永代供養・納骨堂とは?費用や内訳、メリット・デメリットを徹底解説!

永代供養という供養の方法をご存知ですか?

本来なら家庭で建てたお墓は、親から子供、そのまた子供へ、と受け継がれるものですが、近年では核家族化や少子高齢化が進み、途中で受け継ぐ人がいなくなってしまうということも少なくありません。そこで注目が高まっているのが永代供養なのです。

そんな永代供養とはどういうものなのか、費用やその内訳、メリット・デメリットなどを見ていきましょう。

Adsense(SYASOH_PJ-195)

永代供養とは

永代供養墓(寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法)

永代供養とは、お墓参りができる人がいない、またはお墓参りに行けない人に代わって、寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法です。

永代供養のお墓なら、お寺や霊園の管理者がお墓の掃除や供養を一挙に引き受けてくれるため、家族はお墓参りをする必要がなくなります。

ただ、永代といっても未来永劫というわけではなく、一般的に33回忌までを期限としているところが多いです。また、5年、10年といった短期間での契約ができるところもあります。

契約期間が過ぎた遺骨は、多くの場合は合祀(骨壺から遺骨を取り出し、他人の遺骨とまとめて埋葬する)され合祀墓で供養されることになります。契約期間や期限が過ぎた後のことは、それぞれの寺院や霊園で異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

永代供養の考え方は2000年頃から徐々に広がってきた、新しいお墓のスタイルです。「後継者のいらない、費用も少なく済むお墓」として注目されています。

また納骨料とは、永代供養をする施設で納骨をする歳にかかるお布施のことです。納骨の際には開眼供養が必要になるため、僧侶に読経をしてもらう必要があります。

永代供養の費用の相場

永代供養墓にかかる費用

永代供養の相場は、10万円~150万円程と大きく幅があります。永代供養は永代供養墓の種類、その供養の内容や、寺院または付帯施設の充実度などによって金額が変わってくるからです。

永代供養墓の種類には、単独墓(個人墓)、集合墓、合祀墓(共同墓)の3種類があります。少しわかりにくいですが、一般的に永代供養料は、遺骨を収蔵または埋蔵される面積と金額は比例する、というのは覚えておいて良いでしょう。

では、3つの永代供養墓がどう違うのかについて、またそれぞれの費用について見ていきましょう。

単独墓

永代供養墓の中の「単独墓」

従来お墓と同様に、個別の墓石を建てて納骨するタイプの永代供養墓。墓石の代わりに樹木を植える場合もあります。33回忌の契約期間が切れたら、大きな供養塔などに合祀されます。

契約期間が決まっているため、夫婦一代限りのお墓や、子供と二世代のお墓として検討する方が多いようです。家族だけで個別に納骨できるのが利点だと言えます。

単独墓にかかる費用は50万円~150万円程です。他の永代供養墓に比べ埋蔵にかかる面積が大きくなり、永代供養料も高くなります。また、墓石の購入費用費用に50~150万円ほどかかります。

その他にも、単独墓の場合は年間管理料がかかるケースも。契約内容をよく確認しておきましょう。

単独墓にかかる実際の費用の例

項目料金
永代供養料40万円
墓石料50万円
納骨料5万円
刻字料3万円

集合墓

集合墓とは、礼拝のシンボル(墓石、樹木など)は1つのものを共有し、地下の納骨スペースは個々に別れている永代供養墓です。

単独墓より安く納骨でき、なるべく費用はおさえたいが、最初から合祀墓には抵抗がある人に向いている永代供養のスタイルと言えます。

集合墓にかかる費用の相場は、20万円~60万円くらいです。

集合墓にかかる実際の費用の例

項目 料金
永代供養料 20万円
納骨料 5万円
刻字料 3万円

合祀墓(共同墓)

合祀墓とは、遺骨を他の人と分けることなく、すべて一緒の場所に埋葬するお墓です。

合祀墓にかかる費用はは1人当たり5万円~30万円ほどで、永代供養のお墓の中では最も費用が安くメリットと言えるでしょう。個別に納骨するスペースが不要であること、また他の遺骨と一緒に埋葬されるため、管理する側としても手間がかからないため、費用が安くなっています。

しかし合祀墓にもデメリットがあります。故人を他の人と一緒に眠らせてしまうこと、一度合祀してしまうと遺骨を取り出せず、他の場所に移すこともできないことが挙げられます。

また、単独墓と集合墓は契約期間が終わったタイミングで、合祀墓として他の遺骨と一緒に埋葬されます。

合祀墓にかかる実際の費用の例

項目 料金
永代供養料 10万円
納骨料 5万円
刻字料 3万円

納骨堂との違い

永代供養と同様に、最近人気が出ているのが納骨堂です。納骨堂とは、故人の遺骨を納めるための収蔵スペースが備わった施設・建物のことです。いわゆるお墓のように墓石があるわけではなく、遺骨を収蔵するのが目的です。

さまざまな寺院や霊園により運営されており、自治体などの公営・民営、寺院によって運営されている納骨堂など多種多様にあります。

納骨堂は3年、13年、33年など利用期間が決まっており、その後は、永代供養墓など他人と共同のお墓へ遺骨をまとめて合葬する流れが一般的です。

納骨堂はお墓を持たない人、またはお墓が遠くて頻繁にお墓参りに行けない人などが利用します。お墓の掃除や管理をする必要もないのがメリットと言えるでしょう。

永代供養を選ぶときの注意点は?

