はじめてのお葬式ガイド
葬儀のことなら「いい葬儀」

終活や、参列のマナー、もしもの時におさえておきたいお葬式の知識など、はじめての方にもやさしく解説します。

分骨のタイミングや手続きについて

分骨とは、故人の遺骨を2ヵ所以上に分けて埋葬、供養することをいいます。複数のお墓で遺骨の管理ができるというメリットがあり、手元供養する際にも利用される方法です。「実家が遠くてお墓参りが大変だからお墓をもう一つ建てて供養したい」「兄弟それぞれの家庭でお骨を分けて供養したい」などの事情で分骨を検討する方もいます。

ここでは分骨を検討されている方に向けて、分骨のタイミングや手続き、注意点などについて解説します。

分骨はどのようなタイミングでも行えますが、納骨前に分骨する場合と納骨後にする場合とでは手続きが違ってきます。それぞれの手続きは以下のようになっています。

納骨前に分骨する場合(火葬場で手続き)

遺骨を複数に分けて納骨する場合、分骨証明書が必要です。火葬の際に、すでに分骨することを希望している場合には、火葬場で分骨証明書の発行を依頼する必要があります。

納骨の際に必要になるので、職員の方に必要な枚数を伝えておきましょう。火葬が終わるまでに伝えた枚数だけ証明書を用意してくれます。

その後、霊園やお寺などに供養を依頼する際は受け取った証明書を提示して、火葬がきちんと行われたことを伝えます。また、ご自身の手元に保管して手元供養を行う場合は、特に手続きは必要ありません。

なお、分骨を希望する際は、その分の骨壺を自分達で用意、持参する必要がある場合もあります。事前に葬儀社の担当者に相談してみましょう。

納骨後に分骨する場合(墓地の管理者へ手続き依頼)

墓地に遺骨を埋葬した後に分骨をする場合は、お墓を開けてお骨を出す必要があります。

まずは、お寺や墓地の管理者に分骨をすることを伝えて、分骨証明書を発行してもらいます。埋葬している寺院や霊園などによっては新たに納骨・供養する先の証明書の提出を求められる場合があります。手元供養の場合は、証明書を提出する必要はありません。

遺骨をお墓から取り出す際には、石材店に依頼をします。また、長い間納骨されていた遺骨は、例えば骨壺の中に水分がたまっていたり、汚れている場合もあります。遺骨の洗浄や手元供養にする場合にはパウダー化などが必要なこともあります。

さらに、分骨とあわせてお墓の改葬、墓じまいなどを行う場合には、閉眼供養を執り行う必要もあります。菩提寺や、墓地・霊園の管理運営者に確認し、僧侶への依頼もしておきましょう。

分骨後の供養方法の例

ご家庭によって分骨する理由はさまざまです。

例えば、遠方に引っ越しする際に新しい住所の近くのお墓にも分骨したいという場合、また仏壇などに遺骨を置いて家庭の中で手元供養をする方法があります。手元供養にはそのほかにも、遺骨をペンダントに入れて身に着けるといった方法もあり、故人と一緒にいたいという方にはおすすめです。

ほかにも本山納骨という方法があります。故人の信仰していた宗派の本寺へ合祀という形で納骨をする方法です。

分骨を行う際の注意点

分骨する際には、事前に遺骨所有者や親族との話し合いを十分に行ってください。特に遺骨の取り扱いに関しては、親族の中でも遺骨の所有権限を持っている方に許諾を得る必要があります。

 

所有者の許可を取ることができたのであれば、他の親族への配慮も考えましょう。

分骨に対する考え方は地域の慣習や宗教的価値観によって変わるため、許可を取らずに分骨を行うことは避けた方がよいでしょう。

無断で分骨を行った場合は、親族間で揉め事に発展する可能性もあります。自分のことで親族が揉めてしまう状況は故人も望んでいないでしょう。そのようなことがないように、分骨をする際は必ず親族にも確認を取りましょう。

 

また、各宗派の本寺で供養を考えている方は本山での埋葬方法を調べておくとよいでしょう。

本山納骨では預かった遺骨を合祀して供養するのが一般的です。そのため一度納めてしまうと再び取り出すことはできません。お墓と本山納骨に分ける場合は大きな問題に発展しませんが、ペンダントなどに入れる手元供養と本山納骨に分ける場合は注意が必要です。万が一、ペンダントを失くしてしまった場合、故人の遺骨が本山に納めたもののみになってしまいます。そうなると、個別に供養することができなくなってしまいますので注意が必要です。

まとめ

分骨のタイミングと手続き、注意点などについて紹介しました。分骨は納骨後に検討されることが多いです。分骨の手続き自体はそんなに難しくはありませんが、遺骨所有者や親族への配慮がとても大切です。分骨をする際は、親族間の揉め事に発展しないように気をつけましょう。

分骨を検討されている方や本山納骨を考えている方、葬儀のことでお困りごとがある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

これからの人生を前向きに過ごすために 終活は早い時期から時期から進めましょう! いい葬儀会員なら入会費・年会費無料 葬儀社よりオリジナル特典+Amazonギフト券最大30,000円分 今すぐ0円で会員登録

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう。

5/5 (2)

葬儀の知識

よく利用される地域の葬儀場・斎場・火葬場

葬儀・お葬式を地域から探す