はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

葬儀をするにあたり知っておきたい防犯のこと

葬儀を行う際、自宅は数日間留守になることが多いです。大変残念なことですが、この留守中を狙って、空き巣の被害に遭うケースもあります。大切な人と家の財産を同時に失ったご家族のお姿は、見るに堪えません。
このような事態を防ぐために、留守の間どのような対策を講じておくとよいでしょうか。また、葬儀会場で気をつけるべきことはあるのでしょうか。葬儀中の防犯という視点から、大切なことをご案内していきたいと思います。

留守宅を狙う空き巣は、どのような手段で情報を得るのでしょうか。
ひとつには、新聞や地域情報誌に掲載される訃報があります。葬儀会社などが掲載することもあれば、役所が新聞社へ連絡する場合もあります。通夜・告別式の日時や場所、故人と喪主の名前や関係、住所などが掲載されるので、地図などで場所を調べればすぐに分かってしまいます。

また、地方では、都会に比べて人同士の繋がりが強いところが多いです。緊急の回覧板が回ってきたり、町内の掲示板で掲示されたりして、町内で亡くなられた方の訃報と葬儀の案内が知らされることがあります。こうした情報を基に、空き巣が留守宅を狙ってくるケースがあります。
以前は、家族が亡くなると玄関などに忌中札を貼って、合わせて葬儀の案内も載せていたことがありました。現在、忌中札をほとんど見かけなくなったのは、防犯上の問題が大きいためという説もあります。

自宅での防犯対策について

以前は葬儀を自宅で執り行うことが多かったのですが、現在では斎場や寺院で行うことがほとんどです。通夜から葬儀までの一夜を故人と最後に過ごすために、家族が斎場などに宿泊する場合もあります。この間、自宅は誰もいなくなり、数日間留守の状態が続きます。また、香典は葬儀場で預かることが多いですが、中には棺が自宅に置かれている時間帯に、自宅へ弔問客が訪れることもあります。

その場合、一時的に自宅に置かれる現金が増えるため、犯人はこのお金も狙ってくるのです。
自宅でできる防犯対策を、いくつかご紹介します。

戸締まりをきちんと行う

防犯の基本ですが、家族は心の余裕がない上に、来客の対応などで疲れがたまってきます。家族同士で声をかけあって、留守になるときは鍵のかけ忘れをしないようにしましょう。

忌中札を貼らない

留守であることを公言しないために、特に自宅に誰もいないときには札を貼らない方がよいでしょう。忌中札を貼る習慣が残っている地域でも同様です。

信頼のできる方にできれば留守番を頼む

通夜・葬儀は、親せきも参列するので、留守番(留守居係とも言います)を頼むのは近所の方や特に親しい友人などが好ましいです。留守中に弔問客が訪れた場合に、香典を預かってもらったり、葬儀会場を伝えてもらったりすることもできます。

テレビやラジオ・電気をつけたままにしておく

家の中から物音がすると、空き巣が入りにくくなります。人の気配を感じさせることが大切です。

自宅の周囲や庭に、防犯砂利を撒いておく

空き巣は物音がたつのを嫌がります。防犯砂利の上を歩くと、通常の砂利よりも大きな音がするので、侵入を防ぐことができます。

貴重品をきちんと管理する

自宅にある現金やキャッシュカード、高価な品物などの貴重品は、すぐに出せないような場所に保管しましょう。自宅に金庫を持っている場合は、必ずその中で保管するようにしましょう。

葬儀会場での防犯について

葬儀会場は人の出入りがとても多く、遺族が面識のない弔問客が訪れることもあり、犯人が分かりにくくなってしまいます。慌ただしい中でも犯罪を防ぐには、どのような手段が有効でしょうか。

家族・親せき間で声をかけあう

特に喪主となる方は、さまざまな打ち合わせや弔問客への対応などに追われます。その合間に、つい気が緩んでしまい、カバンを置いたままにしてしまうなどのことが考えられます。
ほんの小さなことでも、おかしいなと思ったら声をかけあいましょう。

参列者と思われる人から手伝いの申し出があっても辞退する

万が一、参列者と思われる人から、手伝いの申し出があったとしても、丁重にお断りしましょう。顔見知りでない人なら尚更です。犯人が、参列者を装って声をかけてくる手口もあるためです。きちんとした服装で現れるので、見ただけで犯人とは気づきません。

お香典の管理なども注意が必要です。

スタッフの顔を、できるだけ早く覚えておく

犯人が、スタッフを装って遺族に近づいてくることがあります。葬儀の終盤になって、香典を預かるという名目で声をかけ、そのまま持ち去る被害も出ています。これを防ぐために、葬儀会場で打ち合わせなどをする段階で、できる限り多くのスタッフと挨拶をしておくと安心です。

スタッフとの打ち合わせを綿密に行う

葬儀の流れ、受付や挨拶の担当、香典を預かる係など、事前に決めておけることはたくさんあります。その場になって慌てることを防ぐために、打ち合わせはできるだけ複数の家族とスタッフで行いましょう。

まとめ

葬儀中の防犯についてご紹介してきました。日常生活でも防犯を心がけなくてはいけませんが、葬儀という特殊な期間は特に慌ただしくなるため、普段実践していることでも目を落としがちです。安心して故人を送り出し、その後のご遺族の生活を守るため、防犯についても事前に考えておくと、もしもの時も慌てません。

ご葬儀についてはお客様のご事情に沿ってご案内いたしますので、お気軽に当社までご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す