はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

民営と公営の斎場比較

斎場とは、葬儀を行う場所のことで、本来はご遺体を火葬する火葬場とは違う施設です。しかし最近では火葬場を併設する斎場も増えており、斎場と火葬場間を移動する手間が省けるようになってきました。火葬場や斎場は大きく分けて公営と民営の2種類があり、それぞれ使い勝手も異なります。自分にあった火葬場や斎場を選ぶ場合、どういったことに注目すればいいのでしょうか。

 

故人をお見送りする際に必ず必要となるのが、火葬場と斎場です。この2つの違いを簡単に言うと、火葬場は火葬を行う場所、斎場は通夜や告別式などを行う場所となります。

斎場は、葬儀場やセレモニーホールと呼ばれることもあり、広い意味では、お寺や教会も斎場に含まれます。また斎場については民営がたくさんあるのに対し、火葬場の方はそのほとんどが公営で占められているのが特徴です。

一昔前まで、斎場と火葬場は別々の場所に分かれていて、葬儀を終えた後は火葬場まで車で移動するのが一般的でした。しかし最近では両者が同じ敷地内にあり、徒歩で移動できるタイプが主流になりつつあります。葬儀の一式をすべて1ヵ所で行えるので、参列者にも負担がかかりません。このタイプでは、斎場と火葬場をまとめて「斎場」と呼ぶこともあります。

現在の火葬

日本の火葬場はほぼすべてが公営で、市町村ごとに1ヵ所〜数ヵ所あるのが一般的です。ただし東京23区に限っては、公営の火葬場が2ヵ所しかなく、民営の火葬場が7ヵ所と、民営の割合が高くなっています。その結果、都心部では費用が安く済む公営の火葬場の需要が高く、時には1週間先まで予約が取れないこともあるなど、火葬場の不足が深刻な問題となっています。

公営の火葬場は費用が安いのですが、故人や喪主がその地域に居住していることが条件になるのが一般的です。一方、民営の火葬場は公営よりも料金は高くなりますが、各種の希望に柔軟に対応してくれる可能性があります。

現在の斎場の場合

最近では住宅事情もあり、自宅でお通夜や葬儀を行う人は少なくなりました。ほとんどの人は公営の斎場や民営のセレモニーホールなどを利用しています。

斎場も火葬場と同様、公営と民営があります。公営は、主に自治体が所有・管理し、民営は葬儀会社や寺院などが運営し、ニーズに合わせたさまざまなサービスを提供します。

斎場も火葬場と同じく、公営の方が費用を安く抑えられますが、利用できるのはその地域に住んでいる人に限定されます。施設の建設や維持管理に税金が使われていますので、その恩恵を得るのも地元の人ということです。

また、例えば東京都の青山葬儀所などのように、公営の施設ですがその管理・運営は、指定管理者制度によって委託された民間の企業が行っているということもあります。

さらに、公営の斎場では、火葬場が併設されていることが多いのも特徴です。ただし公共の施設ですから、基本的には決められた型通りの葬儀となります。駅から遠いなど交通の便が悪い、施設が古びているといった施設もありますが、中にはかなり豪華な施設もあり、施設によって異なります。

現在の斎場の場合

公営と違い、民営の斎場では施設にそのまま斎場という名称はつけずに、「○○会館」や「○○ホール」など、一般的な名称に近いかたちで呼ぶことが多いようです。

葬儀会社が管理している斎場では、基本的にはその葬儀会社で行った葬儀のみが対象になるので、予約が取りやすいのが特長です。最近では顧客のニーズに合ったさまざまなプランも用意され、音楽葬や自由葬、ビデオの上映など、故人や遺族の希望に合わせたスタイルの葬儀が可能です。専任の担当がついて細かく打ち合わせをすることもできるので、葬儀についてこだわりがある場合は利用を検討してください。

民間の斎場の多くは、交通のアクセスが良く、駐車場が広いなど、利便性の高さをあります。さらに、施設の設備も、遺族や参列者に使いやすいよう造られています。設備で他社との差別化を図っているところもあるので、家族葬専門のホール、直葬ができる安置施設、ホテルのような遺族控室など、サービス面を重視して造られる傾向があります。その分、公営の斎場と比べるとどうしても割高になります。

ほかに、寺院が管理している斎場もあります。檀家であれば問題ありませんが、そうでない場合は宗教や宗派が限定されてしまう可能性もあります。

公営と民営用比較

公営斎場は住んでいる地域にもよりますが、概ね5万~10万円程度で利用できます。ただ、利用は先着順となってしまうため、タイミングが悪いと予約が取れないことがあります。

民営斎場では、葬儀会社が運営する斎場か、一般の貸斎場か、寺院かで、利用料に差があります。葬儀会社が運営している施設であれば10万円程度と、公営と比べても遜色のない金額で利用できます。

一般の貸斎場では、参列者の人数に合わせてホールの広さを選択できるなどの便利さがあり、そうした内容やオプションなどで幅は出ますが、20万~40万程度が相場です。

寺院の斎場は、これらの中間的な金額となり、概ね15万~30万円程度となります。ただし、その寺院の檀家でない場合は利用料が上がる場合もあります。

自分に合っ斎場選びを

公営や民営には、それぞれに良さがあります。例えば家族と近親者のみのシンプルな葬儀で費用を抑えたい場合は公営を、故人の好みに合ったこだわりの葬儀を行いたい場合は民営の斎場を選ぶなど、自分や故人に合った施設を選ぶようにしましょう。また、あらかじめ葬儀会社などと相談をして、元気なうちの具体的な情報を得ておくのも終活の一環としておすすめです。

<>

公営と民営の斎場費用の比較

下記から政令指定市の公営と民営の斎場費用の比較ができます、

まとめ

斎場や火葬場にはそれぞれ公営と民営があり、最近では一体化した施設も増えてきました。種類やサービス、プランなども多様化しており、多くのニーズに応えられるようになっています。とはいえ、斎場選びが難しい、どんな葬儀にしたらいいのか分からないと言った場合は、悩まずにお気軽にご相談ください。葬儀社のご紹介やお見積もりなども対応できます。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (6)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す