供花の出し方

遺族や友人など、故人と親しかった方、生前お世話になった方が通夜や葬儀・告別式にお供えする花を供花といいます。故人の霊や遺族の心を慰めるだけでなく、葬儀式場を飾るという役割もあります。
また、遠方に住んでいたり、お葬式の当日に参列できないといった場合など、供花を送ることで弔意を表すこともあります。
地域の風習などもありますので、葬儀を施行する葬儀社に依頼するのが一般的ですが、最近ではインターネットで供花の手配をするケースも増えています。

全国・即日配送も可能。 葬儀・法事の供花は「供花・胡蝶蘭net」

供花の注意点

供花 それぞれの地域や、宗旨・宗派などによっても、供花にふさわしい花は異なります。
例えば、仏式の葬儀では胡蝶蘭やユリ、菊、カーネーションのほか、故人の好きだった花などを送ります。神式の葬儀も仏式と同じですが、色は白や黄色が良いとされています。しかし、キリスト教の葬儀になると、白い花に限られるという場合もあります。
また、葬儀式場によっては祭壇や会場の統一感を図るため、花などを指定することもあります。

このほか、立場や故人との関係によって送る供花の数なども変わってきます。
ふさわしい花や送り方がわからない場合は、葬儀を担当する葬儀社、または式場に問い合わせましょう。喪家や遺族は、葬儀の前の何かと慌ただしい時です。直接連絡して尋ねるのは控えた方がよいでしょう。

供花を依頼するには?

葬儀社が運営する式場などでは指定された生花店からの供花しか受け付けないこともあります。そのため、せっかく送った供花が飾られないということが起こることもあります。
供花を送る際には、まず施行を担当する葬儀社や式場に問い合わせ直接依頼をするか、もしくはインターネットなど供花の配達を専門に行っているところに依頼しましょう。喪家の名前と式場、葬儀の日程等を伝え、ふさわしい花を注文します。

供花 また、通夜に間に合わなくなることもありますので、供花の依頼はなるべく早めにしましょう。遅くとも通夜の始まる3時間から4時間前までにすませましょう。
なお、訃報を直接知らされなかった場合でも、日程や会場がわかれば供花を送ることは可能です。

遺族の心に残る送り方は?

供花の手配が間に合わない場合は、忌明けまで喪家の自宅に飾られる後飾り壇にお供えする花を送ります。葬儀後、初七日から四十九日の間に送るのが一般的です。
「供花と比べ、より自由に花を選べる」「葬儀後遺族が一息ついて悲しさが増す時期に少しでも慰めの力になりたい」などの理由で、あえてご自宅に送る方もいます。

押さえておきたい「葬儀の基礎知識」