日蓮宗の葬儀・お葬式

日蓮宗の葬儀は、一心に法華経を信じ、南無妙法蓮華経の題目を唱えれば、必ず、霊山浄土(りょうぜんじょうど)に赴くことができるという日蓮聖人の教えをよりどころとしています。法華経を過去、現在、未来の三世にわたって尊び、しっかりと守ることをすすめ、霊山浄土への道案内をするための儀式をします。
また、葬儀は最後の門法修行の機会ということから、本尊が大切になります。

日蓮宗の葬儀ができる葬儀社、斎場・葬儀場をご案内いたします

24時間365日受付 通話無料

お電話0120-393-100

メールで無料一括見積り

「日蓮宗葬儀の式次第」例

入場 導師、式衆が入場します。
総礼(そうらい) 僧侶が合掌して題目を三唱します。
道場偈(どうじょうげ) 仏様を招き入れるための儀式です。
三宝礼(さんぽうらい) 仏・法・僧の三宝に帰依します。
勧請(かんじょう) 久遠実成の釈尊、菩薩、諸仏諸尊、日蓮聖人などを招き入れる儀式です。
開経偈(かいきょうげ) 法華経の功徳をたたえ、護持する事を誓い、教義の真義を会得することを願います。
読経 法華経の中の方便品など重要な経文を読経します。
開棺(かいかん) 僧侶が本尊に一礼し、焼香した後 柩を軽く叩きます。
引導(いんどう) 払子(はっす)を3回振り、焼香後、引導文を読み上げます。引導文は、霊山浄土へ赴く故人へ法華経の大切さを説き、故人の徳を讃えます。
読経 法華経の中の自我偈など重要な経文を読経します。
唱題(しょうだい) 一心に「南無妙法蓮華経」を唱えます。
宝塔偈(ほうとうげ) 法華経を受戒した功徳を讃嘆します。
回向(えこう)  
四誓(しせい) 衆生を救うための誓いの言葉を唱えます。
三帰(さんき) 仏・法・僧の三宝に帰依し仏道に精進する事を誓います。
奉送(ぶそう) 仏様をお送りします。
退場 導師、式衆が退場します。

日蓮宗の戒名は「【法号」

仏弟子としての名、戒名を法号と呼ぶのも日蓮宗の特徴です。これは日蓮聖人の「法華経に帰依することが持戒にまさる」という教えによります。そのため、葬儀でも授戒という作法はありません。信仰に入った証として法号が授けられます。

日蓮宗の焼香

日蓮宗の焼香は、基本的に1回です。額に押しいただき焼香をします。

※葬儀の式次第、作法は地域や寺院によっても異なります。詳しくは寺院、または葬儀社に確認しましょう。

「いい葬儀」で対応可能な主要宗派

上記以外の各宗派にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

葬儀のご相談・お見積もり・ご依頼は「いい葬儀」にお任せください。
葬儀をお急ぎの方専用電話
急ぎの方はこちら 無料見積もりはこちら
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。
「いい葬儀」はお客様が後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

葬儀社選びをサポートする「いい葬儀」が提供するサービスです

ご遺体搬送のみでも対応いたします宗教者をご紹介

※こちらは「いい葬儀」のサービスです。葬儀社個別の提供ではありません。