるものを選ぶのが良いでしょう。何かお願い事がある場合には、サンダル履きや短パンなどは避けるなど、相応しい服装を心掛けましょう。服装を改めることで、自分自身の中の意識も変わるかもしれません。

まとめ

お寺と神社の参拝方法をご紹介しました。動作ひとつひとつの意味を知ることで、正しい作法への理解が深まります。何より心を込めて参拝することが大切ですが、そのためにも、正しい参拝方法を身につけることをおすすめします。
また、お寺や神社での葬儀などについて相談したいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (1)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す