永代供養を選ぶ時のポイントは、料金、場所、供養方法や納骨のされ方、合祀までの期間、寺院・霊園の信頼度などです。

供養方法や納骨のされ方はその寺院や霊園ごとに異なりますので、しっかり調べることが大切です。

供養方法は寺院の宗派で決まりますので、年に何回するのか、どのような供養なのか、期間はどれぐらいかなどのポイントを見ながら比較しましょう。すぐに合祀するのか、数年間個別に安置したあと合祀するのかなども重要なポイントです。

永代供養料の支払い方

永代供養料のお寺・お坊さんへの費用の支払い方

永代供養の支払い方法は、まずそこのお寺や霊園のやり方に合わせましょう。契約時に住職から説明がありますが、わからないことはすぐに相談しましょう。

一般的に永代供養の支払いは方法は当日の手渡しが多いようです。場所によっては銀行振込や、すぐに支払えない場合はメモリアルローンが利用できるか確認します。しかし、当日現金で支払う場合は、お布施と似たかたちで手渡します。

永代供養料の支払い方は、お布施と同じ考え方になります。

準備するもの

  • 白地の封筒(郵便番号、水引のないもの)
  • 現金(永代供養料)
  • 濃墨の筆か筆ペン
  • 渡す際に使う、切手盆か風呂敷

封筒の書き方

表書きは「永代供養料」その下に自分のフルネームか、◯◯家と記入します。

裏書きには金額と住所を記入します。封筒の文字はすべて縦書きで、漢数字は旧字体を使用します。

永代供養のメリット・デメリット

だいたいの費用は把握できたものの、本当に永代供養にして良いか迷う方も多いはず。故人、家族が最も良い選択ができるよう、あらためてメリット・デメリットを紹介します。

メリット

永代供養の最大のメリットは、お墓の維持、管理の手間がかからないこと。一般的なお墓の場合、親族がお墓参りをして手入れをしなければお墓が荒れてしまいますが、永代供養ではお寺の住職や管理者が手入れを行ってくれます。

また2つ目のメリットとして、一般的なお墓に比べて費用が安くなるのが挙げられます。単独墓で高額な墓石だと費用はかかりますが、集合墓、合祀墓だと初期費用、維持費用のどちらにおいても普通のお墓よりも安くおさえられます。

デメリット

永代供養のデメリットは、一度合祀すると遺骨を取り出せないことです。単独墓、集合墓も一定期間が過ぎると合祀し、そうなると遺骨は取り出せなくなり、他の場所に移すのも不可能です。

合祀されるタイミングになった時は、親族間のトラブルを防ぐためにも「本当に合祀して良いか」をしっかりと考えましょう。

さらに、お墓が継承できないことがデメリットと言えるでしょう。

なぜなら永代供養のお墓に納骨できる人数はだいたい決まっているからです。単独墓の場合、親子2世代のお墓のだと4人~6人までが一般的です。

そのため、遺骨を同じ場所に埋葬したくても、人数オーバーになる可能性も。その場合、別の区画を探す必要があり、同じ一族でも遺骨が別の場所になってしまいます。

永代供養に宗派は関係ある?

永代供養に宗派は関係ある?

永代供養は、基本的に宗派は関係ありません。基本的に宗旨・宗派を問わず誰でも利用できるので、特定の宗派があっても安心して任せることができます。

しかし、お寺や霊園によっては、納骨できる宗派が決まっている場合があります。その場合、檀家さんのみ可能、などといった条件を設けているところもあります。

いずれにしても、法要や供養はその永代供養墓を管理している寺院の宗派によるものです。そのため、永代供養墓を選ぶ際には、その寺院の宗派や供養のしかたを確認しておきましょう。

浄土真宗の永代供養について

浄土真宗の供養の考え方は、浄土宗や曹洞宗などの他の宗派とは異なるため、寺院から「永代供養は必要ない」と言われた人もいるかもしれません。

理由としては浄土真宗は「人は生きているうちから既にに救われており、亡くなればすぐに成仏できる」という教えのもと、残された人による追善供養の必要がないからです。そのため、お経をあげたり故人のために祈るということは必要ないのです。

とはいえ、浄土真宗には永代供養と似た言葉で「永代経」があります。これは故人のためではなく仏の教えを代々に伝えるために行われます。

浄土真宗で後継者のいらないお墓を選択するには

では、浄土真宗では、後継者のや管理の必要なく納骨できるところはないのか、と聞かれるとそうではありません。以下の3つの方法が挙げられます。

  • 本山納骨
  • 浄土真宗であっても永代供養墓を用意しているお寺はある
  • 宗派にこだわらず永代供養を受け入れてくれるお寺を利用する

本山納骨とは故人の遺骨を信仰している宗派の本山に納める納骨方法です。すべての遺骨を本山納骨すると、お墓を個々に設ける必要はなくなります。

本山納骨も合祀墓と同じく、一度遺骨を納骨すると取り出せなくなるので、親族間でよく検討することが大切です。

墓じまいとは

永代供養にあたって、もともとあったお墓をなくすことを墓じまいと言います。

現在のお墓の墓石を撤去し、更地にして墓地の管理者に敷地を返すことです。改葬は、自分たちでお墓を管理しやすいよう遺骨を新たなお墓に移すのに対し、墓じまいは遺骨は散骨や永代供養など行うため、お墓はなくなります。

多くの場合は改葬の行程に墓じまいが含まれています。墓じまいのみ行うことは少ないようです。

永代供養にお布施は必要?

上記の納骨料は、納骨の際に渡すお布施です。そのため、永代供養にお布施は必要と言えるでしょう。永代供養でも納骨する際は、通常の納骨と変わらず僧侶に読経をしてもらいます。読経が終わったら僧侶にお布施をお渡しします。相場は3~5万円です。

また、永代供養を行った後でも、年季法要を依頼する場合はその都度お布施を渡す必要があります。

いい葬儀/はじめてのお葬式ガイド

葬儀・お葬式を地域から探す